ろばを売りに行く親子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ろばを売りに行く親子」(ろばをうりにいくおやこ)は、寓話の一つ。ペリー・インデックスは721番。

他に「ロバの親子」「ろばうりおやこ」「The Miller, His Son and Their Ass」「The Miller, His Son and The Donkey」など様々な邦題・英題がある。

出典[編集]

一般的にはイソップ寓話であると言われるが、もとはポッジョの『笑話集』に収録されていたものであり、正確にはイソップ寓話とはいえない[注釈 1]

ラ・フォンテーヌの寓話詩では第3巻の第1話「粉ひきとその息子とロバ」 (fr:Le Meunier, son fils et l'Âneとして収録されている。

この話はスペイン語で書かれた1488年以降の『イソップ寓話集』に収録されている[2]。日本では『伊曽保物語』下巻に「人の心の定まらぬ事」として載せているが、結末部分では「皮を剥いで軽くして持って行けばいい」という意見に従うが、ハエがたかって困り果て、結局捨てて帰っている[3]。明治時代の渡部温訳『通俗伊蘇普物語』では133話に「老爺と息子と驢馬の話」として載せる[4]。第一期国定教科書高等小学読本に「老人と驢馬との話」の題で載せられている[5][6]

あらすじ[編集]

ロバを飼っていた父親と息子が、そのロバを売りに行くため、市場へ出かけた。2人でロバを引いて歩いていると、それを見た人が言う、「せっかくロバを連れているのに、乗りもせずに歩いているなんてもったいないことだ」。なるほどと思い、父親は息子をロバに乗せる。

しばらく行くと別の人がこれを見て、「元気な若者が楽をして親を歩かせるなんて、ひどいじゃないか」と言うので、なるほどと、今度は父親がロバにまたがり、息子が引いて歩いた。また別の者が見て、「自分だけ楽をして子供を歩かせるとは、悪い親だ。いっしょにロバに乗ればいいだろう」と言った。それはそうだと、2人でロバに乗って行く。

するとまた、「2人も乗るなんて、重くてロバがかわいそうだ。もっと楽にしてやればどうか」と言う者がいる。それではと、父親と息子は、こうすれば楽になるだろうと、ちょうど狩りの獲物を運ぶように、1本の棒にロバの両足をくくりつけて吊り上げ、2人で担いで歩く。

しかし、不自然な姿勢を嫌がったロバが暴れだした。不運にもそこは橋の上であった。暴れたロバは川に落ちて流されて死んでしまった[7]

使用[編集]

日本の小学校中学年(3年、4年)向けの道徳教材として使用されている[8][9]。指導の方向性としては、教育基本法第二条第2号に則り、「周囲の意見に流されない、自主や自律の大切さ」「節度や節制」を学ばせるための教材として利用される[8][10]

川端康成が和訳したトッパンの絵物語シリーズ「イソップ2」(1953年)では「ろばを売りにいく親子」の邦題がつけられた[11]

2020年6月11日に開かれたトヨタ自動車株主総会で、社長の豊田章男が質疑応答の場面でこの話[注釈 2]を引用し、ロバを引く親子(夫婦)に意見する人をマスメディアになぞらえ、「要は『言論の自由』という名のもとに、何をやっても(取材対象が)批判されるということだと思います。最近のメディアを見ておりますと『何がニュースかは自分たちが決める』という傲慢さを感じずにはいられません」とマスメディアの報道姿勢を批判。ゼンショーホールディングス代表取締役会長兼社長の小川賢太郎が「豊田さんの気持ちは理解できる」とこの意見に賛同した。 元共同通信社の記者であり、現名古屋外国語大学教授である小野展克は、新聞など旧来のメディアへの信頼低下を述べた上で「企業はそういう状況を見て、『マスコミよりも自分達が直に出す情報のほうが消費者に支持される』と踏んでいる。かつては決して表に出すことはなかったオールドメディアへの不満を露にすることをためらわなくなってきた」と分析した[12]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ イソップ寓話は、ヨーロッパで翻訳や版を重ねるうちにその他の話が付け加えられたものができ、そうしたものの一つであるスペイン版が日本に伝わったが、その中にポッジョ『笑話集』収録の「ろばを売りに行く親子」が含まれていた[1]
  2. ^ 正確には「ロバの話」として親子ではなく夫婦の話とされ、さらに終盤のロバを担ぐ話以降が省略されている。

出典[編集]

  1. ^ イソップの「ロバ売りの親子」が見たい。イソップだと記憶しているが見当たらない。英語劇の参考にしたいの... | レファレンス協同データベース 2019年12月23日閲覧。
  2. ^ 伊藤博明「スペイン語版「イソップ寓話集」と国字本『伊曽保物語』」『埼玉大学紀要 教養学部』第53巻第2号、2018年、1-13頁、doi:10.24561/00018078 
  3. ^ 小堀 2001, pp. 228–231.
  4. ^ トマス・ゼームス 著、渡部温 訳「第百三十三 老爺(おやぢ)と息子と驢馬の話」『通俗伊蘇普物語』 3巻、1875年https://dl.ndl.go.jp/pid/895206/1/40 
  5. ^ 小堀 2001, p. 279.
  6. ^ 高等小学読本(国定読本第1期)』1906年https://dglb01.ninjal.ac.jp/ninjaldl/show.php?title=kokukou1&issue=004 (日本語史研究資料 [国立国語研究所蔵])
  7. ^ 近藤大介 (2015年12月28日). “ネットにあふれる怨嗟の声 中国と習近平の「悪循環」が止まらない”. 現代ビジネス. 2018年2月15日閲覧。
  8. ^ a b 平成29年度 第3学年 道徳 年間指導計画” (PDF). 島田市立六合東小学校. 2018年2月15日閲覧。
  9. ^ 植木洋. “超有名資料の板書モデルと新展開【小学校中学年】ロバを売りに行く親子/まどガラスと魚”. 道徳教育 (明治図書出版) (2015年7月号). https://www.meijitosho.co.jp/edudb/detail.asp?code=07685_018 2018年2月15日閲覧。. 
  10. ^ 『小学どうとく3 はばたこう明日へ』編集趣意書” (PDF). 教育出版. p. 3. 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ イソップ 2国会図書館サーチ
  12. ^ マスコミはもういらない…トヨタ社長の「ロバの話」を考える”. 現代ビジネス (2020年9月7日). 2020年9月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小堀桂一郎『イソップ寓話―その伝承と変容』講談社現代新書、2001年(原著1978年)。ISBN 4061594958 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキソースのロゴ 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:The Miller, His Son, and Their Ass