アワモリ君売出す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アワモリ君売出す
監督 古澤憲吾
脚本 新井一
原作 秋好馨
製作 山本紫朗
出演者 坂本九
有島一郎
ジェリー藤尾
森山加代子
ダニー飯田とパラダイス・キング
音楽 神津善行
撮影 逢沢譲
配給 東宝
公開 日本の旗 1961年7月30日
上映時間 73分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 アワモリ君乾杯!
テンプレートを表示

アワモリ君売出す』(アワモリくんうりだす)は、1961年7月30日東宝系で公開された日本映画である。モノクロ。東宝スコープ。73分。

キャッチコピーは「ただ突進! ニキビが親父に恋の手ほどき 申訳ない!」。

概要[編集]

週刊読売」に連載している秋好馨の漫画『アワモリ君』を原作とし、当時売り出し中の歌手・坂本九を主演にした映画。しかし同じ漫画原作の映画である『サザエさん』シリーズや『おトラさん』シリーズと違い、坂本はアワモリと同じ髪型等をしていないため、坂本を売り出すために漫画を流用したものと思われる。坂本と同じマナセプロダクション所属のジェリー藤尾森山加代子ダニー飯田とパラダイス・キングが脇を固める。

監督はデビュー3年目の古澤憲吾で、まだこの時期はサラリーマン喜劇やアクション映画といった、様々なジャンルの映画を撮っていたが、本作で娯楽映画専門監督の方向性が決められる。そして後にクレージー映画で恒例となる「突然ミュージカル場面」が、本作より荒削りながら挿入されており、坂本・ジェリー・森山などのキャラがいきなり歌うシーンが登場している。また劇中では、当時の坂本のギャグ「申し訳無いッ!」が様々な場面で使われている。

地上波では再放送に恵まれなかったが、2000年代に入ってからは、CS放送V☆パラダイス(時期不明)やチャンネルNECO(2006年4月)で全作品放送され、その内容が知られる様となった。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

同時上映[編集]

モスラ

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]