鈴木いづみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(すずき いづみ、1949年7月10日[1] - 1986年2月17日[1])は、日本作家女優である[1]。女優としての芸名に(あさか なおみ)がある[1]

人物・来歴[編集]

1949年、静岡県伊東市生まれ[1]

1968年静岡県立伊東高等学校卒業後、キーパンチャーとして伊東市役所に勤務[1][2]。その傍ら同人誌に参加していたが、『ボニーのブルース』が小説現代新人賞の候補になったのをきっかけに[2]1969年、退職して上京。ホステスやヌードモデル、ピンク女優を経て[3]1970年に『声のない日々』で第30回文學界新人賞候補となり[2]、以後作家として活動する[1]

1973年にアルトサックス奏者阿部薫と結婚し、一女をもうける[3]1975年に初のSF小説「魔女見習い」が眉村卓の仲介により『SFマガジン』に掲載される[4]。1977年、阿部と離婚[1]。翌年、薬物の過剰摂取で阿部は急死する[1][3]。その後はSF雑誌を中心に小説を書いていたが、やがて健康を損ねて生活保護を受けるようになる。1986年、自宅で首吊り自殺する[1][3]。36歳没[1][3]

1992年、鈴木と阿部を描いた、稲葉真弓の実名小説『エンドレス・ワルツ』が刊行される。翌年、当時16歳だった鈴木の長女がプライバシー侵害と名誉棄損で民事提訴した。1995年、若松孝二監督による映画『エンドレス・ワルツ』が公開された[3]。鈴木いづみ役は広田玲央名が演じた。

著作[編集]

  • 『愛するあなた』現代評論社 1973
  • 『あたしは天使じゃない』ブロンズ社 1973
  • 『残酷メルヘン』青娥書房 1975
  • 『女と女の世の中』ハヤカワ文庫 1978
  • 『いつだってティータイム』白夜書房 1978
  • 『感触』広済堂出版 1980 (のちに「タッチ」と改題し、文遊社で再刊)
  • 『恋のサイケデリック!』ハヤカワ文庫 1982
  • 『ハートに火をつけて! だれが消す』三一書房 1983
  • 『私小説』荒木経惟共著 白夜書房 1986.9
  • 『声のない日々 鈴木いづみ短編集』文遊社 1993
  • 『鈴木いづみコレクション 1-8』文遊社 1996-98
    • 『長編小説 ハートに火をつけて! だれが消す』
    • 『短編小説集 あたしは天使じゃない』
    • 『SF集1 恋のサイケデリック!』
    • 『SF集2 女と女の世の中』
    • 『エッセイ集1 いつだってティータイム』
    • 『エッセイ集2 愛するあなた』
    • 『エッセイ集3 いづみの映画私史』
    • 『対談 男のヒットパレード』
  • 『いづみの残酷メルヘン』文遊社 1998
  • 『いづみ語録 鈴木あづさ,文遊社編集部編』文遊社 2001
  • 『鈴木いづみセカンド・コレクション 1-4』文遊社 2004
    • 『短編小説集』ペリカンホテル
    • 『SF集 ぜったい退屈』 - バーソ・ブックスで2021年4月に英訳
    • 『エッセイ集1 恋愛嘘ごっこ』
    • 『エッセイ集2 ギンギン』
  • 『鈴木いづみプレミアム・コレクション』文遊社 2006
  • 『契約 鈴木いづみSF全集』文遊社 2014

映像作品[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 新撰 芸能人物事典 明治~平成『鈴木 いづみ』 - コトバンク
  2. ^ a b c 松岡正剛の千夜千冊” (日本語). 1000ya.isis.ne.jp. 2021年10月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 英語でよみがえる異色の女優・作家、鈴木いづみ伝説”. Newsweek. 2021年10月11日閲覧。
  4. ^ 眉村卓「解説」『女と女の世の中』ハヤカワ文庫、1978年、pp.281-282

外部リンク[編集]