尋問

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尋問、又は、訊問(じんもん、: Examination)とは、問い尋ねることであり、特に訴訟法裁判法の分野で、裁判官裁判所、或いは、原告被告、その訴訟代理人弁護士など)、検察官被告人、その弁護人など、訴訟当事者により、証人などに対して行われる手続きを言う。

尋問の結果として得られる供述証拠を、「証言」と言う。

尋問および証言は、証人による宣誓の上で行われ、個別の法律が定める証言拒絶権の事由に該当する場合、或いは、犯罪自白に該当する場合を除き(自己負罪拒否特権)、拒めない。

尋問は、裁判官裁判所によって行われるものを除き、訴訟の両当事者による交互尋問英語版ドイツ語版で行われ、その証人を申請した側による主尋問英語版(直接尋問とも)、相手側による反対尋問英語版が、交互に行われる。

慣用[編集]

転じて捜査の過程において検察官、或いは、警察官など司法警察職員、その他による取り調べ職務質問(かつて「不審尋問」と称した)、事情聴取などについても、慣用的に「尋問」と呼ぶことがある。

誘導尋問[編集]

質問者が自分にとって都合の良い答えが出るよう、答えを誘導することを、慣用的に「誘導尋問」と言い、英語だとLeading question(直訳すると『誘導質問』)」英語版と言う。

証人喚問[編集]

証人喚問の「喚問」とは、「召喚」+「尋問」の意であり、議会制における国政調査権の一環として、尋問が国会議員地方議員など議員によって行われる。

関連項目[編集]