懐しきlove-song

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
懐しきlove-song
坂本九シングル
B面 心の瞳
リリース
規格 シングルレコード (EP)
ジャンル 歌謡曲
レーベル ファンハウス
坂本九 シングル 年表
ぶっちぎりNO文句
(1983年)
懐しきlove-song
(1985年)
見上げてごらん夜の星を
(1985年)
テンプレートを表示

懐しきlove-song」(なつかしきラブソング)は、1985年5月22日に発売された坂本九シングルレコードである。

概要[編集]

  • 東芝EMIからファンハウスへ移籍した第1弾の作品として発売されたが、坂本九が日本航空123便墜落事故で逝去したことに伴い同社から発売された唯一の作品で生前発売した最後のシングルとなった。これ以降のアルバムなどは古巣のEMIから発売されているが、マスターテープBMG JAPAN(2009年にソニー・ミュージックダイレクトが承継)が保有しており、EMIミュージック・ジャパン発売のアルバムに収録される場合は同社から借り受ける形となる。
  • 1985年6月8日、A面曲「懐しきlove-song」により第6回NHK古賀政男記念音楽大賞」入賞。なお、この曲は事故当日の8月12日に当時のNHK505スタジオで収録され、坂本の生前最後の仕事となったNHK-FM放送での公開録音で最後に披露された曲である。つまり、この曲は(オンエアされなかった「明日があるさ」を除き)坂本九の生前最後の歌声として放送された曲である。この番組は同年9月1日に「秋一番 坂本九」として放送された。
  • 坂本が死んでしまった只中、B面曲「心の瞳」は合唱曲として編曲された。坂本の葬儀では長女・大島花子がピアノで「心の瞳」を演奏して父を天国に送り出した[1]

収録曲[編集]

  1. 懐しきlove-song 
  2. 心の瞳 
    • 作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし 編曲:川口真

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]