津吹みゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津吹 みゆ
出生名 津吹 実佑(つぶき みゆ)
生誕 (1996-02-28) 1996年2月28日(21歳)
出身地 日本の旗 日本福島県西白河郡矢吹町
学歴 日本大学東北高等学校
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器 フルート
活動期間 2015年 -
レーベル 日本クラウン
共同作業者 四方章人
公式サイト 津吹みゆ オフィシャルホームページ

津吹 みゆ(つぶき みゆ、1996年2月28日 - )は日本の演歌歌手である。
本名は津吹 実佑(つぶきみゆ)、福島県西白河郡矢吹町出身[1][2]。所属はクラウンミュージック[3]

略歴[編集]

母親が演歌好きでいつも家や車の中で演歌が流れており、小さい頃からそれを聴いていたことから自然と演歌が好きになっていった。祖父母も歌が好きで、よく一緒に田んぼに行っては、演歌だけでなく歌謡曲童謡なども歌ったという。また、母親が音楽療法士としてボランティア活動をしており、本人も小学生の頃から一緒にお年寄りがいる施設に出掛けて歌を披露。歌で喜んでもらえると嬉しいという気持ちを持つと共に、もっと上手に歌いたいと思うようになる。こうした音楽が身近にある環境の中で育ったことが大きな要因となり歌手になりたいという気持ちを抱く。

小学校3年生の時からカラオケ大会に出場するようになる。高校2年生であった2012年の夏に地元の福島県いわき市で行われた『NHKのど自慢』に出場。それがきっかけで日本クラウンからスカウトされる。スカウト者が作曲家四方章人を紹介、学業に力を注ぐ一方で歌のレッスンを受け続ける(高校在学中は新幹線で福島から東京にレッスンに通っていた)。両親が介護福祉士をしており、本人も福祉関係の大学に行く事も考えていたが、憧れていた歌の道に進める滅多にないチャンスだとして、四方の世話になることを決意[4]

高校卒業後に上京し、四方の門下生として本格的な歌の修業に入る。2015年2月25日に「会津・山の神」(あいづ・やまのかみ)でデビュー[5]

目標は坂本冬美のように男歌も女歌も演歌以外の歌も、自分らしく歌える歌手になること。また、演歌を知らない若い世代にも魅力をわかってもらえるように歌っていきたい、そして、目標にされる歌手になれるように頑張りたいとも語っている。 まだ初々しさが残るが、素直で伸びのある歌声が特徴で今後の活躍が期待される歌手である。

年表[編集]

2015年
  • 2月25日、「どんと響く!直球ボイス!津吹みゆ デビュー!!」のキャッチフレーズでクラウンレコードよりふるさと福島を舞台にした「 会津・山の神 」(あいづ・やまのかみ)でデビュー。上京後約一年、誕生日が目前ではあったが、18歳でのデビューとなった。
  • 4月4日、福島県にあるJR東日本会津若松駅一日駅長を委嘱され、「会津地酒列車」というお座敷列車等で歌唱をする。
  • 9月9日日本歌手協会主催の第42回日本歌手協会「歌謡祭・歌謡フェスティバル」で2015年度最優秀新人賞を受賞した[6]
2016年
  • 2月3日、「どんと響く!直球ボイス!第2弾!」「望郷恋歌」(ぼうきょうこいうた)をリリース
  • 2月23日天狗(てんぐ)の面をかぶった5人組ヘビメタルバンド「¥(エン)カウンター」と異色のユニットを結成し、東京・渋谷のライブハウス「渋谷clubasia」でお披露目ライブを行う。演歌とロックのコラボが話題となり、複数のメディアにニュースとして取り上げ、その日のYahoo!ニュースでも配信された[7][8][9]

人物[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 会津・山の神 』(あいづ・やまのかみ)  作詞: 原文彦 / 作曲:四方章人 / 編曲:前田俊明  (2015年2月25日リリース)(CD: CRCN-1860) 
    C/W: 「わたしの門前仲町」 作詞:原文彦 / 作曲:四方章人 /  編曲:前田俊明
  2. 望郷恋歌 』(ぼうきょうこいうた)    作詞:原文彦 / 作曲:四方章人 / 編曲:前田俊明  (2016年2月3日リリース)(CD: CRCN-1940)
    C/W: 「ふるさと母さん」 作詞:原文彦 / 作曲:四方章人 / 編曲:前田俊明
  3. 雨のむこうの故郷 』(あめのむこうのふるさと)    作詞:原文彦 / 作曲:四方章人 / 編曲:前田俊明  (2017年2月25日リリース)(CD: CRCN-8017)
    C/W: 「あした咲く花」 作詞:原文彦 / 作曲:四方章人 / 編曲:前田俊明

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー番組[編集]

ゲスト出演[編集]

  1. (2016年2月21日放送)
  2. (2017年8月13日放送)(2000年以降デビュー!トップスター候補大熱唱!)「雨のむこうの故郷」「氷雨」、「人生いろいろ」(羽山みずきとデュオ)
  3. (2017年10月8日放送)「ちゃっきり節」(長山洋子香西かおり工藤あやのと共演)、「襟裳岬

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 2015年4月より国土緑化推進機構、国土緑化運動キャンペーン「緑の募金」のコマーシャルに北島三郎西田あいと共に出演している。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 名誉町民第1号・中学生海外派遣事業 - 広報やぶき2016年2月号
  2. ^ a b 演歌歌手・津吹みゆさんが「一日通信指令室長」 電話の対応実演:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet”. みんゆうNet (2017年). 2017年1月12日閲覧。
  3. ^ 『クラウンレコード新人アーティスト情報』(2015年春号) 発行:クラウンレコード 閲覧。
  4. ^ 演歌・歌謡曲の音楽情報サイト「唄栞」
  5. ^ 東スポWeb NHK「のど自慢」出身 18歳・津吹みゆ念願デビュー
  6. ^ 第42回日本歌手協会「2015年歌謡祭・歌謡フェスティバル」(BSジャパン、2016年1月2日放送)第3部の放送で紹介された。
  7. ^ Yahoo!ニュース 演歌歌手の津吹みゆ、ヘビメタバンドとユニット「夢は紅白歌合戦出場です」(サンケイスポーツ)
  8. ^ Yahoo!ニュース 演歌歌手・津吹みゆ デスメタルバンドと異色コラボ「このメンバーで紅白に!(東スポWeb)
  9. ^ Yahoo!ニュース 演歌歌手・津吹みゆ、ヘビメタバンドと異色コラボ「紅白を目指したい」(スポーツ報知)
  10. ^ オリコンウイークリー」(2015年1月20日号)発行:オリジナルコンフィデンス出版社
  11. ^ 『クラウンミュージック新譜情報』(2015年2月号) 発行:クラウンレコード  「今月のイチオシ新譜と新人さん紹介」 閲覧。

外部リンク[編集]