阿部薫 (サックス奏者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部 薫
生誕 (1949-05-03) 1949年5月3日
神奈川県川崎市
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
死没 (1978-09-09) 1978年9月9日(29歳没)
学歴 川崎市立橘高等学校中退
ジャンル フリー・ジャズ
担当楽器 アルトサックス、ソプラニーノサックス、ハーモニカ

阿部 薫(あべ かおる、1949年5月3日 - 1978年9月9日)は、フリー・ジャズのアルトサックスプレイヤー。他にソプラニーノサックス、バスクラリネットハーモニカ等もプレイする。【暗い日曜日に関連】

人物[編集]

神奈川県川崎市出身。

演奏スタイルはフリーを基盤とした激情型。 ミュージシャン大友良英に多大な影響を与えた。

ブロバリン98錠を過量服用して中毒死した。29歳没。事故自殺かは判明していない。なお最後の公演にトリオとして日野晃ドラマーで参加していた。

生前は演出家芥正彦と交流がありイベントで共演していた。 ミュージシャン三上寛とは共演こそないが交流はあった。

稲葉真弓による伝記風小説を原作にした映画エンドレス・ワルツ』が町田康主演で、生前に阿部と交際があった若松孝二の監督によって制作された。

元妻は作家の鈴木いづみ。歌手の坂本九は阿部の叔父(母の弟)である。従妹大島花子舞坂ゆき子(いずれも叔父の実娘)であり、前者は長女で後者は次女である。

現在、遺品のサックスは灰野敬二の元にある。

年譜[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • 阿部薫TRIO, 1970年3月、新宿(1970年録音)(J⋅I⋅コレクション)
  • 高柳昌行と共同名義, 解体的交感(ニュー・ディレクション)(1970年録音)(Sound Creators)
  • 高柳昌行と共同名義, 集団投射 - Mass Projection(1970年録音)(DIW)
  • 高柳昌行と共同名義, 漸次投射 - Gradually Projection(1970年録音)(DIW)
  • 山崎弘と共同名義, DUO/Jazz Bed(1971年録音)(J⋅I⋅コレクション)
  • 佐藤康和と共同名義, アカシアの雨がやむとき(1971年録音)(日本グラモフォン)
  • 風に吹かれて(1971年録音)
  • 暗い日曜日(1971年録音)
  • またの日の夢物語(1972年録音)
  • 光輝く忍耐(1972年録音)
  • 木曜日の夜(1972年録音)
  • WINTER1972(1972年録音)
  • 遥かな旅路(1973年録音)
  • 彗星パルティータ(1973年録音)(1973年3月act's105でのライブ録音。プロデューサーは芥正彦。)
  • なしくずしの死 (MORT A CREDIT)(1975年録音)
  • 吉沢元治と共同名義, 北(NORD)(1975年録音)
  • スタジオ・セッション 1976.3.12(1976年録音)
  • 井上敬三および中村達也と共同名義, Live at 八王子アローン Sep.3.1977(1977年録音)
  • ソロ・ライヴ・アット・騒vol.1~10(1977年~1978年録音)
  • 豊住芳三郎と共同名義, オーヴァーハング・パーティー(1978年録音)
  • 豊住芳三郎と共同名義, MANNYOKA(1978年録音)
  • 豊住芳三郎と共同名義, BANKA 挽歌。(1978年録音)
  • Last Date 8.28, 1978(1978年録音)
  • The Last Recording(1978年録音)

関連書籍 [編集]

  • 『阿部薫覚書―1949-1978』阿部薫覚書編纂委員会編、ランダムスケッチ、1989年。
  • 中上健次小杉武久坂本龍一間章平岡正明他『阿部薫1949~1978』文遊社、1994年。
  • 『鈴木いづみ×阿部薫 ラブ・オブ・スピード』文遊社、2009年。
  • 騒恵美子『ライブ・アット騒(GAYA)─ 阿部薫、鈴木いづみ、フリージャズメンとの日々』塙耕記編、DU BOOKS、2011年。ISBN 4925064479
  • 『阿部薫写真集 OUT TO LUNCH』五海ゆうじ撮影、K&Bパブリッシャーズ、2013年10月。ISBN 4902800411
  • 間章「〈なしくずしの死〉への後書:阿部薫の死に」『〈なしくずしの死〉への覚書と断片』月曜社、2013年11月。ISBN 4865030085

関連項目[編集]

外部リンク[編集]