新たなる香辛料を求めて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新たなる香辛料を求めて
森山直太朗スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルJ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年6月度月間1位(オリコン)
  • 2004年度年間30位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • 森山直太朗 年表
    いくつもの川を越えて生まれた言葉たち
    2003年
    新たなる香辛料を求めて
    (2004年)
    傑作撰 2001〜2005
    2005年
    『新たなる香辛料を求めて』収録のシングル
    1. 太陽/声
      リリース: 2004年1月10日
    2. 生きとし生ける物へ
      リリース: 2004年3月17日
    3. 今が人生〜飛翔編〜
      リリース: 2004年8月4日
    テンプレートを表示

    新たなる香辛料を求めて』(あらたなるこうしんりょうをもとめて)は、森山直太朗の3枚目のアルバム。フルアルバムとしては自身初である。2004年5月26日発売。発売元はユニバーサルミュージック

    概要[編集]

    それまでは「コアアルバム」として、6曲程度のアルバムを出してきた直太朗にとって初めてのフルアルバム。

    曲目の中には、最大のヒット曲「さくら」は選ばれていないものの、フジテレビ月9ドラマ愛し君へ』で使用された主題歌「生きとし生ける物へ」や同名の挿入歌「愛し君へ」、また、映画『半落ち』の主題歌となった「」といったタイアップ曲が収録されている。ドラマの人気も相まってオリコン1位を獲得した。また、後にこのアルバムの楽曲「今が人生」がシングルカットされた。

    収録曲[編集]

    1. 太陽〜邂逅編〜
      • 4thシングル「太陽/声」収録曲のアルバムバージョン。新たにミックスをし直し(和太鼓の音や「よ〜っ」という掛け声がなくなっている)、その上からボーカルを新たに録り直している。このことについて、ツアーを通してこの曲のイメージが固まり、一言で言うと前よりも硬派になったと言っている。
    2. 紫陽花と雨の狂想曲
    3. 愛し君へ
      フジテレビ月9ドラマ『愛し君へ』挿入歌。元々はオールナイトニッポン時代にリスナーからの投稿を受けて製作された楽曲で、当時のものは現在のものと若干歌詞が異なっており、このバージョンで「偽り」となっている部分が「幻」となっていた。クイズ!ヘキサゴンII出演者によるコンサートではつるの剛士にカバーされ、『つるのうた』に収録されている。
    4. 旅立ちの朝 〜アルバムバージョン〜
      5thシングル「生きとし生ける物へ」のカップリング。シングルに収録されているものとミックスが異なる。
    5. 青春のメモワール
      ボクサー(実在するモデルがいるかは不明)の半生を歌ったドラマティックな物語になっている。
    6. 例えば友よ
    7. 4thシングル「太陽/声」収録曲。映画『半落ち』主題歌。その後第一生命のCMでも採用される。
    8. 生きとし生ける物へ 〜アルバム・エディット〜
      フジテレビ月9ドラマ『愛し君へ』主題歌。5thシングル「生きとし生ける物へ」のアルバムバージョン。シングルに収録されているものはイントロが男性コーラスによるサビの合唱だが、このバージョンはその部分がカットされて、突然Aメロから始まる。
    9. 革命前夜、ブラックジャックに興じる勇者たち
      このアルバムの中で唯一楽曲ではなく、オルゴールをBGMにした詩の朗読である。
    10. 今が人生
      後に「今が人生〜飛翔編〜」としてシングルカットされる。
    11. なんにもないへや
      アルバムのラストを飾るナンバー。他の収録曲と音の聴こえ方が異なるのは、部屋の空気感を表現するためにマイクを6本使用してレコーディングしたためである。