キャシー中島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キャシーなかじま
キャシー中島
プロフィール
生年月日 1952年2月6日
現年齢 66歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイマウイ島
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
モデル: テンプレート - カテゴリ

キャシー中島(キャシーなかじま、: Kathy Nakajima1952年2月6日 - )は、日本タレント。日本におけるハワイアンキルトの第一人者でもある。所属事務所株式会社スタジオ・ケイグループ。本名は勝野 八千代で、ハワイマウイ島出身で父はアイルランド系アメリカ人[1]の軍属で、母は日本人である。

略歴[編集]

1969年
レナウンCMでモデルとしてデビューし、ボーカルグループ「カサノバ 7」に参加する。
1972年
10月に開始したテレビ番組『ぎんざNOW!』でアシスタントを務め、司会のせんだみつおと共に人気を得る。
1979年
俳優勝野洋と再婚[2]したが、婚姻約2か月後の7月10日に母が死去する。以後しばらくの間、芸能活動から遠ざかる。
1984年
著書の出版を機に芸能界に復帰した。
1987年〜1991年
独占!女の60分』のサブ司会として注目を集めた。同番組では、かつてアタッカー(レポーター)を務めていた。

人物[編集]

女優転向を視野に入れてドラマへ出演した際に、共演した当時子役の杉田かおるから「お姉さん演技下手だね」と言われたことで心を痛めて女優転身を諦めた経緯を、2016年1月25日放送の「ライオンのごきげんよう」で、杉田かおるがキャシー中島本人に言われたエピソードとして発言している。

夫で俳優の勝野洋との間に一男二女をもうけた。長女の勝野七奈美は歌手・モデル・ジュエリーデザイナーをつとめたが、2009年7月に肺がんのため29歳の若さで世を去る。次女の勝野雅奈恵は女優とフラダンサーで、2015年に23歳のスイス人男性と結婚して翌年11月に女児が誕生した。長男の勝野洋輔は俳優。

50年以上も猫を飼育し、1980年ごろに最多で15匹飼育するなど家族も愛猫家で、ラガマフィンという珍しい種類を飼育している。

2016年2月10日に皮膚がんの手術を受ける[3]。2017年5月22日、都内で開催したパーティーにおいて病を克服し晴れ舞台に胸を張った[4]

出演[編集]

TV番組[編集]

著書[編集]

  • 『キャシーと寛子が月見草でいきいきやせた 西田式月見草減量法』林寛子との共著、リヨン社、1980年
  • 『キャシーと寛子が月見草でいきいきやせた おしゃべり電話で2人でなんと43キロ』林寛子との共著、リヨン社、1984年
  • 『キャシーズ・カロリー・ハンドブック』ケント出版、1985年、ISBN 4876430004
  • 『ハローパッチワーク 楽しくやればなんでもできる』スタジオKとの共著、河本昭郎監修、ケント出版、1988年、ISBN 487643011X
  • 『キャシー中島のおしゃべりパッチワーク 色遊び・布遊び、フレンチカントリースタイル』日本ヴォーグ社、1993年、ISBN 4529023915
  • 『キャシー中島の超かんたんパッチワーク』文化出版局、1995年、ISBN 457910644X
  • 『キャシー中島の大好きだから 怒って、笑って、抱き合って。』ワニマガジン社、1997年、ISBN 489829247X
  • 『キャシー中島のハワイアンキルト』婦人生活社、1998年、ISBN 4574801956
  • 『ハワイアン・キルト』日本放送出版協会、2001年、ISBN 4140311061
  • 『キャシー中島のパッチワークパラダイス 花とキルトのある暮らし』婦人生活社、2002年、ISBN 457480338X
  • 『プロヴァンスキルト キャシー中島のやさしいパッチワーク』日本ヴォーグ社、2002年、ISBN 4529036561
  • 『キャシー中島のハワイアンキルト ハワイアンのかわいいかわいい小ものたち』日本ヴォーグ社、2005年、ISBN 4529041239
  • 『キャシー中島のハワイアンプリントと暮らす』日本ヴォーグ社、2006年、ISBN 4529042065
  • 『キャシー中島のキルトスタイル』講談社mook、三推社、2006年、ISBN 4061795902
  • 『6%の明日 もう一度あなたのお母さんになりたい』幻冬舎、2010年、ISBN 9784344018143
  • 『キャシー中島のキラキラキルト』NHK出版、2011年、ISBN 9784140311745
  • 『キャシー中島の大好き・ハワイアンキルト バッグ・ポーチ・タペストリー・クッションand more』ブティック社、2013年、ISBN 9784834735185

脚注[編集]

  1. ^ バイキング』10月3日放送分。
  2. ^ モデル時代に一度結婚している
  3. ^ “キャシー中島、皮膚がんの手術を受けていた…右目の下、テープで隠す”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年5月25日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160525-OHT1T50050.html 2016年5月25日閲覧。 
  4. ^ キャッシー中島、皮膚がんを克服 「何があっても家族の絆がしっかりしていれば大丈夫」”. SANSPO.COM (2017年5月22日). 2017年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]