ガチョウと黄金の卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガチョウと黄金の卵

ガチョウと黄金の卵」(ガチョウとおうごんのたまご、英:The goose and the golden egg)は、イソップ寓話のひとつ。

あらすじ[編集]

ある日農夫は飼っているガチョウ黄金を産んでいるのを見つけて驚く。それからもガチョウは1日に1個ずつ黄金の卵を産み、卵を売った農夫は金持ちになった。しかし農夫は1日1個しか卵を産まないガチョウに物足りなさを感じ、きっとガチョウの腹の中には金塊が詰まっているに違いないと考えるようになる。そして欲を出した農夫はガチョウの腹を切り裂いた。ところが腹の中に金塊などなく、その上ガチョウまで死なせてしまった。

教訓[編集]

欲張り過ぎて一度に大きな効果を得ようとすると、その効果を生み出す資源を失ってしまうことがある。効果を生み出す資源をも考慮に入れる事により、長期的に大きな効果を得ることができる。

関連作品[編集]

「アシモフのミステリ世界」(著:アイザック・アシモフ、1968、Asimov's Mysteries、ハヤカワ文庫SF、ISBN 4-15-010792-0 )に傑作短編『金の卵を産むがちょう』(Pâté de Foie Gras)が収載されている。

関連項目[編集]