草野浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

草野 浩二(くさの こうじ、1937年11月20日 - )は、日本の音楽ディレクター、プロデューサー。

人物[編集]

東京府出身。暁星学園から早稲田大学第一商学部卒業(1960年)、同年4月東京芝浦電気レコード事業部(後の東芝音楽工業〜東芝EMI〜EMIミュージック・ジャパン)入社。

1960年入社と同時に制作部ディレクターとなり、坂本九の「悲しき六十才」が初仕事で初ヒット。以来60年代初期はカバーポップスの全盛時代を作り、70年代邦楽ポップスの黄金時代を築いた。中でも坂本九の「上を向いて歩こう」は全世界で大ヒット、ビルボード誌、キャシュボックス誌で全米第1位を獲得している。

東芝EMI退社後はファンハウスを経て、現在はフリーのプロデューサーとして活躍中。コンピレーション・アルバムの監修やコンサートのプロデュース、新人育成などに従事するほか、2008年からは日本レコード大賞の審査員も務めている。

2009年7月に設立された「岩谷時子 音楽文化振興財団」の理事に就任し、2010年4月に発表された「第1回 岩谷時子賞」及び、2011年7月の「第2回 岩谷時子賞」以降毎回、共に作・編曲家の川口真、都倉俊一と共に審査員を務めている。

育成したアーティスト[編集]