渡部温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡部 温
Mr. On Watanabe in his later life.jpg
誕生 (1837-07-22) 1837年7月22日天保8年6月20日
別名 一郎
死没 (1898-08-07) 1898年8月7日(61歳没)
墓地 谷中霊園東京都台東区
職業 英学者教育者実業家
国籍 日本の旗 日本
代表作 『通俗 伊蘇普物語』(1873年)
『標註 訂正康煕字典』(1887年)
子供 (長男)、康三(次男)
テンプレートを表示
日本の旗 日本の政治家
渡部 温

選挙区 牛込区
在任期間 1882年11月 - 1896年11月

選挙区 牛込区
在任期間 1889年6月 - 1892年6月

在任期間 1889年 - 1892年
1895年 - 1896年

牛込区会議員[4]
在任期間 1889年11月 - 1896年11月28日
テンプレートを表示

渡部 温(わたなべ おん、天保8年6月20日1837年7月22日) - 明治31年(1898年8月7日)は江戸時代末期から明治時代にかけての日本英学者教育者実業家。旧名一郎。姓は渡辺とも表記される[5]

経歴・人物[編集]

幕臣で漢学者の渡部重三郎の子として生まれ、長崎その他で洋学を学んだ。幕府の洋書調所(後に開成所)で英語を教え、大政奉還の後は幕臣を中心として開かれ、西周を頭取(校長)とする沼津兵学校の教授となった(この頃までは旧名「一郎」を用い、維新後に「温」を名乗る)。

廃藩置県後に東京に戻り、新政府に出仕、大蔵省などを経て東京外国語学校校長などを務めた後、漢学の世界に戻って「康煕字典」の校訂をほとんど独力で成し遂げた。

その後、実業界に転じ、渋沢栄一等と共に東京製綱株式会社の設立に参画、同社の初代社長となる。また東京瓦斯(都市ガス普及以前の時代であるが、ガス灯の需要が大きかった)や横浜船渠の開業にも関係している。

生涯に一度も欧米の土を踏んだことがないにもかかわらず、その語学力は群を抜いており、多くの分野での翻訳実績を作った。地学、軍事、経済(アダム・スミスに最初に言及した一人と言われる)などの多方面に及んでいるが、もっとも知られているのが、イソップ物語を翻訳した「通俗伊蘇普物語」であり、これがベストセラーとなり、修身の教育にも採り上げられたために、「イソップで蔵が建った」と噂されるほどの財を築いた。

多彩な姻戚関係と沼津兵学校の人脈[編集]

  • 明治初年の実質4年足らずの短期間であったが、渡部温は沼津兵学校の教授として幕臣人脈の中心にいた。この時、彼は妻の貞(旧姓・成澤)の一家を沼津に呼び寄せ、自邸に住まわせて、自らの長男、朔と併せて学問の手ほどきをした。沼津に帯同したのは、貞の父、成澤良作(知恒、元幕府の工兵指図役)、良作の長男(貞の弟)の成澤知行(甚平)(成沢知行)、その弟の鋠(しん)(後の山口鋠)であった。
  • 年長の知行(甚平、1848-1929 維新時20歳)は慶應年間に柳河春三の「中外新聞」のスタッフの一人として活動した後、沼津兵学校に学び、後に陸軍中佐となった。
  • 児童であった渡部朔は兵学校の付属小学校に学び、まず農芸化学者としてドイツ留学、お雇い外国人マックス・フェスカの「肥培論」を翻訳の傍ら欧州の農協・信用組合の金融機能(ライファイゼン型)に注目し、政府への提言なども行なうが、後に父を継いで東京瓦斯の役員となり、資産家として名高い。
  • 最年少の鋠は沼津時代は学齢以前だったが、後に東京外国語学校(フランス語)から陸軍士官学校陸軍戸山学校に学び、陸軍少佐。養子に出たため姓が「山口」となる。1902年の「八甲田雪中行軍遭難事件」の大隊長として責任を問われた「山口少佐」とは、この山口鋠のことである。
  • 渡部・成澤両家が東京に戻った後に生れた温の次男、渡部康三は、東京音楽学校に学び、1901年3月の、瀧廉太郎留学の送別演奏会で、当日唯一人の管楽器奏者としてコルネットを演奏した。また1903年にケーベル博士らの指導で行なわれた日本人最初のオペラ公演、グルック作曲「オルフェウス」の実現を、主に裏方から支えた。この上演の費用は、実際にはほとんど渡部朔(温の没後、康三にとっては父親代りの存在)が出している。さらに台本の翻訳スタッフだった乙骨三郎は、渡部温の沼津での同僚、乙骨太郎乙の息子であり、二代にわたっての幕臣人脈のつながりが見られる。しかし康三は音楽家としては大成せず、後に造船業に転じている。なお卒業演奏でヴィクトル・ネスラーのオペラ「ゼッキンゲンの喇叭手」からの一部を採り上げているが、その全幕上演は2006年の瀧井敬子企画による山形県長井市まで実現されなかった。(→cf.瀧井敬子漱石が聴いたベートーヴェン中公新書1735)
  • なお、渡部温の妻・貞の妹を通じての義兄弟に羽賀可伝前島密の助手として国際郵便制度に貢献するも夭折)、娘婿には高松豊吉(化学)、野坂嘗治(経済学・貿易論)などがいる。

著作[編集]

訳書
編書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東京府史 府会篇 第一巻』 東京府、1929年7月、184頁
  2. ^ 東京市会事務局編輯 『東京市会史 第一巻』 東京市会事務局、1932年8月、131-133頁343-344頁
  3. ^ 『牛込区史』 東京市牛込区役所、1930年3月、214頁
  4. ^ 前掲東京市牛込区役所、214-217頁
  5. ^ 戸籍および谷中霊園の墓碑銘は「渡部」だが、沼津時代のいくつかの記録、また次男康三の東京音楽学校関連の資料のかなりの部分が「渡部」ではなく「渡邊」と表記されている。この「渡邊」表記を踏襲している研究文献も見られるが(例えば山川出版社刊『日本史小辞典』の中外新聞の項には、執筆者の一人として「渡辺一郎」と表記されている)、実際に通称として通っていたものかどうかは不明である。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
肥田昭作
日本の旗 東京外国語学校
1875年 - 1877年
次代:
内村良蔵
先代:
広運学校長
植村長
日本の旗 長崎英語学校
1874年 - 1875年
長崎外国語学校長
1874年
広運学校長
1874年
次代:
水野遵
先代:
(新設)
日本の旗 長崎師範学校
1874年 - 1875年
次代:
小川駒橘