若者たち (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若者たち
ザ・ブロードサイド・フォーシングル
B面 青い鳥が泣いている
リリース
規格 17インチシングル盤レコード
ジャンル フォークソング
時間
レーベル フィリップス・レコード/
日本ビクター
(現:クロニクル・レコード)
作詞・作曲 作詞:藤田敏雄
作曲:佐藤勝
ザ・ブロードサイド・フォー シングル 年表
若者たち
(1966年)
星に祈りを
(夜空の星)
(1966年)
テンプレートを表示

若者たち」(わかものたち)は、ザ・ブロードサイド・フォー1966年に発表したシングル盤レコードである。

解説[編集]

本曲は、1966年にフジテレビ俳優座の制作により放送されたテレビドラマ若者たち』の主題歌として制作され、発売された曲である。発売当初の題名は「若者たち -空にまた陽が昇るとき」と、副題が付されていた。30万枚を売り上げるヒットとなった[1][2]

後に『若者たち』が三部作で映画化(『若者たち』、『若者は行く -続若者たち-』、『若者の旗』)された際にも、同曲が主題歌として使用されている。

1970年代になって小学校中学校向け音楽教科書やソングブックなどに掲載され、学校音楽教育で学ぶポピュラーソングとして定着した。

1989年公開の本木雅弘主演映画『ファンシイダンス』では劇中において本木により歌唱されるなどして用いられている。

2014年に、フジテレビによるリメイクドラマ『若者たち2014』の主題歌として、森山直太朗がカバーし[3]、第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でドラマソング賞総合3位に入賞する[4]など、再度本楽曲が話題となり、これを機に更にカバーが増えていった。

収録曲[編集]

  1. 若者たち-空にまた陽が昇るとき
    作詞:藤田敏雄/作曲・編曲:佐藤勝
  2. 青い鳥が泣いている
    作詞・作曲・編曲:横田実[5]

カバー[編集]

坂本九のカバー[編集]

若者たち
坂本九シングル
B面 想い出の砂浜
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 藤田敏雄(作詞)
佐藤勝(作曲)
坂本九 シングル 年表
太陽はさんさん
(1968年)
若者たち
(1968年)
コングラチュレーションズ
(1968年)
テンプレートを表示
WHY(若者たち)
坂本九シングル
初出アルバム『ターニング・ポイント
B面 ELIMO(襟裳岬)
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 藤田敏雄(作詞)
佐藤勝(作曲)
坂本九 シングル 年表
泣きたくなったら空を見よう
(1975年)
WHY(若者たち)
(1975年)
うちのお父さん
(1976年)
テンプレートを表示

1968年6月、坂本九によるカバーバージョンがシングルとして発売。テレビ映画『若者たち』の主題歌に起用された。

アルバム『ターニング・ポイント』からのシングルカットとして、1975年12月には「WHY(若者たち)」のタイトルで発売。また、B面の「ELIMO(襟裳岬)」は森進一の「襟裳岬」のカバーである、ともに、くわじまひろしの英訳による英語詞でのカバーで、クリフ・ロバートソンがソフトロックにアレンジしている。

後述の森山直太朗の2014年のカバーによって話題になったことにより、坂本による1968年盤は同年8月にユニバーサル ミュージック ジャパンより初のデジタル配信が行われた[6]

収録曲[編集]

1968年盤
  1. 若者たち
    作詞:藤田敏雄/作曲:佐藤勝/編曲:前田憲男
  2. 想い出の砂浜
    作詞・作曲:坂本九/編曲:前田憲男
1975年盤
  1. WHY(若者たち)
    作詞:藤田敏雄/英語詩:くわじまひろし
    作曲:佐藤勝/編曲:クリフ・ロバートソン
  2. ELIMO(襟裳岬)
    作詞:岡本おさみ/英語詩:くわじまひろし
    作曲:吉田拓郎/編曲:クリフ・ロバートソン

森田健作のカバー[編集]

若者たち
森田健作シングル
B面 明日は希望の風が吹く
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル RCA
作詞・作曲 藤田敏雄(作詞)
佐藤勝(作曲)
チャート最高順位
森田健作 シングル 年表
涙によろしく
(1972年)
若者たち
(1972年)
青春に悔はないか
(1973年)
テンプレートを表示

1972年10月、森田健作によるカバーバージョンがシングルとして発売。テレビドラマ『あしたに駈けろ!』(フジテレビ)の挿入歌に起用された。

森田健作盤では、原曲にない台詞が新規挿入されている。

収録曲[編集]

  1. 若者たち(2分48秒)
    作詞:藤田敏雄/作曲:佐藤勝/編曲:竹村次郎
  2. 明日は希望の風が吹く(2分44秒)
    作詞:阿久悠/作曲・編曲:鈴木邦彦

森山直太朗のカバー[編集]

若者たち
森山直太朗シングル
初出アルバム『黄金の心
B面 どのみち
リリース
規格 CD
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
レーベル EMI RECORDS
作詞・作曲 藤田敏雄(作詞)
佐藤勝(作曲)
プロデュース 御徒町凧
チャート最高順位
森山直太朗 シングル 年表
日々
(2013年)
若者たち
(2014年)
生きる(って言い切る)
(2015年)
テンプレートを表示

2014年8月に、ユニバーサルミュージックより森山直太朗によるカバーバージョンがシングルとして発売。20枚目のシングル[7][8]

フジテレビジョン開局55周年記念ドラマ「若者たち2014」主題歌[3][9]。ドラマ主題歌として森山の盟友である高田漣がアレンジを手掛けた。第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で本楽曲がドラマソング賞3位に入賞した[4]

収録曲[編集]

  1. 若者たち
    作詞:藤田敏雄/作曲:佐藤勝/編曲:高田漣
  2. どのみち
    作詞・作曲:森山直太朗、御徒町凧/編曲:高田漣
  3. 若者たち -Instrumental-
  4. どのみち -Instrumental-
  5. 若者たち -劇中Humming version-

その他のカバー[編集]

2014年9月3日には日本コロムビアより『「若者たち」コンピ・ベスト』が配信限定でリリースされた。杉並児童合唱団、関西学院大グリークラブ、ダ・カーポ、ロイヤル・ナイツ、日本合唱協会、合唱団アンフィニ、鮫島有美子/多田羅迪夫、スクール・メイツによるカバーを収録[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『武蔵大学公開講座 ライフスタイル考現学』御茶の水書房、2001年、16頁。ISBN 4-275-01883-4
  2. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年。ISBN 978-4-636-82548-0
  3. ^ a b 現代版「若者たち」主題歌に森山直太朗、新たなアレンジも サンケイスポーツ 2014年3月10日閲覧
  4. ^ a b 受賞関連出典。「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、KADOKAWA、 6-10頁。
  5. ^ ザ・ブロード・サイド・フォーでウッドベースを演奏していた人物である。
  6. ^ 坂本九「若者たち」が初配信開始!ハイレゾ配信もスタート!”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN (2014年8月14日). 2021年12月27日閲覧。
  7. ^ 森山直太朗/若者たち” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 2021年11月22日閲覧。
  8. ^ 森山直太朗/若者たち”. tower.jp. 2021年11月22日閲覧。
  9. ^ 若者たち2014” (日本語). フジテレビ. 2021年11月22日閲覧。
  10. ^ “けみお、ヒャダインアレンジの「若者たち」配信決定”. BARKS. (2014年9月22日). https://www.barks.jp/news/?id=1000107996 2021年12月27日閲覧。 
  11. ^ 「若者たち」コンピ・ベスト | 商品情報”. 日本コロムビアオフィシャルサイト. 2021年12月27日閲覧。