微笑がえし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
微笑がえし
キャンディーズシングル
初出アルバム『CANDIES FINAL CARNIVAL Plus One
B面 かーてん・こーる
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:阿木燿子
作曲:穂口雄右
チャート最高順位
キャンディーズ シングル 年表
わな
(1977年)
微笑がえし
(1978年)
つばさ
(1978年)
収録アルバムCANDIES FINAL CARNIVAL Plus One
悲しきためいき
(22)
微笑がえし(Live)
(23)
年下の男の子
(24)


つばさ
(27)
微笑がえし(Single)
(28)
インスピレーション・ゲーム
(29)
テンプレートを表示

微笑がえし」(ほほえみがえし)は、1978年2月にリリースされたキャンディーズの活動期間内ラスト・シングルである。

解説[編集]

  • 歌詞中には「春一番」「わな」「アン・ドゥ・トロワ」など、シングル曲のタイトルが随所に入れられている。これは作詞者・阿木燿子からのはなむけであったという[1]。また歌唱時の振り付けでも「ハートのエースが出てこない」「年下の男の子」「やさしい悪魔」等が、モチーフ的に登場している。
  • 11月には「つばさ」がリリースされているが、これはキャンディーズの意向に反してリリースされたもの[要出典]であり、またシングル曲として最後にレコーディングされた曲が「微笑がえし」だったこともあり、この曲がラスト・シングルとされている[要出典]
  • オリコンでは最初で最後の1位を獲得。シングル売上は累計で100万枚[2]と、キャンディーズ最大のヒット曲となった。
  • また、親衛隊などのチャート工作が壮絶であった事が、現在でも語り草になっている[要出典]。当時放送開始直後だった「ザ・ベストテン」でも、解散後も含め一月近くリクエスト一位を維持するほどであった。
  • 長調の曲で、サビは3声和音と2声和音、それ以外はユニゾン、2声和音、3声和音の歌唱であり、ソロがない。サビの和音は、レコードでは3人がほぼ均等の声の大きさになっているが、ステージなどでの歌唱では主旋律を歌うスーが大きめに発声し主旋律を強調している。なおト長調の曲であるが、最後だけホ短調になっている。
  • 当時の音楽番組では、1番目のサビ部分でセンターのランと左位置のミキとが、3番目のサビ部分でセンターのランと右位置のスーとが、それぞれ交替した上で歌唱していた。
  • 穂口雄右の要請によりこの曲は、初見でレコーディングを行った[3]
  • レコーディングが終わりOKが出ると居合わせたスタッフが総立ちで拍手をしたという。またそれを見たメンバーも人目を憚らず号泣したという[4]

収録曲[編集]

両楽曲とも、作詞:阿木燿子/作曲・編曲:穂口雄右

  1. 微笑がえし(4分33秒)
  2. かーてん・こーる(4分57秒)
    アポロン音楽工業からリリースされた『FINAL CARNIVAL Plus One』の音楽テープでは、「かーてん・こーる」のアウトロフェード・アウトせずカット・アウト(ブツ切り)になっている。この「かーてん・こーる」のアウトロ・カット・アウト・バージョンは、2008年9月3日にリリースされたCD-BOXキャンディーズ・タイムカプセル』に収納された『FINAL CARNIVAL Plus One』の紙ジャケット復刻盤のボーナス・トラックとして、「ミュージック・テープ・ミックス」と銘打って収録された(初CD-DA化でもある)。

カバー[編集]

  • ONCE UPON A TIME(TONYA TOWNSEND、ROBIN BAIN、GINA KATSANDRIS)(1991年、アルバム『Spring Is Just Ahead』)
  • 1994年、サントリー烏龍茶コマーシャルソングとして中国語でカバーされた。2003年発売のコラボレーションアルバム『烏龍歌集「チャイ」サントリー烏龍茶CMソングコレクション』に収録された。
  • カバーソング・ドールズ(2007年、アルバム『Cover Song Dolls』)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベイエフエム「miracle!!」にて、ANNAの発言、2009年1月12日
  2. ^ キャンディーズになりきって、オリジナリティー 「バンディーズ」激走中東京新聞、2011年10月1日付朝刊。
  3. ^ 穂口雄右 - 現実になったビジョン 第6回(最終回)「微笑がえし」[1]
  4. ^ 驚きももの木20世紀」(ABCテレビ朝日系)の特集などで紹介されたエピソード。

関連項目[編集]