山本善次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまもと ぜんじろう
山本 善次郎
別名義 戸田 早苗 (とださ なえ)
山本 早苗 (やまもと さなえ)
生年月日 (1898-02-06) 1898年2月6日
没年月日 (1981-02-08) 1981年2月8日(83歳没)
出生地 日本の旗 日本 千葉県
死没地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督映画プロデューサー作画監督撮影監督実業家
ジャンル アニメーション映画
活動期間 1917年 - 1968年
主な作品
教育線画 姨捨山』(監督)
白蛇伝』(企画)

山本 善次郎(やまもと ぜんじろう、1898年2月6日 - 1981年2月8日)は、日本の映画監督映画プロデューサー作画監督撮影監督アニメーション作家英語版であり、実業家である[1][2][3]戸田 早苗(とださ なえ)、山本 早苗(やまもと さなえ)とも[1][2][3]

人物・来歴[編集]

1898年(明治31年)2月6日千葉県農家に生まれる[3]東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)の呉服屋に丁稚奉公に出されるも、画業への希望を捨てられず新聞配達をしながら川端画学校に学ぶ[3]

1917年(大正6年)に日活向島撮影所で日本初のアニメーション製作を始めた北山清太郎に師事する[3][4]。1921年(大正10年)に北山清太郎が設立した北山映画製作所に参加、1924年(大正13年)には同社製作の『教育お伽漫画 兎と亀』を作画・演出する[1]。1925年(大正14年)には、独立して「山本漫画映画製作所」(東京漫画倶楽部)を設立、第1作『教育線画 姨捨山』を製作する[1][3]

1945年(昭和20年)9月10日、山本は連合国軍最高司令官総司令部に赴き、ロバート・キング・ホール・ジュニアに会い、アニメーションのサンプルを見せて製作への援助を申し出た。武蔵野音楽学校(現在の武蔵野音楽大学)に設置された仮スタジオに案内し、承諾を得、同年10月、株式会社新日本動画社を設立、山本は社長に就任する[3]古沢日出夫政岡憲三村田安司らがこれに参加する[3][5]。翌11月には村田が主導して経理畑の人間がトップに就任、日本漫画映画と社名を変更、山本は企画部長となる[3]。同社は、政岡監督、山本製作による『』を完成するが公開は果たせず、1947年(昭和22年)8月、政岡とともに同社を退社する[3]

退社とともに、政岡憲三らと日本動画株式会社を設立、新宿区原町成城中学校・高等学校の空き校舎をスタジオとし、山本は社長に就任する[6]。撮影技師にのちに監督になる藪下泰司、倒産した日本漫画映画から合流した大工原章、古沢日出夫、福井英一、そして木村角山京都映画社から熊川正雄が参加した[6]。第1作は『すて猫トラちゃん』、東宝教育映画部が配給し、同年9月に公開される[6]。同社の正式な設立は1948年(昭和23年)1月23日である。

アニメーション業界環境は厳しく、1950年(昭和25年)に同社は全スタッフの一時解雇を余儀なくされ、山本はこれを決意、政岡はこれをもって引退した[6]。1952年(昭和27年)8月、同社は、東宝図解映画(前身はゼーオー・スタヂオ漫画部およびピー・シー・エル映画製作所漫画部)を吸収合併し「日動映画株式会社」と商号を変更する[7]。その後、東映が同社を買収、1956年(昭和31年)7月に日動映画株式会社から東映動画株式会社(現在の東映アニメーション)へ商号変更、山本は東映動画の取締役になった[7]

1964年(昭和39年)、東映動画を退社、山本アニメーション研究所、のちのチルドレンズ・コーナーを設立、東映動画の下請け製作を行った[8]。1966年(昭和41年)には、スタジオ・ゼロと共同で毎日放送から、テレビアニメおそ松くん』を受注製作する[8][9]。1967年(昭和42年)3月19日、同作の放映が終了、同月19日には『たぬきさん大当り』が公開されたのを最後に、チルドレンズ・コーナーを引退する[8]

1981年(昭和56年)2月8日、死去した。満83歳没。

フィルモグラフィ[編集]

1920年代
1930年代
1940年代
1950年代
1960年代

ビブリオグラフィ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 戸田早苗日本映画データベース、2012年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 日本アニメーション映画史東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年6月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 山本早苗の奮闘記熊川正雄公式ウェブサイト、2012年6月7日閲覧。
  4. ^ 北山清太郎、日本映画データベース、2012年6月7日閲覧。
  5. ^ 動画工房の創立者 古沢日出夫動画工房、2012年6月7日閲覧。
  6. ^ a b c d 成城高校時代、熊川正雄公式ウェブサイト、2012年6月7日閲覧。
  7. ^ a b 東映アニメ時代、熊川正雄公式ウェブサイト、2012年6月7日閲覧。
  8. ^ a b c チルドレンズ・コーナー、熊川正雄公式ウェブサイト、2012年6月7日閲覧。
  9. ^ おそ松くんテレビドラマデータベース、2012年6月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『漫画映画と共に 故山本早苗氏自筆自伝より』、山本早苗、宮本一子、1982年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]