ベムベムハンターこてんぐテン丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベムベムハンターこてんぐテン丸』(ベムベムハンターこてんぐテンまる)は、コミックボンボンで連載されていたかぶと虫太郎による日本漫画作品。連載当初のタイトルは『ベムベムハンター』のみであったが、アニメ化とほぼ時期を同じくして改題された。

テレビアニメは1983年5月26日から10月27日までフジテレビ系で全19話が放送された。アニメは低視聴率のために打ち切りとなり未完に終わったが、漫画は大魔王ベムラーとの最終決戦まで描かれ、完結している。

概要[編集]

自分の不注意から人間界に逃げ込んだ百八匹の妖怪を退治しようとする、子天狗テン丸の活躍を描いた作品。「人間界に逃げ込んだ妖怪を、妖怪の国の王族の子供が退治する」という筋書きで物語が展開する。

アニメ版は木曜19時に放送されたが19回で打ち切りとなった。

単行本[編集]

  • 1983年から1984年まで、「ボンボンコミックス」(講談社)から3巻が発売されたが、ラスト4話は単行本化はされておらず、文庫本や完全版は発売されてない。

ストーリー[編集]

人間界の裏側にある妖怪の国。この国を治める天狗大王の独り息子、子天狗テン丸は年に一度の妖怪祭りの晩に子ガラス天狗のクロを連れて、入る事を禁じられている「おそれ山」に侵入した。そこへ可愛い女の子の妖怪が現れる。実はこの山は百八匹の凶悪妖怪を閉じ込めた妖怪国の刑務所で、女の子の妖怪もその内の一匹だった。テン丸は女の子の妖怪に騙されて凶悪妖怪たちの封印を解いてしまう。百八匹の妖怪たちは祭りに沸く妖怪の国で一暴れした後、人間世界に逃げ込んでしまった。テン丸のイタズラに怒った天狗大王はテン丸の鼻を折って、百八匹の妖怪を退治するように命じた。そして妖怪退治の七つ道具を与え、クロに供を命じて、テン丸を旅立たせた。こうしてテン丸と、大魔王ベムラー率いる百八匹の妖怪たちとの戦いが始まったのである。

登場人物[編集]

妖怪王国[編集]

鞍馬テン丸
- 藤田淑子
原作での当初の名前はテン坊。天狗大王の子供であるが、人間界に来る前に天狗大王に鼻を折られた為、一般的に言われる天狗と異なり鼻は低い。大飯喰らいで食べることに目が無く、その凄さは一度眠ると耳のそばで大声を出されても、足の裏をくすぐられても決して起きないが「ご飯」の一言で飛び起きるほど。力が強く肉体派で、クロとコンビを組むことでようやく一人前である。
天狗だけあって年齢は550歳だが、最終回にて小学校を卒業していないことが明らかとなる。
クロ
声 - 松島みのり
テン丸の子分的な存在であるカラス天狗。飛行能力以外これといった妖力は無いが、「妖怪辞典」を携帯している。「〜でガス」が口癖。大王の命でテン丸の監視役として人間界に来た。アニメではテン丸との掛け合いが多くなる。
天狗大王
声 - 柴田秀勝
テン丸の父にして、妖怪王国の王である天狗。アニメでは108匹の妖怪を400年前に封印した事になっている(原作では大王の父にしてテン丸の祖父)。
天狗ママ
声 - 坪井章子
テン丸の母にして大王の妻。「天狗」というより「天女」の様な外見で、体に付けている「チェンジリボン」という羽衣で人間態に変身し、時々人間界に来る事がある。人間の感覚から見るとその容姿はかなりの美人なのだが、テン丸曰く、天狗の世界では所謂「鼻ペチャ」であるためブスであるとのこと。

人間[編集]

ヨーコ
声 - 安田あきえ
テン丸が人間界で初めて出会った美少女。テン丸たちの最大の理解者である。両親は既に亡く、祖母に引き取られている。なお設定では、「花井 妖子」(はない ようこ)という本名があった。
がんばり入道
声 - 大竹宏
テン丸一行やヨーコが住む古いアパート「つぶれ荘」の2階に住む、悪ガキトリオのリーダー格。
ぼろかっぱ
声 - 千葉繁
悪ガキトリオの一人。長身でカッパの様な頭。
油すまし
声 - 鈴木清信
悪ガキトリオの一人。スキンヘッドで小柄であり、知恵袋的な存在である。
おばあちゃん
声 - 鈴木れい子
ヨーコの祖母にして、古アパート「つぶれ荘」の管理人。設定では本名は「花井 ハナ子」(はない ハナこ)だった。
松坂先生
声 - 舛田紀子飯塚はる美
ヨーコや悪ガキトリオが通う「もののけ小学校」の女教師。美人でテン丸やトリオは元より、ヨーコら女生徒からも人気がある。なおアニメでは準レギュラー格であるが、原作では第7話しか登場していない。

その他[編集]

ニーナ
声 - TARAKO
天狗に次ぐ「竜神族」の王女にして、テン丸のフィアンセ。テン丸を追って人間界に来た。
原作ではラスト近く、妖怪軍団の親玉・大魔王ベムラーと、その妻・魔女リリアンの遺児であった事が判明する。その昔妖怪たちが封印される際、リリアンは5個の卵を「腐らせまい」と自ら壊したのだが、1個だけが割れないまま残り、それを拾った大王は、当時子供が無かった「竜神族」国王夫妻に与え、「竜神族」夫妻は長い年月をかけて卵を孵化させ、「竜神族」の王女として君臨させたのであった。

テン丸の装備[編集]

「マジックサーベル」を装備した仕込み杖以外は、全て大王から与えられた装備。

マジックサーベル
テン丸が持つ仕込み杖は鞘を抜くと刀となる。主に止めの時に使用。神通力を注入すると刃が伸びて強力になる。
頭襟探知機
頭に装着している頭襟で、近くに妖怪が居ると反応し、光と音で知らせる。
天狗うちわ
一仰ぎで突風を起こす葉団扇。雷を起こしたり、豪雨を降らせる事も出来る。
反重力下駄
木の枝や天井にも逆さに止まれる下駄
かくれ布
着ると姿が見えなくなる布。
ひょうたんバイク
テン丸が移動用に使う、ヒョウタン型の空飛ぶ乗り物。普段は縮小してテン丸の腰に着けているが、口から息を吹き込むと元の大きさに戻る。ただし飛行速度は最高時速50km(大王曰く「安全のため」)。
デチョンパ
アニメのみの装備。テン丸の腕に着けている通信機で、妖怪王国と人間界の通信が可能。表面には大王を模した顔が取り付けられており、言う事を聞かないと鼻が伸びてテン丸を叩く。原典は筆頭スポンサー・バンダイが、当時発売していた腕時計兼用玩具。

テレビアニメ[編集]

ベムベムハンターこてんぐテン丸
ジャンル テレビアニメ
放送時間 木曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1983年5月26日 - 同年10月27日(19回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ東映動画
企画 土屋登喜蔵(フジテレビ)、籏野義文(東映動画)
演出 設楽博ほか
原作 かぶと虫太郎
脚本 山崎忠昭ほか
出演者 藤田淑子
松島みのり
ほか
オープニング 「おいらテン丸」(藤田淑子)
エンディング 「うちの親分」(松島みのり、藤田淑子)
テンプレートを表示

スタッフ[編集]

※以上の表記と表記内容はフィルムクレジットに基づく。

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『おいらテン丸』
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - 小林亜星 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 藤田淑子
エンディングテーマ - 『うちの親分』
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲 - 小林亜星 / 編曲 - 高田弘 / 歌 - 松島みのり、藤田淑子
レコード - コロムビアレコード

各話リスト[編集]

サブタイトル 放送日 脚本 演出 作画監督 美術
1 ようかいたいじ出発進行! 1983年
5月26日
山崎忠昭 設楽博 アベ正己 坂本信人
2 ようかいカブレガマ 6月2日 遠藤勇二 小松原一男
3 なめくじようかいナメナメ 6月16日 酒井あきよし 笠井由勝 及川博史
4 うおんちっと!ようかいトリオ 6月30日 山崎忠昭 白土武 飯島久美子
5 テルテルぼうずは雨がすき? 7月7日 酒井あきよし 設楽博 小松原一男 坂本信人
6 ようかいスイトルゾ 7月14日 田口勝彦 山本寛巳 白土武 赤保谷則子
7 ようかいジャングル・ルーツ 7月21日 山崎忠昭 遠藤勇二 及川博史 坂本信人
8 つぶせ!ようかいナマズ城 7月28日 設楽博 尾鷲英俊 金川文美
9 カイカイカイの海水浴 8月4日 酒井あきよし 白土武 飯島久美子
10 ばけスイカ・おいしいぞ! 8月11日 田口勝彦 設楽博 小松原一男 坂本信人
11 ようかいタイフーン兄弟 8月18日 酒井あきよし 山本寛巳 白土武 赤保谷則子
12 子連れようかい死神 9月1日 田口勝彦 遠藤勇二 及川博史 坂本信人
13 絵かきようかい・かくぞう 9月8日 安藤豊弘 笠井由勝 小松原一男
14 大ぐらいもほどほどに 9月15日 山浦弘靖 白土武 飯島久美子
15 人形にされたヨーコちゃん 9月29日 安藤豊弘 梅澤淳稔 青山充 坂本信人
16 ニーナちゃんがやってきた! 10月6日 酒井あきよし 設楽博 尾鷲英俊
17 ハイキングおばけだ城 10月13日 遠藤勇二 白土武 中山恭子
18 倒せ!妖怪グータラ 10月20日 安藤豊弘 佐藤順一 及川博史 倉持智恵子
19 赤いキツネと木七先生 10月27日 酒井あきよし 設楽博 尾鷲英俊 金川文美
20
(最終回)
テンクロこんびでウォンチット!(総集編) 未放送 -

放送局[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜19時台前半枠
【当番組でアニメ一旦中断】
前番組 番組名 次番組
ベムベムハンターこてんぐテン丸