ピュンピュン丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピュンピュン丸
ジャンル テレビアニメ
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET東映動画
演出 山口康男ほか
原作 つのだじろう
脚本 吉野次郎ほか
出演者 田上和枝
加藤みどり
八奈見乗児
曽我町子
白石冬美ほか
オープニング 「ピュンピュン丸のうた」(財津一郎
エンディング 「風といっしょに」(前川陽子
第1期
放送時間 月曜19:30 - 20:00
放送期間 1967年7月3日~同年9月18日(12回)
第2期
放送時間 同上(30分)
放送期間 1969年12月29日1970年3月30日(14回)
テンプレートを表示

ピュンピュン丸』(ピュンピュンまる)は、つのだじろう原作『忍者あわて丸』をアニメ化した作品。東映動画(現・東映アニメーション)製作。NET(現・テレビ朝日系)で1967年7月3日-9月18日放映。カラー作品。

2013年にリメイク作品として『花のずんだ丸』がある。

概要[編集]

同作品は、全26本が製作されたが視聴率が振るわない上、スポンサーからの「余りにもふざけ過ぎている」と言うクレームで12話で打ち切られた。 また、制作順と放送順が一致していない。当初予定されていた第一話のフィルムを観たつのだ側が『打ち合わせの時と方向性が違う』理由と、NET側が番組の出来に不満を示したことから、放送順の再考を迫られ、制作順では5番目に当たる『変な怪人三面相』が第一話として放送された。尚、第一話として放映される予定であった『怪盗スルメイカ衛門』は最終話として使用された。

打ち切りとなった後、改めて全26話が放送されたのは1969年秋の再放送時であり、未放送の14本は1969年12月29日-1970年3月30日に放送されている。

1970年代に平日夕方や夏休み特集(テレビ朝日の『夏休みまんが大会』)などで何度も放送されたアニメであり、再放送を見た人が非常に多い。

題名の誤解[編集]

一般に花のピュンピュン丸(はなのピュンピュンまる)とも呼ばれているが、これは新聞などに発表された仮タイトルであり、公式タイトル決定後も修正されずに放置されたまま、放送開始を迎えたためにこれが正式タイトルであると誤解されて広まったものである。昭和期のテレビ放送ではアニメなどの再放送の際、放送開始前にフリップに手書きの静止画で番組名を表示する習慣があり、そこで「花のピュンピュン丸」というタイトルが表示されていた地域もある。

さらに、第2期放送時の新聞のラテ欄のタイトル表記が「花のピュンピュン丸」となっており[1]、その後の70年代における再放送でも同様だったと思われる。70年代に発行された文献においても、タイトルが「花のピュンピュン丸」となっているものが多数存在する[2]。そのため、70年代の再放送を見ていた世代には「花のピュンピュン丸」が正式タイトルだと認識している人が多数存在する。また、1980年に放送されたアニメバラエティー『人気アニメ大行進』の中でも「花のピュンピュン丸」のタイトルで紹介されている[3]

一方、80年代後半になると、文献[4]および懐かしのアニメを紹介する番組でのタイトル表記が「ピュンピュン丸」で統一されるようになる。ただし、番組のMCやゲスト出演者が「花のピュンピュン丸」と呼称しているケースも散見された。1991年TBSの『TBSアニメフェスタ』(『三井奥さま劇場』を借り切ってのアニメ再放送)で、『キューティーハニー』・『うる星やつら』と3本立てで再放送した際にも、「ピュンピュン丸」というタイトルで放送した。

現在発売されているDVD版などにおいては、公式タイトルである「ピュンピュン丸」の題名で販売されている。

内容[編集]

舞台は侍や忍者のいる時代。あらゆるトラブルを解決することを仕事とする「なんでもOK事務所」の所員で忍者のピュンピュン丸、弟チビ丸がさまざまなトラブルを解決する姿を敵も含め愉快な登場人物、近代兵器、怪獣、サイボーグなど何でもありのギャグ満載で描く。

キャスト[編集]

なんでもOK事務所[編集]

ピュンピュン丸
声の出演:田上和枝
主人公。略称ピュン丸。丸い耳飾の付いた赤黄の横縞模様の頭巾と、当時流行した忍者アニメを意識した様な、ミニ丈のワンピースに見える赤い装束が特徴。甲賀流の忍者であり、野球忍法の使い手で腕が強いがおっちょこちょい。主な武器は腰に挿したけん玉。本来惚れてはいけない立場であるさゆりの事が大好きだが、自分にゾッコンのケメ子によく妨害されている。
なお、原作では白い普通の忍者服で、野球忍法の使い手だけに背番号「3」を付けている。
チビ丸
声の出演:加藤みどり
ピュンピュン丸の弟。原作に忠実な白いダブダブの忍者服に赤いマスクがトレードマーク。「ビエー」という擬声語付きの泣き声(忍法鼓膜破り)であらゆるものを破壊するが、事務所の中では常識人。口癖は「~だもん」。
所長
声の出演:八奈見乗児
「なんでもOK事務所」の所長。ひげも指のように動かせる。所長としての統率力は一応あるが、やはりズッコケた人物。事務所の資金繰りに窮しているものの請け負った仕事を二人に任せ、昼寝をしているか忍者テレビで行動を監視していることが多い。意外と剣の腕もたち、大怪獣を一撃で倒したこともある(第4話)。

その他主要キャスト[編集]

ケメ子
声の出演:曽我町子山本圭子(第19話のみ)
庶民の少女。髪型は一応おかっぱ頭なのだが、前髪が長過ぎてお椀を被って目だけ出している様に見える。
ピュンピュン丸が好きで、その為に自身も毎回騒動に巻き込まれるが、精神的に強い上怪力の持ち主で、決して挫ける事が無い。
さゆり
声の出演:白石冬美
美貌の伊賀忍者。ピンクの忍者服を着ており、お色気忍術で敵を倒す。風魔一族から狙われている。ピュンピュン丸の憧れの人だが、当初は彼に対して反応が鈍かった。次第にピュンピュン丸の活躍を見て想いを寄せるようになり、彼が他の女性から言い寄られると、露骨にやきもちを焼くようになる。
風魔一族
甲賀流OK事務所の引き受けた仕事を妨害する。財力があり、ロボットや飛行機などを作る科学力も持つ。
OK所長と正反対のタイプで自ら陣頭指揮を執り、不平不満を並べ立てる部下達を鼓舞させる。
  • ダラポン(一族の中忍)声の出演:富田耕吉、北川国彦(第11話)
配下の中心角で肉体派。さゆりに変装してピュンピュン丸を騙すことも。かなり食いしん坊。
ダラポンと行動を共にするが、武術は不得意で口が悪い。
風魔配下の中では一番小柄だが、変装が得意。
夜目が効き、空が飛べる。
  • 発明ちゃん(同上)声の出演:永井一郎(第14話)
風魔の発明、開発部門担当でプライドが高い。

主なゲストキャラクター[編集]

ニコニコ忍者
声の出演:大竹宏
日光から来た。ニコニコガスで総てを表面的に解決する。
滝田芋粥(第1話)
声の出演:はせさん治
元いやだ城料理番。摘み食いの罪で家老・何田勘太夫(声:永井一郎)に首にされ、その逆恨みから、「怪人三面相」と名乗って何田家老の評判を落とし、いやだ城の乗っ取りを企んだ。
モンナシーノ(第2話)
声の出演:大竹宏
世界一周旅行で来日した一見貧乏な身なりの爺さん。実は大富豪なのだが、贅沢が嫌いでピュンピュン達にも質素な扱いをするように望む。
サンボロ(第2話)
声の出演:富田耕吉
世界一周旅行で来日した大富豪。その正体は指名手配中の大泥棒ボンボロで、モンナシーノの宝石を狙っていた。
オンザロックホームズ(第2話)
声の出演:杉浦宏策
ボンボロを見張る国際警察の刑事。だが正体を隠しているために騒動に巻き込まれ、ケメ子に捜査行為を怪しまれたりと散々な目に。
ゴロゴロン(第3話)
声の出演:富田耕吉
核実験で目覚めた水爆怪獣。当時の怪獣ブームに乗って一気に大スターとなる。途中で整形手術をして、「ギンギラゴ」と改名した。マネージャー(声:大竹宏)の手のひらで踊らされて扱き使われる羽目に。
石川51/2エ門(第4話)
声の出演:富田耕吉
ポンコツ山のお宝を狙う大泥棒。配下の石川一エ門(声:大竹宏)とゼロエ門(声:永井一郎)を使って暗躍する。
黒山大膳(第5話)
声の出演:富田耕吉
真っ平城家老。若君・まん丸の調査をOK事務所に依頼するが、裏ではまん丸を捕まえて、息子のトン平を若君につけようとしていた。
黒岩一角(第6話)
声の出演:富田耕吉
春風城家老。家臣の氷山三角(声:永井一郎)や青息吐息(声:北川国彦)と共に、城の乗っ取りを企むが、間抜けな二家臣のために、彼等の名を書いた連判状はピュンピュン丸の手に。
あんみつ剣士(第6話)
声の出演:大竹宏
春風城のお家騒動を解決するため、幕府から派遣された隠密。隠密剣士のパロディ。「山田野かかし」と名乗って黒岩家老の用心棒のふりをしていた。
鍋底煤之守(第8話)
声の出演:大竹宏
鍋底藩城主。「ニャンポン蹴鞠」を売って大儲けしており、好物の油揚げを毎日食べていたが、城下で油が無くなったため、真相調べをOK事務所に依頼する。だがさゆりの別調査で、ニャンポン蹴鞠は城下でさらった猫を詰めて製造した物であり、更に油泥棒は猫族の反乱の一角であった事が判明、真相を知って猫族に寝返ったピュンピュン丸達や猫族に追い詰められ、最後は自分が蹴鞠にされてしまった。
アル・ニャンコ(第8話)
声の出演:富田耕吉
シカゴ生まれの猫族のボス。アル・カポネのパロディ。猫を詰め込んだ「ニャンポン蹴鞠」を売る鍋底煤之守に復讐をしようとしている。
国定ニャン治(第8話)
声の出演:大竹宏
国定生まれの猫族の幹部。国定忠治のパロディ。やたら威勢がいい。
鍋島の大姉御(第8話)
声の出演:加藤みどり
猫族の幹部の紅一点。
クレージーキャッツの7人衆(第8話)
声の出演:永井一郎、はせさん治、北川国彦ほか
猫族の幹部。ハナ肇とクレージーキャッツのパロディで、全員マシンガン内蔵の楽器を携帯している。口癖は「いいから、いいから」「気にしない、気にしない」「ハイそれまでよ」「ガチョーン」「あたしって駄目ねぇ」。
医学者(第9話)
声の出演:北川国彦
風魔一族のお抱えドクター。外見が原作者・つのだじろうに似ている。サイボーグの怪獣にピュンピュン丸の脳を移植した。
富士姫(第10話)
声の出演:山口奈々
富士十万石のワガママな姫君。七色頭巾に一目惚れする。
七色頭巾(第10話)
殺し屋に狙われている富士姫の護衛として雇われたニヒルな侍。日替わりの頭巾を被っている。だがその実体は、女の子にモテたいだけの老人だった。
丸々城家老(第11話)
声の出演:北川国彦
ゲンパク博士(声:八代駿)が製造した爆弾を城へ届けるよう、OK事務所に依頼する。
天狗(第12話)
声の出演:永井一郎
怪力のケメ子をスカウトし、偽の牛若丸に仕立てて「五條の橋上の決闘」を再現しようとする。
カラス天狗(第12話)
声の出演:はせさん治、富田耕吉、田の中勇
天狗の命令で、偽の牛若丸候補として力の強い子供たちを誘拐する。
謎の赤ん坊(第13話)
声の出演:白石冬美
ケメ子が偶然拾って育てた捨て子。牛が痩せるほどの大量の牛乳を飲み、チビ丸以上のなぎ声を発する。それもそのはず、実は怪獣の子供だった。
大福アンコの守(第15話)
声の出演:大竹宏
大福作りが得意な大福藩の殿様。その名声が将軍の耳に入り、指輪を拝領するものの自ら作った大量の大福の中に紛失してしまう。
二流斉南北(第15話)
声の出演:富田耕吉
物語の進行係。講談師のように名調子で話す。
ポロロン
子供の怪獣。かつて大変田城を食い荒らした罪で箱に封印され、海に捨てられていた。ピュンピュン丸とチビ丸が偶然助けるが、再び封印して捨てられる事に。
賠償
声の出演:杉浦宏策
村人から戦争の保険と称して小銭を騙し取る保険金詐欺を働く散切り頭の浪人。
出羽又之守
声の出演:富田耕吉
金鶏城城主。世界で唯一の「金の卵を産む鶏」を飼っているため、城はおろか、城下は贅沢な生活を送っていたが、その鶏を泥棒一味に狙われる事に。
お天気奉行
声の出演:大竹宏
「お天気奉行所」の主。だがいつも外れっぱなしなので、殿に「今度外れたら切腹」と厳命され、OK事務所に泣きつく事に。更には「悪党連盟」に人質にされる。
野球忍者・雲隠うる才蔵
声の出演:大竹宏
海賊退治に出かけるOK事務所の仲間になった謎の忍者。だがその正体は、さゆりの親友である伊賀忍者で、OK事務所の仕事の利益を奪おうとしていた。モデルはトニー谷
怪盗スルメイカ衛門
声の出演:熊倉一雄
イカの覆面をした泥棒。ブタ泥棒の時の手配書を美男子にすり替えるがばれ、逆ギレして世界中のイカを奪おうとした。
たぬき
OPに一瞬だけ登場する。

主題歌[編集]

放映リスト[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術
1 1967年
7月3日
変な怪人三面相 吉野次郎 山口康男 我妻宏 福本智雄
2 7月10日 ガッポリいただき 中根芳明 茂野一清 生頼昭憲
3 7月17日 怪獣ゴロゴロン 浜田稔 勝間田具治 窪詔之
4 7月24日 風雲ポンコツ山 木村長門 新田義方 高橋信也 横井三郎
5 7月31日 とんでもない奴 浦川けんじ
雪室俊一
田宮武 落合道正
6 8月7日 あんみつ剣士 危機だらけ 吉野次郎 高見義雄 木村圭市郎 福本智雄
7 8月14日 ドテドテ怪獣騒動 浜田稔 芹川有吾 高橋信也 横井三郎
8 8月21日 猫ふんじゃった エンリコ・トリゾーニ[5] 白根徳重 生頼昭憲
9 8月28日 ドテドテサイボーグ作戦 林正夫 新田義方 細田暉雄 福本智雄
10 9月4日 かっこいい七色頭巾 雪室俊一 村山鎮雄 若林哲弘 横井三郎
11 9月11日 爆弾ちゃんは大嫌い 安藤豊弘 高見義雄 木村圭市郎 千葉秀雄
12 9月18日 天狗のお鼻はナゼナゼ低い エンリコ・トリゾーニ 芹川有吾 高橋信也 福本智雄
13 1969年
12月29日
ケメ子の子守歌 林正夫 茂野一清 我妻宏 横井三郎
14 1970年
1月5日
史上サイテーの作戦 安藤豊弘 田宮武 窪詔之
15 1月12日 大福騒動 エンリコ・トリゾーニ 新田義方 生頼昭憲
16 1月19日 お化けが出たよーん 須藤圭介 宮崎一哉 我妻宏 千葉秀雄
17 1月26日 怪獣ちゃんを捨てないで 後藤陽 山口康男 国保誠
18 2月2日 戦争ちゃんと平和ちゃん 雪室俊一 勝間田具治 落合道正 福本智雄
19 2月9日 ニコニコ忍者ダヨーン 真野好央 窪詔之
20 2月16日 ショウジキ泥棒ちゃん てるた順 村山鎮雄 若林哲弘 横井三郎
21 2月23日 ドテドテ救出作戦 浜田稔 白根徳重 落合道正
22 3月2日 金のタマゴだヨーン エンリコ・トリゾーニ 山口康男 木村圭市郎 福本智雄
23 3月9日 どっちもどっち 鈴木良武 勝間田具治 窪詔之 千葉秀雄
24 3月16日 こちらお天気110番 雪室俊一 白根徳重 落合道正 福本智雄
25 3月23日 野球忍者と海賊ちゃん 吉野次郎 宮崎一哉 我妻宏
26 3月30日 怪盗スルメイカ衛門 浜田稔 芹川有吾 木村圭市郎 横井三郎

スタッフ[編集]

  • 企画:江藤昌治、大沼克之、宮崎慎一NET
  • 原作:つのだじろう (『忍者あわて丸』週刊少年キング連載)
  • 音楽:小川寛興
  • 作画:我妻宏、香西K子、長谷川憲剛、佐藤止雄、高橋春男、星野赫子、森利夫、入辺虎武、広岡光昭、土屋幹夫、杉涌よし子、小美野玲子、上村栄司、大橋学、角田昭一、藤倉俊夫、玉沢君子、鈴木康彦、藤城義一、神山美智子 、白川忠志、塩田秀孝、桜井勇、玉沢武、川口洋征、山田一広、竹市正勝、山田一二三、秋山秀男、山口一男、鹿島恒保、山口賢裕、平村文男、谷口公子、林正史、佐藤秀則、中山敦子、広田全、丹治道雄、定本哲也、諸槁一、大崎道泰、山田幸一、中村芙美子、渡辺節子、前田英美、小川健、堀田誠、品川丈夫、小林康男、明珍秀子、高倉建夫、砂押隆、生田幸雄、日比野不二枝、井上隆夫、角谷一生、竹市二雄、中野健一、岡田昇、腰越清芙、鈴木孝夫、落合撲沈、岩塚美子
  • 背景:青野洋子、佐々木耕成、土屋婦美子、泰秀信、下川忠海、篠田洋子、牧野光成、遠藤重義、渡辺俊児
  • 仕上:森川桂士、浜桂太郎、前田峯子、豊島淳子、木村啓子、倉島和子、植村紀久子、和田清業、吉沢あき子、石垣由紀子、谷口恭子、関口雉子、木村啓子、高谷幸子、福本のり子、中村美弥子、篠崎直子、岡田良明、大熊敏子、岩沢博美、植木知子、関一江、谷口洋平、中山晴子、小椋幸子、前田峰子
  • 撮影:池田重好、高梨洋一、不破孝喜、寺田孝、山根恵、管谷正昭、杉本永一、杉田清美
  • 編集:鈴木亮、井関保雄
  • 録音:神原広巳、荒川文雄、石井幸夫
  • 効果:大平紀義
  • 記録:関口泰子、関根絹代、竹部ヒサ子、的場節代、池田紀代子、前野美代子、河島利子
  • 演出助手:大谷恒清、宮崎一哉、神谷興一、川田武範、大網郁夫、山吉康夫、上島昭男、山形良治、山口秀憲、蕪木登喜司、佐藤文造
  • 製作進行:菅原吉郎、館浩二、武田嘉昭、大野清、田口矩、竹村璋三、堤四四三、石黒輝房、秋庭勝彦
  • 現像:東映化学工業株式会社
  • 製作:東映動画(現・東映アニメーション

再放送について[編集]

  • 先述の通り、本作は1970年代に平日夕方や夏休みに多く再放送されていたが、その後は再放送が少なくなり、1991年に『TBSアニメフェスタ』で第6話まで再放送した時は、差別用語が入っている台詞の部分は無音声にして放送した[6](1970年代ではこの様な事は無かった)。
  • またCS放送東映チャンネルでは、1999年12月から2000年3月まで「わくわく!! アニメタイム」、2001年8月から同年9月まで「アンコールアワー」で、それぞれ再放送したが、いずれも第18話「戦争ちゃんと平和ちゃん」は再放送しなかった(理由不明)。
  • 2000年代に入って、北海道のテレビ局であるテレビ北海道テレビ東京系列)にて朝8時から放映されていた時期がある。
  • 2017年7月28日から10月20日まで、CS放送の時代劇専門チャンネルで音声の編集が行われることなく、当初の内容通りの形式で全話放送された。

提供[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞縮刷版
  2. ^ 秋元文庫『テレビアニメ全集』(杉山卓)、朝日ソノラママンガ少年臨時増刊 TVアニメの世界』
  3. ^ 音声のみ確認済み。映像での表示がどうなっていたかは未確認。
  4. ^ 徳間書店『TVアニメ25年史』
  5. ^ 山元護久井上ひさしの共同ペンネーム
  6. ^ 例えば、第1話で怪人三面相こと滝田芋粥を追い詰めた際、何田家老が「お前はわしを怨んで気違いにしようとしたな!!」と叫んだ場面や、第5話で悪事がばれた黒山家老が「この気違い共を叩き斬るんだ!!」と叫んだ場面など。

外部リンク[編集]

NET 月曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
ピュンピュン丸
(第1期)
(1967.7 - 9)
【当番組のみアニメ
おれの太陽

涙の栄冠馬・おれの太陽
【途中改題】
宇宙忍者ゴームズ
【海外アニメ一旦中断】
ピュンピュン丸
(第2期)
(1969.12 - 1970.3)
【当番組のみ国産アニメ】
チキチキマシン猛レース
【海外アニメ再開】