ぺこぱ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぺこぱ
PEKOPA
メンバー 松陰寺太勇
シュウペイ
結成年 2008年 -
事務所 ナイスデイ→
オスカープロモーション
サンミュージックプロダクション
活動時期 2008年4月30日[1][2] -
出会い アルバイト先
旧コンビ名 先輩×後輩
現在の活動状況 ライブ、テレビ 等
芸種 漫才コント
ネタ作成者 松陰寺太勇
過去の代表番組 うつけもん
笑けずり
バクモン学園
公式サイト プロフィール
受賞歴
2014年 第6回お笑い全日本カップ優勝
2019年 おもしろ荘 優勝
2019年 M-1グランプリ 3位
テンプレートを表示

ぺこぱは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はサンミュージックプロダクション

メンバー[編集]

来歴[編集]

メジャーデビューを目指し上京するも他とレベルが違うと感じていた松陰寺は、エンタの神様を見ているうち「イケるんじゃないか…」と思い[21]ピン芸人「松井祭」で活動していた。その後シュウペイを誘って、2008年4月30日から「先輩×後輩」(せんぱいこうはい)のコンビ名で活動を開始。このコンビ名の由来は、当時のアルバイト先の居酒屋で松陰寺が先輩、シュウペイが後輩だったという関係から[22]。また、松陰寺が「売れる芸人の名前には『ん』がつく」というジンクスを信じていたことも影響して「せぱいこうはい」というコンビ名にした[3]。松陰寺がシュウペイに将来何がやりたいか聞いたところ「伝説を作りたい」と言われたのを気に入り、芸人の世界に誘う。シュウペイは、松陰寺のピン芸人としてのライブを観てあまり面白いと思っていなかったこともあり断り続けていたが、松陰寺が約半年間誘い続けた後、試しで結成、そして今日に至っている[7]

当初の所属事務所は「ナイスデイ」、後に2010年中にオスカープロモーションに移籍。2013年9月にコンビ名を「ぺこぱ」に改名[1]。この名前は当時同じ事務所の先輩であった赤井沙希に付けてもらった。当時韓国語にハマっていた赤井が、「響きや文字の並びが可愛くて気に入ってた言葉」で、「お腹空いた」を意味する。それを可愛い印象を持たせるため平仮名にし、「いつまでもハングリー精神を」という意味を持たせた[23][24]。「売れる芸人の名前には『ん』がつく」というジンクスを信じていた松陰寺はこのコンビ名に当初は納得しておらず、「ぺこぱ」に「ん」を入れた「ぺんこぱ」「ぺこんぱ」「ぺこぱん」の3つの中からどれかにしようと思っていたが、中川家の番組「中川家ん!」の大ファンであったシュウペイが「中川家さんも『ん』ついてないけど売れている。3つの候補は後の冠番組のために取っておいたらどうか。」と言ったことで松陰寺も納得し、ぺこぱに決まった。現在「ん」を入れた3つの候補「ぺんこぱ」「ぺこんぱ」「ぺこぱん」は冠番組のために大事に温めている[3]

最初はスーツを着て、時代を斬る時事漫才をしていた[13]2012年ヒップホップ漫才、2013年は松陰寺が教師や洋風キザキャラで漫才をしていた[25]。その後元CHAGE and ASKAASKAモチーフに、衣装ホストっぽい感じだったが、WAHAHA本舗を主宰している喰始のアドバイスで着物を着て[13]2014年末頃から「キザ芸人」と称して着物姿で、ローラーシューズで舞台上を動き回るというパフォーマンスを披露した[8]。2015年、NHKBSプレミアムで若手漫才師を集めた番組爆笑ファクトリーハウス笑けずりで3位となりスタートラインに立つ[4]2016年1月17日に初の単独ライブ『風~KAZE~』(東京下北沢 しもきた空間リバティ)を行った[8]2018年、シュウペイの小ボケに対して松陰寺がキザキャラのまま勿体振った言い回しで理解を示すという原型を完成させてM-1グランプリ準々決勝進出。

2019年1月1日放送のおもしろ荘にて優勝を果たす[注 1]。本格的に仕事を獲得するはずが所属事務所の後押しが得られず、結局5月末をもってオスカープロモーションがバラエティ部門を廃止しお笑い界から撤退。大半の所属芸人との契約を解除したことに伴いフリーランスとなる。同様にフリーランスとなった芸人達が開催した5月18日の『元オスカーお笑いライブ最終回~みんなフリーになっちゃいました~』[26]のあと、同日深夜配信のAbemaTVカンニング竹山の土曜The NIGHT」#63に勝又(ani)、ふーみんらと出演。番組終盤には番組宛てに地方局ディレクターからぺこぱへの出演オファーが届き、MCのカンニング竹山が「お前ら(竹山の所属事務所である)サンミュージックに入りたいんでしょ? じゃあぺこぱ、ウチに入れ」と話し、その場でサンミュージックがマネジメントの受付窓口になることが決まる[27]。その後6月12日に行われた「サンミュージックGETライブ」に出演し、サンミュージックへの正式所属を発表[28]。また松陰寺が着物姿とローラーシューズをやめてスーツ姿で漫才をすることが増えた。これは『おもしろ荘』出演時にナインティナイン岡村隆史に「着物じゃない方がええんちゃう」と真顔で言われ、事務所の先輩のTAIGAにも「スーツの方が伝わる」と言われたことで、これらの助言を受けたことがきっかけである。松陰寺本人も「いい漫才が出来るとそういう物(着物、ローラーシューズなど)が要らなくなってくる」と話している[29]そして結成11年目・出場7回目にして、初のM-1グランプリ決勝進出を決めた[30]。決勝では「ツッコミ方改革」のキャッチフレーズで最終組として登場。優勝候補の一角である和牛を退け最終決戦に進出(サンミュージック所属タレントとしても初の最終決戦進出)。松本人志をして「ノリ突っ込まないボケという新しいジャンルを切り開いた」と言わしめる[31]。最終決戦では票は得られなかった(優勝はミルクボーイ)が、各審査員がここ数年で最もレベルが高い戦いだったと認めた。松陰寺は、M-1グランプリ決勝戦当日もローラーシューズは用意していたが、最終決戦の2本目のネタで結局「最後履く勇気がなかった」とM-1決勝戦直後に配信されたGYAO!の番組『世界最速大反省会』で話している[24]

賞レースでの戦績[編集]

Mー1グランプリの戦績[編集]

年度 結果 会場 日程
2009年 2回戦敗退[32] ラフォーレミュージアム原宿 2009/11/07
2010年 3回戦敗退[33] よしもとプリンスシアター 2010/11/12
2015年 2回戦敗退[34] 雷5656会館ときわホール 2015/10/13
2016年 3回戦敗退[35] ルミネtheよしもと 2016/10/27
2017年 2回戦敗退[36] 雷5656会館ときわホール 2017/10/07
2018年 準々決勝進出[37] NEW PIER HALL 2018/11/06
2019年 決勝進出(3位) テレビ朝日第1スタジオ 2019/12/22
  • 2015年 キングオブコント 2回戦進出[38]
  • 2017年 キングオブコント 1回戦敗退[39]
  • 2019年 ぐるぐるナインティナイン おもしろ荘 優勝
  • 2019年 キングオブコント 2回戦進出[40]

芸風[編集]

ネタは漫才コント共に行う。効果音を使うことが多く、漫才でも効果音に合わせて松陰寺が振り付けをするというネタもある。舞台上では、松陰寺による「キザーン!」という決まりのフレーズがある。シュウペイは、これにフェイントを利かせるような芸を入れるなどの掛け合いを演じている[8]。ツッコミの松陰寺によるツッコみそうでツッコまない形が特徴でもある[31]。結成当初は松陰寺がツッコミ、シュウペイがボケ担当で、松陰寺がキザキャラを始めてからは逆にしていたが[7]、その後(2019年時点)は結成当初の形に戻っている。松陰寺の独特の動きやキャラのモチーフは、前述の通りASKAである[13]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 芸人名鑑「ぺこぱ」(2016年4月7日閲覧)
  2. ^ a b M-1グランプリ2015「コンビ情報詳細 ぺこぱ」
  3. ^ a b c 『女性セブン 1/31号』2019年1月17日「ブレイク必至?おもしろ荘優勝芸人の素顔」p.133
  4. ^ a b c d e f 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(29)】芸人希望ではなかったダイナミックなコンビ、ぺこぱ(3/3)”. サンケイスポーツ (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ a b c d ぺこぱ プロフィール”. 爆笑ファクトリーハウス笑けずり. NHK. 2016年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月2日閲覧。
  6. ^ 卒業生のお笑いコンビ「ぺこぱ」が、M-1グランプリ2019決勝進出!!” (2019年12月7日). 2019年12月20日閲覧。
  7. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(29)】芸人希望ではなかったダイナミックなコンビ、ぺこぱ(2/3)”. サンケイスポーツ (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ a b c d 唯一無二の“キザ芸人”ぺこぱが初単独ライブ完走!”. Walker Plus (2016年1月19日). 2016年4月7日閲覧。
  9. ^ 【インタビュー】ぺこぱ・松陰寺太勇、強烈ビジュアルで「キムタクに二度見された」” (日本語). トレンドニュース(GYAO!). 2020年1月18日閲覧。
  10. ^ 2014 速報!”. ぺこぱ松井と松陰寺のBlog〜共存〜 (2014年1月6日). 2016年4月7日閲覧。
  11. ^ 1/21(水) 3回戦・東京 ルミネ the よしもと”. R-1グランプリ(2015)オフィシャルサイト (2015年1月21日). 2016年4月7日閲覧。
  12. ^ ぺこぱ 初単独ライブチケット完売! 松陰寺太勇の新作楽曲もCD販売!”. リアルライブ (2016年1月12日). 2016年6月6日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g 【インタビュー】ぺこぱ・松陰寺太勇、強烈ビジュアルで「キムタクに二度見された」”. トレンドニュース (2017年12月27日). 2020年1月11日閲覧。
  14. ^ ぺこぱ・松陰寺太勇、昨年春に結婚していた「メディアで言っていたけど…」”. オリコン (2020年1月17日). 2020年1月17日閲覧。
  15. ^ 2016年11月11日放送 21:00 - 21:54 テレビ朝日 金曜★ロンドンハーツ”. ワイヤーアクション (2016年11月11日). 2016年11月12日閲覧。
  16. ^ キックオフ!!”. ぺこぱ~シュウペイblog『蒼き伝説シューペイ!!』 (2014年3月19日). 2016年4月7日閲覧。
  17. ^ ふにゃッ~お~。”. ぺこぱ~シュウペイblog『蒼き伝説シューペイ!!』 (2009年12月28日). 2016年4月7日閲覧。
  18. ^ 高校サッカー部忘年会”. 小林悠公式ブログ (2018年12月29日). 2019年1月4日閲覧。
  19. ^ 有田ジェネレーションディレクターのTwitter” (2019年12月22日). 2019年12月24日閲覧。
  20. ^ https://times.abema.tv/posts/7034592
  21. ^ 「おもしろ荘」王者の「ぺこぱ」、「去年、辞めるつもりだった」”. 中西正男 (2019年1月27日). 2020年1月11日閲覧。
  22. ^ TAIGAさんの記事 [2012年01月13日]”. beamie. オスカープロモーション (2009年12月28日). 2016年4月7日閲覧。
  23. ^ 赤井沙希のツイート(2019年12月22日)
  24. ^ a b 「M-1」3位でブレイク必至 「ぺこぱ」のコンビ名の秘密(2/3)”. NEWSポストセブン. 小学館 (2019年12月25日). 2019年12月25日閲覧。
  25. ^ 爆笑ファクトリーハウス 笑けずり”. NHK BSプレミアム (2015年9月25日). 2020年1月11日閲覧。
  26. ^ Inc, Natasha (2019年5月1日). “ぺこぱや勝又:ら30組以上がオスカーを退所、最後にみんなで集大成ライブ” (日本語). お笑いナタリー. 2019年5月18日閲覧。
  27. ^ フリーになったぺこぱにカンニング竹山「ウチに入れ」 生放送中に所属事務所が決定?”. AbemaTIMES (2019年5月23日). 2019年5月23日閲覧。
  28. ^ ぺこぱ、サンミュージックに所属”. お笑いナタリー (2019年6月13日). 2019年12月29日閲覧。
  29. ^ ぺこぱ、ナイナイ岡村の助言で脱着物「脱ぐのが怖かった」<M-1グランプリ2019>”. ザテレビジョン (2019年12月20日). 2019年12月20日閲覧。
  30. ^ M-1ラストイヤーのかまいたち山内、初決勝組に「ベスト尽くして負けてほしい」”. お笑いナタリー (2019年12月5日). 2019年12月7日閲覧。
  31. ^ a b 「M-1」3位でブレイク必至 「ぺこぱ」のコンビ名の秘密(1/3)”. NEWSポストセブン. 小学館 (2019年12月25日). 2019年12月25日閲覧。
  32. ^ 日程・結果 - オートバックスM-1グランプリ2009公式サイト”. www.m-1gp.com. 2019年12月20日閲覧。
  33. ^ 日程・結果 - M-1GP2010”. www.m-1gp.com. 2019年12月20日閲覧。
  34. ^ M-1グランプリ2015 公式サイト”. 2019年12月20日閲覧。
  35. ^ M-1グランプリ2016 公式サイト”. 2019年12月20日閲覧。
  36. ^ M-1グランプリ 公式サイト”. 2019年12月20日閲覧。
  37. ^ M-1グランプリ 公式サイト”. 2019年12月20日閲覧。
  38. ^ @yutamatsui1109のTwitter” (2015年8月20日). 2019年12月20日閲覧。
  39. ^ @shoinjitaiyuのTwitter” (2017年7月29日). 2019年12月20日閲覧。
  40. ^ 予選1回戦合格者速報 - キングオブコント2019” (2019年7月12日). 2019年12月20日閲覧。
  41. ^ 爆笑ファクトリーハウス笑けずり「最終回」”. NHK. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月2日閲覧。
  42. ^ ネクストブレーク芸人40組が生放送で“超ショートネタ祭り”NGT48中井りかが毒舌判定?”. エキサイトニュース (2018年10月25日). 2019年12月20日閲覧。
  43. ^ カンニング竹山の土曜The NIGHT#63~行き場を失った芸人たち~ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV (2019年5月18日). 2019年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]