ガリバーの宇宙旅行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリバーの宇宙旅行
Gulliver Space Travel[1]
監督 黒田昌郎
脚本 関沢新一
製作 大川博
小野沢寛籏野義文[2]
出演者 坂本九
宮口精二
本間千代子
音楽 冨田勲
撮影 稲葉郁三
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗 1965年3月20日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 わんわん忠臣蔵1963年
次作 サイボーグ0091966年
テンプレートを表示

ガリバーの宇宙旅行』(ガリバーのうちゅうりょこう 英文:Gullver Space Travel[1])は、1965年3月20日東映系で公開された、東映動画(現:東映アニメーション)製作の劇場用アニメ映画。東映スコープ、カラー。80分。

概要[編集]

東映動画の劇場用アニメ映画第8作にして、初の宇宙SF作品。孤児テッドがふとした事からガリバー博士と知り合い、仲間達と共に「希望の星」目指して宇宙旅行に出発する物語。内容はジョナサン・スウィフトの名作『ガリバー旅行記』から取っているが、目的地が「青い星」となっている事、そしてラストのどんでん返しは、モーリス・メーテルリンクの『青い鳥』を思わせる。

前作『わんわん忠臣蔵』のLD(絶版)に収録された「東映動画スタジオニュース」では、『わんわん忠臣蔵』と共に本作の製作が映し出されている事から、少なくとも1963年には製作されていたが、テレビアニメなどの影響で公開はかなり遅れ、1965年公開となった。

  • そのため1964年は一本も新作アニメが公開されず、過去のアニメ映画のリバイバルやテレビアニメのブローアップ版を上映して間に合わせた。

宇宙人の形はチェスの駒をヒントとし、動きは『ひょっこりひょうたん島』のひとみ座にモデル人形を作成させ、フィルム撮影したものを参考とした(ライブ・アクションの変型)。

製作スタッフの中には、若き日の宮崎駿大塚康生も存在している。また声優には、主人公テッド役に人気歌手・坂本九を起用、他には俳優・小沢昭一宮口精二などを起用した。

なお次作『サイボーグ009』公開までは、再びテレビアニメのブローアップ版やリバイバル作品で間に合わせた。

ストーリー[編集]

とある町に、テッドという少年が居た。だがテッドには両親も住む家も無い。今日も映画館で『ガリバー旅行記』を無銭見物をしているところを係員に見つかり、追い出されてしまった。テッドは映画館に掲げられているガリバーの絵を見ながら、「何が『希望を捨てるな』だ…」と憎憎しげに呟いた。

やがてテッドは、捨てられていた喋れる兵隊人形「大佐」とノラ犬「マック」と知り合い、無人の遊園地で気晴らしとばかり遊ぶ。だが夜警に追われて花火で退散、やがて花火はとある森の一軒家の前に不時着、そこでテッド達が見たのは、すっかり老いたガリバーだった。ガリバーは「青い希望の星」に人生最後の旅をすべく、ロケット「ガリバー号」を建造していた。これを聞かされ、テッド一行は自分達も行こうと決意する。

やがてロケットは完成し、テッド一行・ガリバー博士と、博士のペットのカラス・クローは、森の動物たちに見送られて宇宙に旅立つ。途中で「時間が逆回転する空間」を突破し、青い星に近づいたその時、数機の未確認飛行物体に連れられ、その近所の紫色の星に到着する。そこに現れたのは、ロボットの様な宇宙人であり、一行は王女達に連れられて宮殿へ行き、歓迎会へ呼ばれる。そこでテッドは地球の事を歌って教えた。王女は喜ぶが、皆は「この星から比べればいい方だ」と発言する。元々彼等の子孫は青い星に住んでいたのだが、科学が発達するあまり、あらゆるシステムをロボット任せにして楽をしていたのだ。だがやがてロボット達が悪の自我を持ち出し、クーデターを起こして、青い星を乗っ取ってしまったのだ。これを聞いて衝撃を受けるテッド……。

やがて青い星のロボット軍団が襲い掛かり、王女を連れ去る。テッド一行は飛行物体で青い星に出撃する。そしてロボット達が「水を浴びると解体する」という事を知り、テッドは水鉄砲で、マックは水風船で軍団を攻撃、兵士ロボットを全滅、残るは首領ロボットのみ、だが首領はいくら水をかけても解体しない、痺れを切らしたテッドは首領の体に飛び乗り、背中のハッチから内部を見た。実は首領ロボットは兵士ロボットが操縦する、内部操縦型だったのだ。テッドは内部の操縦ロボットを水鉄砲で破壊、その結果、操縦者を失った首領は目茶苦茶に暴れて自滅した。そしてテッドは王女を救出するが、見ると顔にひびが、そしてその顔が割れると、中から美少女が出て来たではないか!実はその美少女こそ真の王女で、彼らはロボットを建造すると共に、自らもロボット状になっていたのだ。やがて青い星に朝日が昇り、テッドは王女に「青い星は生まれ変わるんだ」と励ました。

やがてその朝日は、テッドの町にも届いた。目が覚めたテッドは元気に満ち溢れていた。テッドは大佐とマックに挨拶して去っていった。だが大佐とマックは喋らない。あの宇宙旅行は一体何だったんだろうか……?

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

全て、作詞:関沢新一/作曲:冨田勲。

  • 「遊園地の歌」
    • 歌:坂本九
    • 無人の遊園地で遊ぶテッド・大佐・マックの場面で流される。
  • 「ガリバー号マーチ」
    • 歌:西六郷少年少女合唱団、東京ルナ・アルモナコ
    • ガリバー博士一行が「ガリバー号」へ搭乗する場面で流される。
  • 「地球の歌」
    • 歌:坂本九
    • 歓迎会の席上、テッドが地球の事を教える場面で流される。3パートからなり、2パート目は地球の春夏秋冬を教える中、「住宅密集」「核兵器」「自動車の騒音公害」「過疎地の貧困」といった、時代を背景する歌詞が含まれている。
  • 「ロボットたちの歌」
    • 歌:ダニー飯田とパラダイス・キング
    • 科学者たちの過去を振り返る場面で流される。前半の「ロボット誕生」までは画面や曲は明るいが、後半、ロボット達がクーデターを起こす場面は一転、場面は暗くなり、曲も恐ろしくなる。

同時上映[編集]

推薦[編集]

  • 文部省推薦
  • 厚生省中央児童福祉審議会推薦
  • 東京都教組推薦
  • 日本PTA全国協議会推薦
  • 映倫青少年映画審議会推薦
  • 優秀映画鑑賞会推薦[1]

映像ソフト化[編集]

  • LD化はされたが絶版、現在は東映ビデオからDVDが販売&レンタルされている。

参考文献[編集]

  • 「日本アニメーション映画史」(有文社)115頁・116頁・277頁・278頁

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「東映動画 長編アニメ大全集 上巻」(徳間書店)193頁 1978年
  2. ^ a b OPクレジットでは「旗野義文」と表記。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]