羽山みずき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

羽山 みずき(はやま みずき、1991年12月7日 - )は山形県鶴岡市出身の日本演歌歌手である。本名は田沢瑞姫(たざわみずき)、所属事務所はサンミュージックプロダクション、所属レーベルは日本クラウンレコードである[1]

人物[編集]

演歌好きな祖父母と同居していたこともあり、幼少の頃から頼まれるまま、近所の人の前や高齢者施設で歌うようになった。小学6年から高校3年まで県歌謡振興会で月2回のレッスンを受けながら県内の歌謡大会に出場。県歌謡選手権で優勝するなど実績を積んでいった[2]

鶴岡北高校卒業後、倭楽(やまとがく)の奉納などで歌う機会がある巫女を仕事として選択し[2]、2015年末まで山形県鶴岡市に所在する出羽三山神社に6年間勤務した[3]。2015年3月に日本クラウン主催の新人オーディションで森山愛子の「東京挽歌」を歌い応募者数1328人からグランプリを獲得。2016年4月6日に日本クラウンより「紅花慕情」でデビュー。

芸名の由来は巫女として勤めていた出羽三山神社から「羽」と「山」の二文字を頂き羽山とし下の名は本名をひらがなにして名付けられた。

血液型はA型、趣味お菓子作り、特技弓道で二段の腕前を持つ。また好きな食べ物はお米(地元の美味しいご飯)である[1]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 紅花慕情 (発売:2016年4月6日、日本クラウン)デビュー曲(CRCN-1951)  
    (作詞:横山賢一/作曲:聖川湧/編曲:前田俊明
    c/w 折鶴海峡
    (作詞:横山賢一/作曲:聖川湧/編曲:前田俊明)
  2. 雪んこ風唄 (発売:2017年4月5日、日本クラウン)(CRCN-8043)
    (作詞:海老原秀元/作曲:聖川湧/編曲:石倉重信
    c/w 大器晩々成(たいきばんばんせい)  
    (作詞:浅木しゅん/作曲:聖川湧/編曲:石倉重信)
  3. 酒田カモメ唄 (発売:2017年12月6日、日本クラウン)(CRCN-8107)
    (作詞:喜多條忠/作曲:聖川湧/編曲:前田俊明)
    c/w いのち舟  
    (作詞:横山賢一/作曲:聖川湧/編曲:前田俊明)

アルバム[編集]

  • 2017年06月07日発売==羽山みずき1stカバー・アルバム「日本の心情を歌う~みずきの歌う流行歌の世界~」

出演[編集]

テレビ[編集]

  1. 2016年7月17日 愛媛県西条市より「紅花慕情」
  2. 2016年11月6日 群馬県前橋市より「恋は神代の昔から
  3. 2017年6月25日 広島県廿日市より「からたち日記」「雪んこ風唄」
  4. 2017年8月13日 山形県酒田市より「雪んこ風唄」、「思い出なんて消えっちゃえ」、「人生いろいろ」(津吹みゆとデュオ)
  5. 2017年11月19日 鳥取県倉吉市より「みちづれ
  6. 2017年12月17日 NHK101スタジオより生放送 生放送!冬の大感謝祭2017 「冬の海峡」(津吹みゆとデュオ)、「ペッパー警部」「年下の男の子岩佐美咲、津吹みゆと共演)
  7. 2018年2月25日 福岡県宗像市より「微笑がえし」「雨のオランダ坂」(工藤あやの、津吹みゆと共演)、「酒田カモメ唄」
  8. 2018年5月13日 愛知県蒲郡市より「愛ちゃんはお嫁に」、「お祭りマンボ」(みちのく娘!として津吹みゆ、工藤あやのとユニットで披露)


  1. 2017年7月18日「旅の夜風」(中澤卓也とデュオ)(映画「愛染かつら」の主題歌)
  2. 2018年4月17日「涙の太陽」(市川由紀乃山本彩・工藤あやのと共演)
  1. 2017年7月7日「雪んこ風唄」
  • 明日につなげる日本の名曲〜虹の架け橋まごころ募金コンサート〜 主催:日本音楽事業者協会(NHK BSプレミアム)
  1. (第16回:2016年10月30日放送)「河内おとこ節」(中村美律子と共演)、「 真赤な太陽 」(藤原紀香・津吹みゆ と共演)、「京都の恋」(さわち美欧とデュオ)
  2. (第17回:2017年11月5日放送)「学生時代」(女性出演者全員で)、「雪んこ風唄」、「瀬戸の花嫁」(工藤あやのとデュオ)
  1. 2017年5月10日「津軽のふるさと

ラジオ[編集]

  • 金曜Fine!!・開運演歌女子 羽山みずきの朝カラ♪(TBSラジオ、2017年4月7日 - )

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本クラウン新譜情報ニュース』(2016年春号)「新年度のイチオシ新人紹介」より。
  2. ^ a b 「元巫女の演歌歌手 誕生 鶴岡出身 羽山みずきさん」『読売新聞』山形版 2016年3月3日
  3. ^ “羽山みずき“雪ん子”姿で渋谷練り歩き 紅白初出場にも意欲”. オリコンニュース. (2017年4月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2088677/full/ 2017年6月28日閲覧。 
  4. ^ BAND-MAIDが美川憲一のバックバンド志願、美川は「やってちょうだいっぽ」、音楽ナタリー、2017年1月27日 18:08