ぺこぱ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぺこぱ
メンバー 松陰寺太勇
シュウペイ
結成年 2008年 -
事務所 オスカープロモーション
活動時期 2008年4月30日[1][2] -
出会い アルバイト先
旧コンビ名 先輩×後輩
現在の活動状況 ライブ、テレビ 等
芸種 漫才コント
ネタ作成者 松陰寺太勇
現在の代表番組 うつけもん
お願い!ランキング
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第6回お笑い全日本カップ優勝
おもしろ荘2019 優勝
テンプレートを表示

ぺこぱは、日本のお笑いコンビ。所属はオスカープロモーション

メンバー[編集]

  • 松陰寺太勇(しょういんじ たいゆう[2] (1983-11-09) 1983年11月9日(35歳) - )
    • 本名:松井 勇太(まつい ゆうた)[1]
    • 山口県光市出身[1]
    • 血液型はO型
    • ツッコミ担当(自称は「キザ」担当)。ネタのほとんども作成している[3]
    • 趣味は野球観戦(プロ野球千葉ロッテマリーンズのファン[3])、ニュース、日本史(特に幕末)、作曲[4]
    • 高校卒業後は大阪のレコーディング専門学校に進学して2年間在籍、同校卒業後はプロのミュージシャンを目指して上京[5]。かつてはバンドマンだった[6]
    • 松陰神社を、自分の聖地と言っている[7]
    • 舞台に出演する時は、髪型を作るために大量のハードワックスを使っている。そのため、シャンプーを2・3回付けて洗わないと髪のハードワックスが落ちない[4]
    • コンビ結成前はピン芸人「松井祭」として活動していた[1]
    • R-1ぐらんぷりでは、2015年に3回戦まで進出[8]
    • 2016年1月に、自主製作CD『風』を発売。松陰寺自身が収録されている全9曲全ての作詞・作曲・編曲、演奏、レコーディングを手掛けた[3][9]

来歴・芸風[編集]

ピン芸人「松井祭」だった松陰寺と、シュウペイによって2008年4月に結成、同年4月30日から「先輩×後輩」(せんぱいこうはい)のコンビ名で活動を開始(このコンビ名の由来は、当時のアルバイト先の居酒屋で松陰寺が先輩、シュウペイが後輩だったという関係から[14])。松陰寺がシュウペイに将来何がやりたいか聞いたところ「伝説を作りたい」と言われたのを気に入り、誘ったが最初シュウペイは、松陰寺のピン芸人としてのライブを観てあまり面白くなく思ったこともあって断り続けていたが、松陰寺が約半年間誘い続けた後、試しで結成、そして今日に至っている[5]

当初の所属事務所は「ナイスデイ」、後に2010年中に現在のオスカープロモーションに移籍。2013年9月にコンビ名を「ぺこぱ」に改名[1]。このコンビ名は同じ事務所の先輩に名付けてもらった[15]

2016年1月17日に初の単独ライブ『風~KAZE~』(東京下北沢 しもきた空間リバティ)を行った[6]

芸風[編集]

舞台上では、松陰寺は「キザ芸人」と称して着物姿で、ローラーシューズで舞台上を動き回るというパフォーマンスを披露している。そして「キザーン!」という決まりのフレーズがある。シュウペイは、これにフェイントを利かせるようなツッコミを入れるなどの掛け合いを演じている[6]。この芸風を始めたのは2014年末頃からで、それまではスーツを着て正統派漫才をしたり、ヒップホップ漫才をしたりと試行錯誤を繰り返し、結成当初は松陰寺がツッコミ、シュウペイがボケで担当が今と逆だった[5]

ネタは漫才コント共に行う。効果音を使うことが多く、漫才でも効果音に合わせて松陰寺が振り付けをするというネタもある。2018年にはシュウペイの小ボケに対して松陰寺がキザキャラのまま理解を示すという形式の漫才で、M-1グランプリ準々決勝まで進出した。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 芸人名鑑「ぺこぱ」(2016年4月7日閲覧)
  2. ^ a b M-1グランプリ2015「コンビ情報詳細 ぺこぱ」
  3. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(29)】芸人希望ではなかったダイナミックなコンビ、ぺこぱ(3/3)”. サンケイスポーツ (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ a b c d ぺこぱ プロフィール”. 爆笑ファクトリーハウス笑けずり. NHK. 2016年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月2日閲覧。
  5. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(29)】芸人希望ではなかったダイナミックなコンビ、ぺこぱ(2/3)”. サンケイスポーツ (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ a b c 唯一無二の“キザ芸人”ぺこぱが初単独ライブ完走!”. Walker Plus (2016年1月19日). 2016年4月7日閲覧。
  7. ^ 2014 速報!”. ぺこぱ松井と松陰寺のBlog〜共存〜 (2014年1月6日). 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ 1/21(水) 3回戦・東京 ルミネ the よしもと”. R-1グランプリ(2015)オフィシャルサイト (2015年1月21日). 2016年4月7日閲覧。
  9. ^ ぺこぱ 初単独ライブチケット完売! 松陰寺太勇の新作楽曲もCD販売!”. リアルライブ (2016年1月12日). 2016年6月6日閲覧。
  10. ^ 2016年11月11日放送 21:00 - 21:54 テレビ朝日 金曜★ロンドンハーツ”. ワイヤーアクション (2016年11月11日). 2016年11月12日閲覧。
  11. ^ キックオフ!!”. ぺこぱ~シュウペイblog『蒼き伝説シューペイ!!』 (2014年3月19日). 2016年4月7日閲覧。
  12. ^ ふにゃッ~お~。”. ぺこぱ~シュウペイblog『蒼き伝説シューペイ!!』 (2009年12月28日). 2016年4月7日閲覧。
  13. ^ 高校サッカー部忘年会”. 小林悠公式ブログ (2018年12月29日). 2019年1月4日閲覧。
  14. ^ TAIGAさんの記事 [2012年01月13日]”. beamie. オスカープロモーション (2009年12月28日). 2016年4月7日閲覧。
  15. ^ シュウペイ 【ぺこぱ】(2015年10月25日)twitter(2016年4月7日閲覧)
  16. ^ 爆笑ファクトリーハウス笑けずり「最終回」”. NHK. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]