安藤昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あんどう のぼる
安藤 昇
本名 安藤 昇
生年月日 1926年5月24日
没年月日 2015年12月16日(満89歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1965年 - 2015年

安藤 昇(あんどう のぼる、1926年大正15年)5月24日 - 2015年平成27年)12月16日)は、日本の元ヤクザ俳優小説家歌手プロデューサー東京府東京市豊多摩郡(のちに淀橋区)東大久保天神下[1](現 東京都新宿区新宿6丁目)出身。

来歴[編集]

15歳で感化院に、18歳で多摩少年院に収監されるなど、荒れた少年時代を送った。予科練の試験に合格し恩赦で少年院を退院、三重海軍航空隊に入隊後海軍飛行予科練習生へ配属。1945年(昭和20年)6月、神奈川県久里浜の伏龍特攻隊に志願し配属が叶い生死を伴う苛酷な訓練を受けるも、2ヶ月後に終戦となり、除隊。1946年(昭和21年)、法政大学予科[2]に入学するが、翌1947年(昭和22年)退学し、仲間達と共に愚連隊(不良青少年グループ)を作った。

1952年(昭和27年)、サンドイッチマンを手配していた東京宣伝社を発展解消し、渋谷東興業を設立。当初は不動産や各種興行など真っ当な仕事を扱っていた(銀座洋品店も開いている)が、やがて賭博の開帳なども仕切り始め、会社は次第に暴力団の様相を呈してくるようになった。これが世に言う「安藤組」の始まりであった。

安藤組は、従来の暴力団とは異なるファッショナブルなスタイル(背広の着用を推奨し、刺青指詰めを厳禁した等)で、当時の若者の絶大な支持を集めた。最盛期には500人以上の構成員が在籍し、中には大学生高校生の姿も珍しくなかったという。安藤自身いわく、早大慶大の学生も多くいたという。安藤組の幹部には、後年 安藤組の回顧録『修羅場の人間学』(1993年には映画化もされた)を執筆した森田雅や、本田靖春の小説『疵・花形敬とその時代』の主人公として知られる花形敬らがいる。また作家の安部譲二が、中学生の頃から末端組員として安藤組に出入りしていたことが知られている。

1958年(昭和33年)、横井英樹債務取立てのトラブル処理を請け負うが、その話し合いの席上での横井の態度に激怒した安藤は、組員に横井襲撃を命じる(横井英樹襲撃事件)。35日間の逃亡生活の末殺人未遂罪逮捕され、1961年(昭和36年)前橋刑務所に収監。リーダーを失った安藤組は、警察頂上作戦で幹部が逮捕されるなどあって規模縮小を余儀なくされ、そして3年後の1964年(昭和39年)、出所した安藤の意思で組は解散となった。一部残党は解散後もしばらく東興業(安藤組)を名乗って活動していた。

1965年(昭和40年)、自らの自叙伝を映画化した『血と掟』(松竹配給)に主演し映画俳優へ転向。この作品がヒットを記録し、松竹と契約金2千万円、1本当たりの出演料が看板女優である岩下志麻を凌ぐ500万円で専属契約を結んだ[3]。松竹の子会社であるCAGに所属[4]という形で、11本の映画(但し、2本は確認されていない)に出演。その後、1967年(昭和42年)に東映に移籍した。この移籍は本来なら五社協定違反であったが、映画界の慣習を知らない安藤が松竹に「(五社協定なんて)知らない」と言うと、それで通ってしまった[5]

長身ではないが、端整な顔立ちに曰くありげな左頬の傷跡、有名暴力団の元組長という類い希な経歴から、数々のヤクザ映画に出演し、人気を博した。松竹日活東映各社で多くの主演作を持つ。自ら主題歌も歌い、レコードも数枚リリースしているが、歌手としての評価は低く、話題にもならなかった。俳優となった後も暴力団関係者との交流は続いており、友人がある一家の跡目を襲名した際には、その記念に開かれた賭場に顔を出し、後日警察に逮捕されている(安藤の話によると、この時警察で著書へのサインを頼まれたという)。

1979年(昭和54年)、東映映画『総長の首』出演を最後に俳優を休業。これ以降はごく希にVシネマに客演する程度で、Vシネマのプロデュースや文筆活動に勤しんでいた。

2015年(平成27年)12月16日、肺炎で死去[6][7]。89歳没[6][7]

2016年(平成28年)2月28日、発起人である佐藤純彌降旗康男中島貞夫梅宮辰夫村上弘明、吉田達、三田佳子岩城滉一堀田眞三梶間俊一により「安藤昇 お別れの会」が東京・青山葬儀所で行われ、映画関係者やファンら含め約700人が参列し、「新宿無常」「旅傘道中」「惜別の唄」など安藤昇の歌をBGMに進行された[8][9][10][11][12][13]。黙祷が捧げられた後、実行委員長の海老澤信が挨拶し[14]、中島貞夫と堀田眞三が弔辞を述べ[15][16]、梅宮辰夫が献酒を務めた[17]。梅宮辰夫は取材を受けるとみられていたが、焼香後、体調不良[18][19]により会場を後にした[20][21][13]北島三郎、村上弘明、岩城滉一は囲み取材を受け安藤昇との思い出をコメントした[22][11][23][12]

エピソード[編集]

愚連隊となった当初は新宿で勢力を拡大しようとしていたが、敗戦直後の新宿は古豪と新興勢力とがひしめきあう激戦区であったため、やがて渋谷へ転進。当時の渋谷は、渋谷駅世田谷方面からのターミナル駅として利用する学生が集まる、いわば「子供の町」であった。そのためか、1950年代半ばまでは警察も飲食店での揉め事に関知しない「無警察地帯」であったとされ、そこに目をつけたものと思われる。

トレードマークとして知られる左頬の傷は、1949年(昭和24年)春の夕暮れどき台湾人の蔡という人物に銀座・並木通りとみゆき通りの交差点付近で言い掛かりを付けられ喧嘩になりかかった際に「待ってくれ!上着を脱ぐから」と云うので律儀に待っていたところ、咄嗟に上着に隠してあった短刀(長匕首)で切り付けられた時のものである[24][25]

映画『網走番外地 吹雪の斗争』に出演した際、監督・石井輝男に無断で撮影現場を離れて帰ったことがある[26]。石井は含むところもなく、安藤とこれ以降の映画でも仕事をしている。

俳優として出演していたのは専ら映画だったが、1970年(昭和45年)にはテレビ時代劇新・三匹の侍』にも主演している。監督を務めた五社英雄とは互いに義兄弟と認めた間柄であり、五社自ら自分の映画への出演を安藤に打診していたが、1974年(昭和49年)、東映配給の映画『暴力街』において安藤は江川紘一役で主役を務めた。

唐十郎監督映画『仁侠外伝 玄界灘』撮影中に本物の拳銃を使い、監督とともに小田原署に逮捕される。安藤によればこれは宣伝のためで、捕まることが前提であったという。撮影現場には新聞記者も呼んでいた[27]

俳優として人気も実力もあったが、あまり出演しなくなった事には理由がある。撮影中のカメラリハーサルで拳銃を撃つシーンがあり、この時「バン!バン!」と銃を撃つ声を自ら出さなければならなかった。それをたまたま知り合いに見られてしまい、さすがの安藤も恥ずかしい思いをした事がきっかけと言われている。

安藤本人と安藤組には数々の逸話武勇伝があり、現在でもたびたび小説やVシネマの題材として取り上げられている。

本記事では便宜上ヤクザとして扱ったが、安藤には博徒的屋と認められる組織の所属歴がないため、安藤ならびに安藤組は法的には愚連隊(青少年不良団)と称するのが正しく、警察関係の資料でもそう扱われている。ちなみに警視庁に保管されている安藤組の構成員名簿では、五十音順で整理されている関係で、安部譲二(本名・安部直也)の名前が安藤に続いて2番目に位置している。

野球評論家関根潤三や元西武ライオンズ監督の根本陸夫は大学の同級生であり渋谷でつるんでいた事もあったという。

家相の研究家でもあり、本も出版している。

主な出演[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 疵 血の黙示録(1998年)
  • 疵 血の黙示録2(1998年)
  • 疵 血の黙示録3(1998年)
  • 疵 血の黙示録4(1998年)
  • 疵 血の鎮魂歌5(2001年)

テレビドラマ[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • 激動 血ぬられた半生 (1968年12月20日、双葉社
    • 激動―血ぬられた半生 (双葉文庫) (1998年10月、双葉社 ISBN 9784575506600) 文庫化
  • 安藤昇極道一代 やくざと抗争〈餓狼篇〉 (1972年1月、徳間書店) 全3巻
  • 安藤昇極道一代 やくざと抗争〈疾風篇〉 (1972年6月、徳間書店)
  • 安藤昇極道一代 やくざと抗争〈完結篇〉 (1972年10月、徳間書店)
    • 安藤昇極道一代 やくざと抗争①〈餓狼篇〉(1985年、徳間書店、トクマドキュメントシリーズ) 全3巻
    • 安藤昇極道一代 やくざと抗争②〈疾風篇〉(1985年、徳間書店、トクマドキュメントシリーズ)
    • 安藤昇極道一代 やくざと抗争③〈完結篇〉(1985年、徳間書店、トクマドキュメントシリーズ)
      • やくざと抗争〈上〉 (徳間文庫) (1993年11月、徳間書店 ISBN 9784198900182) 文庫化 全2巻
      • やくざと抗争〈下〉 (徳間文庫) (1993年11月、徳間書店 ISBN 9784198900199) 文庫化
  • やくざの譜〈風雲篇〉 (1973年、徳間書店) 全2巻
  • やくざの譜〈激情篇〉 (1973年、徳間書店)
    • やくざの譜(うた) 風雲篇 (双葉文庫) (1999年8月、双葉社 ISBN 9784575506860) 文庫化 全2巻
    • やくざの譜(うた) 激情篇 (双葉文庫) (1999年10月、双葉社 ISBN 9784575506976) 文庫化
  • やくざの城 (1976年、新国民社)
    • やくざの城 (双葉文庫) (1999年4月、双葉社 ISBN 9784575711318) 文庫化
  • 領土強奪 ドキュメント 北海の博徒たち (1978年8月、徳間書店)
  • 東海の殺人拳 (1982年8月、徳間書店 ISBN 9784198125820
    • 野望 ケンカ空手「寛水流」宗家 水谷征夫の自伝的小説 (1990年5月、双葉社 ISBN 9784575230611
      • 喧嘩空手一代―東海の殺人拳 水谷征夫 (双葉文庫) (2000年4月、双葉社 ISBN 9784575507171) 文庫化
  • 群狼の系譜 (1983年8月、竹書房
  • 女にモテたきゃ男を磨け―俺の男修業・女修業・人生修業 (1988年3月、ごま書房 ISBN 4341014277
    • 女にモテたきゃ男を磨け (双葉文庫) (2000年12月、双葉社 ISBN 9784575711813) 文庫化
  • あげまん入門―こんな女とは、すぐ別れろ! (1990年6月、ポケットブック社 ISBN 9784341140090
  • ファッショナブル渡世―吼えろ!男たちよ! (1991年10月、双葉社 ISBN 9784575281330
  • 桜咲くころに…―安藤組外伝 激流に生きる男 高橋昌幸の半生 (1993年7月、双葉社 ISBN 4575231606
    • 実録・安藤組外伝―激流に生きる男 高橋昌幸の半生 (双葉文庫) (2000年5月、双葉社 ISBN 9784575711400) 文庫化
  • 九門女相術―アソコで見抜く、ツキを呼ぶ女、奪う女 (1993年9月、ごま書房 ISBN 9784341015916
  • 安藤流 五輪書 (1995年6月、双葉社 ISBN 9784575284621
    • 安藤流五輪書 (双葉文庫) (1999年1月、双葉社 ISBN 9784575711288) 文庫化
  • 男の色気―覚悟を決めた時から、男はいい顔になる (1997年11月、ごま書房 ISBN 978-4341171520
  • 裏社会の掟 (1998年1月、ごま書房 ISBN 9784341018115
  • 自伝 安藤昇 (2001年6月、ぶんか社 ISBN 9784821107346
  • 不埒三昧―わが下半身の昭和史 (2001年7月、祥伝社 ISBN 9784396631956
  • 映画俳優 安藤昇 (2002年5月、ワイズ出版 ISBN 9784898301340) - インタヴュー本
    • 映画俳優 安藤昇 (ワイズ出版映画文庫) (2015年6月、ワイズ出版 ISBN 9784898302897) 文庫化
  • 戯言(ざれごと)―人生のロスタイムに思う (2006年9月、竹書房 ISBN 9784812428795
  • 安藤昇 王者の煩悩 (2008年7月、コアマガジン ISBN 9784862524379
  • 人生を変える九門「家相」術 (2009年9月、ベストセラーズ ISBN 9784831401366
  • 男の覚悟 (2009年10月11日、青志社 ISBN 9784903853710
  • 色事の品格―大人の男の粋な遊び方 (2010年1月、ベストブック ISBN 9784831401380
  • 安藤昇の戦後ヤクザ史 昭和風雲録 (2012年1月、ベストブック ISBN 9784831401496
  • 男の終い仕度 (2012年8月21日、青志社 ISBN 9784905042556
  • 男讃歌 (2014年4月25日、木耳社 ISBN 9784839391867
  • 男の品位 (2015年12月17日、青志社 ISBN 9784865900194

劇画[編集]

[編集]

EP[編集]

リリース タイトル(A面) B面 レーベル 品番
1 1965年 新宿無情 夜の花 ビクター SV-318
2 1966年 東京の灯 逃亡のブルース ビクター SV-347
3 1967年 男の顔 情知らない冷い男 ビクター SV-530
4 1970年 はぐれ町 男がひとりでうたう歌 キャニオン CA-13
5 1971年 男が死んで行く時に ふうこ キャニオン CA-34
6 1971年 さすらい彼岸花 明日に生きる キャニオン A-87
7 1972年 さすらいの詩 さい果ての港 キャニオン A-142
8 1973年 血と命 明日はない キャニオン A-157
9 1973年 盛り場二十年 由紀 キャニオン A-170
10 1974年 男が死んで行く時に 由紀 キャニオン A-214
11 1975年 白蓮の花 北の慕情 キャニオン A-277
12 1976年 黒犬 夢は俺の回り燈籠 キャニオン C-5
13 1977年 港祭り 地獄門 キャニオン C-60
14 1978年 愛すべき悪い奴への挽歌 都会で歌う子守狽 キャニオン C-105

LP[編集]

リリース タイトル 収録曲 レーベル 品番
1 1970年 男の哀歌

A面

  1. 網走番外地
  2. 東京流れもの
  3. 裏町人生
  4. 男なら
  5. 夢は夜ひらく
  6. 男が死んで行く時に

B面

  1. はぐれ町
  2. 男の夜曲
  3. 星が云ったよ
  4. 男泣きのブルース
  5. ふうこ
  6. 男がひとりでうたう歌
キャニオン CAL-1008
2 1971年 さすらい彼岸花

A面

  1. さすらい彼岸花
  2. 山谷ブルース
  3. あいつ
  4. 忘れるものか
  5. 黒い花びら
  6. ひとり寝の子守唄

B面

  1. いつかどこかで
  2. 遊び人ブルース
  3. 粋な別れ
  4. 関東ブルース
  5. 京都の夜
  6. 明日に生きる
キャニオン C-1040
3 1972年 旅笠道中・影を慕いて キャニオン C-1052
4 1973年 盛り場二十年 安藤昇の世界

A面

  1. 盛り場二十年
  2. 血と命
  3. さすらいの詩
  4. さい果ての港
  5. 明日はない
  6. 男が死んで行く時に

B面

  1. 傷だらけの街
  2. 由紀
  3. 男が告げる子守唄
  4. 香港ブルース
  5. 男の街
  6. 男が燃えたあとは
キャニオン C-3025
5 1974年 船頭小唄 キャニオン C-3041
6 1976年 軍歌で綴る太平洋戦史 企画・構成・ナレーション 安藤昇
(全14曲収録)
キャニオン AF-6006
7 1977年 男のひとりごと

A面

  1. 港祭り
  2. 別れひとこと
  3. 夕日と旅人
  4. はぐれブルース
  5. 女と煙草
  6. 地獄門

B面

  1. さすらい彼岸花
  2. 男が燃えたあとは
  3. 黒犬
  4. 遊び人ブルース
  5. 男が告げる子守唄
  6. 男が死んで行く時に
キャニオン AF-6019
オムニバスLP
  • 日本侠客伝 〜勢揃い 鶴田、橋、藤、安藤、冠〜 (1972年、ビクター SJV-582)
    鶴田浩二橋幸夫藤純子、安藤昇、冠二郎、村岡実(尺八)が参加。
    安藤昇は「新宿無情」「夜の花」を収録。

カセットテープ[編集]

  • 安藤昇 男の詩 (16曲入り)
  • 安藤昇 網走番外地 北帰行 (16曲入り)
  • 安藤昇 マイベスト20 (20曲入り)

CD[編集]

オムニバス
  • 幻の名盤解放歌集 ポニーキャニオン編 男が死んで行く時に (1994年3月25日、ポニーキャニオン PCD-1522)
    「男が死んで行く時に」「港祭り」「さすらい彼岸花」「血と命」「明日はない」「盛り場二十年」「黒犬」を収録。
  • 銀幕物語 ムービー歌謡コレクション 1955-70 (2010年5月31日、ビクターエンタテインメント VFC-1002)
    Disc4 1964-66に「東京の灯」「逃亡のブルース」を収録。

主題歌[編集]

歌:安藤昇

曲名 主題歌
新宿無情 映画『やさぐれの掟』主題歌 (作詞・作曲:安藤昇)
逃亡のブルース 映画『逃亡と掟』主題歌 (作詞:安藤昇)
東京の灯り 映画『望郷と掟』主題歌 (作詞・作曲:安藤昇)
男の顔 映画『男の顔は切り札』主題歌 (作詞:マキノ雅弘監督)
血と命 映画『やくざと抗争 実録安藤組』主題歌 (作詞:佐藤純彌監督)
黒犬 映画『任侠外伝 玄界灘』主題歌 (作詞:唐十郎監督)

脚注[編集]

  1. ^ 『男の覚悟』 安藤昇著 青志社 2009年10月20日刊 26頁。
  2. ^ 山口猛『映画俳優安藤昇』p.42
  3. ^ 『映画俳優 安藤昇』 山口猛著 ワイズ出版 2002年6月1日刊 92、93頁
  4. ^ 『映画俳優 安藤昇』(94、95頁)では、高額な安藤のギャラが他の松竹俳優のバランスを崩すため、CAGを設立して彼を特別扱いにしたのではとしている。CAGには他に菅原文太が所属していた。
  5. ^ 『映画俳優 安藤昇』 112〜114頁
  6. ^ a b 俳優、作家の安藤昇さん死去 「やくざと抗争」”. 朝日新聞Digital (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  7. ^ a b 元「安藤組」組長、俳優の安藤昇さん死去”. 産経ニュース (2015年12月18日). 2016年3月1日閲覧。
  8. ^ 俳優で元「安藤組」組長、安藤昇氏のお別れの会”. 産経ニュース (2016年1月26日). 2016年2月29日閲覧。
  9. ^ 故安藤昇さんのお別れの会、2月28日に都内で”. 朝日新聞デジタル (2016年1月27日). 2016年3月1日閲覧。
  10. ^ 安藤昇さんに別れ 北島三郎さんら芸能関係者ら700人”. 毎日新聞 (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  11. ^ a b 安藤昇さんお別れの会 北島三郎ら参列(1)”. デイリースポーツonline (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  12. ^ a b 安藤昇お別れの会に梅宮辰夫、中島貞夫、岩城滉一、北島三郎が参列”. 映画ナタリー (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  13. ^ a b 安藤昇さんお別れの会に700人参列、梅宮辰夫は「体調不良」で中座”. 映画.com ニュース (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  14. ^ 【安藤昇さんお別れの会・詳報】(1)海老澤信さん「すべてやり尽くした、満ち足りたお顔の最期でした」”. WEB終活ソナエ(産経デジタル) (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  15. ^ 【安藤昇お別れの会・詳報】(2)中島貞夫監督「戦後を生き抜いた者のみが持つ圧倒的な存在感があった」”. WEB終活ソナエ(産経デジタル) (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  16. ^ 【安藤昇さんお別れの会】(3)堀田眞三さん「現役で戦えているのは、オヤジさんとの縁のおかげ」”. WEB終活ソナエ(産経デジタル) (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  17. ^ 【安藤昇さんお別れの会・詳報】(4)梅宮辰夫さん「昭和のスターが皆無のような状態で残念」”. WEB終活ソナエ(産経デジタル) (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  18. ^ 梅宮辰夫 8つの合併症で死の淵 “意識不明”で生死さまよう”. スポニチ (2016年6月23日). 2016年7月5日閲覧。
  19. ^ 梅宮辰夫2月に医師から「今夜が山」と言われていた”. nikkansports.com (2016年6月24日). 2016年7月5日閲覧。
  20. ^ 体調不良の梅宮辰夫が男気参列、安藤氏と最後の別れ”. 朝日新聞デジタル&M (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  21. ^ 梅宮辰夫がよろめきながら参列、安藤昇さんお別れ会”. 日刊スポーツ (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  22. ^ サブちゃん、しみじみ 安藤昇さん「お別れの会」”. 中日スポーツ (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  23. ^ 安藤昇さんお別れの会 北島三郎ら参列(2)”. デイリースポーツonline (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  24. ^ 『自伝 安藤昇』 安藤昇著 ぶんか社 2001年7月10日刊 195頁、198〜200頁。
  25. ^ 『男の覚悟』 109〜111頁。
  26. ^ 『映画俳優 安藤昇』 125〜128頁
  27. ^ 『映画俳優 安藤昇』 156〜159頁

外部リンク[編集]