ポッジョ・ブラッチョリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Poggio Bracciolini

ポッジョ・ブラッチョリーニ(Gian Francesco Poggio Bracciolini、1380年2月11日 - 1459年10月30日)は、ルネサンスイタリア人文主義者ルクレティウスをはじめ、古代のラテン語文献を見出したことで知られる。

出生と教育[編集]

Historia Florentina, 1478

ポッジョ・ブラッチョリーニはトスカーナ地方アレッツォ近郊のテッラヌオーヴァ村(1862年以来、彼の名を称えてテッラヌオーヴァ・ブラッチョリーニ Terranuova Braccioliniと改名)で生まれた。早くから才能をあらわし、研究を進めるため、父とフィレンツェフィレンツェ共和国)に行った。彼はラヴェンナのGiovanni Malpaghino(ペトラルカの友人、弟子)のもとでラテン語を学んだ。写本の筆耕に抜群の能力と器用さを示し、フィレンツェの主要な学者たちから注目され、コルッチョ・サルターティニッコロ・ニッコリと交遊した。公証人法を学び、21歳でフィレンツェの公証人ギルド(Arte dei giudici e notai)に加わった。

経歴[編集]

1403年10月、サルターティとレオナルド・ブルーニ(「レオナルド・アレティーノ」)からの強い推薦で、彼は秘書として枢機卿、バーリ司教のLandolfo Maramaldoに仕え、数ヵ月後にボニファティウス9世のローマ教皇庁尚書院 (enに招かれた。当時は教会大分裂の時期であった。

1404年以降、ポッジョはボニファティウス9世、インノケンティウス7世グレゴリウス12世ピサ選出教皇のヨハネス23世マルティヌス5世エウゲニウス4世ニコラウス5世に仕えた。この間、教会大分裂を終息させたコンスタンツ公会議に随行した。

文献の探索[編集]

ポッジョは各地の修道院を訪ね、古代のラテン語文献を探索した。その中でも1417年にドイツ神聖ローマ帝国)でルクレティウスの『物の本質について』を見出したことが知られている。ポッジョはフィレンツェに人脈を持っており、これらの古典は写本で伝えられ、ルネサンス期の思想に大きな影響を与えた。

参考文献[編集]