安西マリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あんざい まりあ
安西 マリア
本名 柴崎 麻利子[1]
生年月日 1953年12月16日
没年月日 2014年3月15日(満60歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 A
ジャンル 歌手、タレント
活動期間 1973年 - 1978年[2]
2000年頃 - 2014年[3]
主な作品

ドラマ
大江戸捜査網
受賞
第15回日本レコード大賞新人賞受賞[4][2]
備考
身長158cm B85、W57、H85[4]

安西 マリア(あんざい マリア、1953年12月16日 - 2014年3月15日[5][6][7])は、日本歌手女優東京都出身。本名、柴崎 麻利子。身長158cm、B85、W57、H85。血液型A型。趣味は映画鑑賞、ゴルフネイルアート、特技は英語。死亡時点での所属事務所は10-POINTだった。

来歴・人物[編集]

ドイツ人とのクォーター(祖父がドイツ人)[3]。都内の高校を卒業後、銀座クラブ「徳大寺」で働いているところをスカウトされる。

1973年、“チョコレート・マリア”のキャッチフレーズ[2]、『涙の太陽』(エミー・ジャクソンのカバー曲)で歌手デビュー[2]。レコードを50万枚以上を売り上げるヒット曲になった[2]。昭和48年度・第15回日本レコード大賞新人賞受賞[2]。その年の新人賞は他に桜田淳子あべ静江アグネスチャン浅田美代子。デビュー当時は、映画『仁義なき戦い』の登場人物のモデルにもなった竹野博士が社長を務める芸能事務所に所属していた。

テレビ、映画などで活躍し人気を得るが、1978年、事務所とのトラブルが発生し裁判沙汰になり[2]、同年引退[2]。ハワイへ移住した[2]。1983年にデビュー当時のマネージャーと結婚[2]。一男をもうけるが、後に離婚[2]。2000年頃に芸能界に復帰[3]。ジュエリーの発表や、ライヴショーなどの活動を行っていた。2013年にテレビ番組で、うつ病を発症していたことを告白した[3]

2014年3月8日午後に所属事務所より、詳細な病状がFAXで報道各社に報告された[8]。2月20日に自宅で異常を訴えて救急搬送され、搬送直後に急性心筋梗塞と診断された[8]。3月8日の所属事務所からのFAXの時点で自力呼吸は出来る状態であるとされていた[8]。3月8日午前のスポーツニッポンの報道で、約1時間にわたって心臓が停止。蘇生したが脳死状態に移行したことが報じられた[3]。3月15日夜に都内の病院で急性心筋梗塞で死去した[6]。死亡の事実は翌16日に所属事務所より発表された[5][6]。60歳没。

歌手[編集]

シングル[編集]

  1. 涙の太陽 (作詞:湯川れい子 作曲:中島安敏 編曲:川口真) (1973年7月5日、東芝音楽工業
    (c/w) 砂に消えた涙 
  2. 愛のビーナス (作詞:千家和也 作曲:鈴木邦彦) (1973年9月20日、東芝EMI)
    (c/w) 泪にかえて
  3. 針のくちづけ (作詞:千家和也 作曲:鈴木邦彦 編曲:鈴木邦彦) (1974年1月20日、東芝EMI)
    (c/w) 誘惑の年頃
  4. 早いもの勝 (作詞:千家和也 作曲:鈴木邦彦 編曲:鈴木邦彦) (1974年5月5日、東芝EMI)
    (c/w) ためらう年頃
  5. 恋の爆弾 (作詞:安井かずみ 作曲:かまやつひろし 編曲:柳田ヒロ) (1974年9月5日、東芝EMI)
    (c/w) エンドマーク
  6. あなたに敗けそう (作詞:なかにし礼 作曲:井上忠夫 編曲:川口真) (1975年3月20日、東芝EMI)
    (c/w) 遠い愛情
  7. 涙のジャニーギター (作詞:なかにし礼 作曲:V.Young-P.Lee 編曲:川口真) (1975年7月20日、東芝EMI)
    (c/w) モナリザ
  8. サヨナラ・ハーバーライト (作詞:橋本淳 作曲:響わたる 編曲:あかのたちお) (1976年8月1日、ビクター音楽産業
    (c/w) 海辺の誘惑
  9. センチメンタル・グループ・サウンズ (作詞:橋本淳 作曲:響わたる 編曲:馬飼野康二) (1976年12月1日、ビクター音楽産業)
    (c/w) やけっぱちロック
  10. 南十字星 (作詞:中山大三郎 作曲:中山大三郎 編曲:高田弘) (1977年7月1日、ビクター音楽産業)
    (c/w) 想い出のサンセット
  11. 恋のスウィング (作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:水谷公生) (1978年2月1日、ビクター音楽産業)
    (c/w) アイ・ウォント・アイ・ニード・アイ・ラブ・ユー
  12. ひと足お先に (1978年、ビクター音楽産業)
  13. 夏はケ・セラ・セラ (2006年7月、ベルグ)

 

アルバム[編集]

  • マリア登場 / 涙の太陽(1973年8月5日、東芝音楽工業)
  • 早いもの勝 (1974年、東芝EMI)
  • 涙のジャーニー・ギター (1975年、東芝EMI)
  • マリア・グラフィティ (1977年、ビクター音楽産業)

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ビデオ・DVD[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]