太陽は泣いている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太陽は泣いている[1]
いしだあゆみシングル
B面 夢でいいから
(オリジナル盤、および復刻盤)
リリース
ジャンル 歌謡曲アイドル歌謡曲
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 橋本淳(#1・作詞)
林春生(#2・作詞)
筒美京平(作曲)
チャート最高順位
いしだあゆみ シングル 年表
小雨の思い出
(1968年)
太陽は泣いている
(1968年)
ふたりだけの城
(1968年)
テンプレートを表示

太陽は泣いている」(たいようはないている)は、いしだあゆみの楽曲で、24枚目のシングル1968年6月10日に発売された。

解説[編集]

日本コロムビア移籍後の第1弾シングル。歌手デビューから約4年間はビクターレコード(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)に所属していたが、大きなヒット曲には恵まれず移籍となった。

ビクター時代はいずみたくがほとんどの楽曲を作曲していたが、コロムビアのディレクター泉明良は、新たに作曲に筒美京平を起用。作詞にはビクター時代からいしだの将来性に注目していた橋本淳を起用する[2]。また楽曲については日本音楽出版(現:日音、東京放送ホールディングス(TBSHD)の音楽出版社)が著作権管理と制作コーディネーション、作品のプロモーションを担当することになり、いしだを歌手として成功させるためのスタッフチームが確立される[2]

本作はGSスタイルのリズムセクションをフィーチャーした和製ポップス調の作品で、ヒットチャートでは最高位18位まで上昇するスマッシュヒットとなり[3]、後にサザンオールスターズ桑田佳祐原由子などのアーティストにカバーされる。

B面(カップリング曲)の「夢でいいから」は、B面曲でありながら多くのアーティストにカバーされている[3]。そのため、1971年11月に再リリースされた際に「夢でいいから」がA面曲に昇格し、事実上の両A面仕様となり(ただしレコード品番はオリジナル盤と同一)、更にジャケットも変更された。

収録曲[編集]

※全作曲・編曲:筒美京平

オリジナル盤、および復刻盤
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「太陽は泣いている」橋本淳 
2.「夢でいいから」林春生 
合計時間:


1971年11月再リリース盤(『夢でいいから/太陽は泣いている』)
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「夢でいいから」  
2.「太陽は泣いている」  
合計時間:

 

収録アルバム[編集]

太陽は泣いている
夢でいいから

カバー[編集]

太陽は泣いている
夢でいいから

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1971年11月再リリース盤は「夢でいいから/太陽は泣いている」
  2. ^ a b 榊ひろと『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』白夜書房 1998年、30頁。ISBN 4-89-367563-X
  3. ^ a b CD-BOX「筒美京平 Hitstory Ultimate Collection 1967〜1997 2013Edition」 ソニー・ミュージックダイレクト(2013年12月25日)ブックレット、49頁。