六八九トリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六八九トリオ(ろくはちきゅうトリオ)は、作詞;永六輔、作曲;中村八大、歌;坂本九三人組のことである。

概要[編集]

それぞれの名の数字部分より名付けられた。空前の大ヒットとなった1961年の「上を向いて歩こう」や、「一人ぼっちの二人」などの曲がある。

1967年の「久しぶりのあなた(B面:ラブ・ラブ・ラブ)」以降、このトリオでの楽曲は作られなくなったが、12年後の1979年に同窓会的な意味合いで再集結し、坂本九のコンテンポラリー・アルバム「689」およびシングルカットされた「あの時の約束/そして想い出」「結婚通知/夜明け夕焼け」を制作・発売。それに因んだ坂本九のコンサートも催された。

なお、「明日があるさ」・「見上げてごらん夜の星を」「ともだち[1]」「レットキス」「太陽と土と水を」のような坂本九と中村八大・永六輔どちらかの片方の組み合わせによる楽曲は多々ある。

また、永六輔と中村八大の「六八コンビ」は1959年の「黒い花びら」、1962年の「遠くへ行きたい」、1963年の「こんにちは赤ちゃん」、1965年の「帰ろかな」のような楽曲や、1966年には企業の社歌として、近畿日本鉄道の「近鉄の歌」を制作している。

小惑星6980[編集]

1999年に小惑星ナンバー6980の固有名としてKyusakamotoと命名されているが、これは「六八九トリオ」にちなんで発見者のひとり渡辺和郎小惑星センターに申請し、認められたものである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長年にわたって九が尽力した「あゆみの箱」のタイアップ曲。2001年のドラマ「ガッコの先生」において堂本剛がカバーした。