犬と肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬と肉

犬と肉」(いぬとにく)もしくは「犬と骨」(いぬとほね)は、イソップ寓話の一つ。「よくばり犬」、「よくばりの犬」とも言い、日本に於いてはこの題の方が定着している。

あらすじ[ソースを編集]

あるが、肉(ソースにより骨だったりチーズだったりする場合がある)をくわえたまま橋を渡っていた。ふと下を見ると、見知らぬ犬が肉をくわえてこちらを見ている。犬はその肉が欲しくなり、脅すために吠えた。すると、くわえていた肉が川に落ちて流されてしまった。もう一匹の犬は、水面に写った自分自身の姿だったのである。

教訓[ソースを編集]

欲張ると、元も子も無くす。

関連項目[ソースを編集]