ブッチャーブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブッチャーブラザーズ
メンバー ぶっちゃあ
リッキー
結成年 1981年
事務所 サンミュージックプロダクションプロダクション人力舎フリー→サンミュージックプロダクション
活動時期 1981年 -
出会い 東映京都撮影所付属俳優養成所
現在の活動状況 テレビ、ライブ
芸種 コント漫才
過去の代表番組 お笑いスター誕生!!
ザ・テレビ演芸
笑ってる場合ですよ!
姫TV
同期 とんねるず
ツーツーレロレロ
コロッケ
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
『笑ってる場合ですよ!「君こそスターだ」』12代目チャンピオン
『ザ・テレビ演芸』第4回グランドチャンピオン
テンプレートを表示

ブッチャーブラザーズは、日本お笑いコンビお笑いタレントサンミュージックプロダクション所属。1981年にコンビ結成。

メンバー[編集]

ぶっちゃあ(本名:山部 薫〈やまべ かおる〉)
(1954-11-25) 1954年11月25日(62歳)生まれ 京都府福知山市出身 A型 身長163cm 体重70kg
趣味:宴会を仕切ること、卓球、競馬、草野球、サッカー
特技:料理、殺陣、関西弁
リッキー(本名:岡 博之〈おか ひろゆき〉)
(1958-09-08) 1958年9月8日(59歳)生まれ 京都府出身 B型 身長172cm 体重67kg
趣味:競馬、草野球、街歩き、ゴルフ、駅弁の包装紙収集
特技:料理、乗馬、関西弁
サンミュージックプロダクション取締役統括部長[1][2][3]ソーレアリア代表取締役[4]

実績[編集]

次項「来歴」の通り、サンミュージックでは(一時籍を置いた人力舎においても)古株のタレントであるが、テレビでメインを張ることは今に至るまでほとんどない。しかし若手タレントの面倒見がよいことで業界には知られており、リッキーに至ってはサンミュージックの役員を務めるなどしている。「アメトーーク」でその名伯楽ぶりが取り上げられ話題となった。

来歴[編集]

1978年 - 東映京都撮影所付属俳優養成所で出会う。その後は太秦での斬られ役として大部屋俳優の道に。

1979年 - 森田健作の現場マネージャーとして上京する。

1981年 - ブッチャーブラザーズ結成。『笑ってる場合ですよ!』の「お笑い君こそスターだ」で12代目チャンピオンとなり、サンミュージック企画初のお笑いタレントとして所属。

1982年 - 『ザ・テレビ演芸』で第4回グランドチャンピオンに輝く。この頃、リッキーが病気で倒れ、コンビ活動を休止していた時期もあった。

1984年 - サンミュージック企画がお笑いから撤退した為、プロダクション人力舎へ移籍。『お笑いスター誕生!!』や『姫TV』などに出演。同時期に設立されたスクールJCA東京アナウンス学院の講師、関東若手芸人が集まる初の定期興行ライブ『バーボン寄席』(後の『アーバン寄席』、『ビタミン寄席』)を開始。その後、プロダクション人力舎を辞めフリーで活動する。

1997年11月 - サンミュージック企画のお笑い部門設立に伴い、再び所属することとなり、同社の養成所「TOKYO☆笑BIZ」の常任講師、兼プロデューサーも務める。

2001年6月 - ぶっちゃあがサンミュージック企画内で「笑主義!?」という劇団を結成。旗揚げ公演は『メラメラ★メランコリー』(2001年6月26日、なかの芸術小劇場)で、演出をジャニーズ事務所出身の鈴木則行少年隊の初期メンバー)に依頼した。『爆笑オンエアバトル』には初期に一度だけ挑戦した事があるが、結果は130KB/545KBでオフエアだった。

2007年5月 - テレビ朝日アメトーーク』の「第三回持ち込み企画プレゼン大会」にてカンニング竹山がプレゼンした企画「ブッチャーブラザーズの子供たち」が採用され、2007年7月26日の同番組で放送された。出演メンバーは竹山の他に、伊集院光土田晃之アンタッチャブルダンディ坂野アンジャッシュ。尚それ以外にスタジオには赴いてないが、親交の深い竹中直人爆笑問題ヒロミダンカン浅草キッドドランクドラゴンホンジャマカダチョウ倶楽部など名だたる著名人から花が届けられていた。なお竹山の主導で、この企画に出演した芸人たちに雨上がり決死隊も加わってカンパを行い、30万円を集めてブッチャーブラザーズの15cm×20cmサイズの銅像を製作。現在それは東京都中野区なかの芸能小劇場の受付に置かれている。

現在リッキーはサンミュージックの取締役を務めており、タレント全般の育成に「裏方」として携わっているほか、芸能事務所「ソーレアリア」の代表も務めている。

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

その他[編集]

若手時代のリッキーはつっこみとして、横山やすし師匠の頭を叩いたとされる。

外部リンク[編集]