若者たち (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
若者たち
ザ・ブロードサイド・フォーシングル
B面 青い鳥が泣いている
リリース
規格 17インチシングル盤レコード
ジャンル フォークソング
時間
レーベル フィリップス・レコード/
日本ビクター
作詞・作曲 作詞:藤田敏雄
作曲:佐藤勝
ザ・ブロードサイド・フォー シングル 年表
若者たち
(1966年)
星に祈りを
(夜空の星)
(1966年)
テンプレートを表示

若者たち」(わかものたち)は、ザ・ブロードサイド・フォー1966年に発表したシングル盤レコードである。

解説[編集]

本曲は、1966年にフジテレビ俳優座の制作により放送されたテレビドラマ若者たち』の主題歌として制作され、発売された曲である。発売当初の題名は「若者たち -空にまた陽が昇るとき」と、副題が付されていた。30万枚を売り上げるヒットとなった[1]

後に『若者たち』が三部作で映画化(『若者たち』、『若者は行く -続若者たち-』、『若者の旗』)された際にも、同曲が主題歌として使用されている。

1970年代になって小学校中学校向け音楽教科書やソングブックなどに掲載され、学校音楽教育で学ぶポピュラーソングとして定着した。

2014年にフジテレビが新たに制作した前述のテレビドラマのリメイク作『若者たち2014』でも主題歌として使用され、2014年版では森山直太朗が歌唱している[2]。この森山版は第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でドラマソング賞総合3位に入賞した[3]

収録曲[編集]

  1. 若者たち -空にまた陽が昇るとき(FS-1001)
  2. 青い鳥が泣いている

カヴァーした歌手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『武蔵大学公開講座 ライフスタイル考現学』御茶の水書房、2001年、16頁。ISBN 4-275-01883-4
  2. ^ 現代版「若者たち」主題歌に森山直太朗、新たなアレンジも サンケイスポーツ 2014年3月10日閲覧
  3. ^ 受賞関連出典。「発表! 第82回ドラマアカデミー賞」、『ザテレビジョン関西版』第20巻46号(2014年11月21日号)、KADOKAWA、 6-10頁。
  4. ^ ザ・ブロード・サイド・フォーでウッドベースを演奏していた人物である。
  5. ^ 森田健作盤では、原曲にない台詞が新規挿入されている。