雄鶏と宝石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雄鶏と宝石

雄鶏と宝石」(おんどりとほうせき)は、イソップ寓話の一つ。ストーリーは非常に短い。

あらすじ[編集]

雄鶏は、何か食べるものはないかと土をひっかいていた。そのとき、偶然に宝石を見つけた。雄鶏は言った。「ほうっ!落とし主がこれを見つけたらさぞ喜ぶだろうな。でも俺にとっては、世界中の宝石よりも麦一粒のほうがずっと大切さ。」

教訓[編集]

立場が違えば、物の価値も違ってくる。