やさしい悪魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やさしい悪魔
キャンディーズシングル
初出アルバム『キャンディーズ1 12〜やさしい悪魔〜
B面 あなたのイエスタデイ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:喜多條忠
作曲:吉田拓郎
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1977年度年間27位(オリコン)
キャンディーズ シングル 年表
哀愁のシンフォニー
(1976年)
やさしい悪魔
(1977年)
暑中お見舞い申し上げます
(1977年)
収録アルバムキャンディーズ1 12〜やさしい悪魔〜
やさしい悪魔
(1)
20才の頃
(2)
テンプレートを表示

やさしい悪魔」(やさしいあくま)は、1977年3月にリリースされたキャンディーズの13枚目のシングルである。

解説[編集]

「やさしい悪魔」は、それまでのキャンディーズの清楚なイメージを一新、アン・ルイスデザインによる大胆な衣装と“デビルサイン”を含めた斬新な振り付け、“大人化計画”に応えた詞曲も話題を呼んだ[1][2][3][4][5]喜多條忠の詞先で、作曲・吉田拓郎独特の“拓郎節”が展開される[2][4][5]。キャンディーズのベスト・ソングに挙げられる機会も多く[2][4][5][6]、キャンディーズファン・石破茂も「音楽的に完成度が一番高い名曲」と話し[7]、キャンディーズ自身も「私たちの代表曲」と話している[8]。発売の時点ではキャンディーズ最大のヒットを記録した[2][9]。解散コンサート時点でのシングル売上は累計52万枚(CBS・ソニー調べ)[10]

「やさしい悪魔」は音域の広い難曲で[2]、歌のうまいキャンディーズもレコーディングに苦戦し、「歌えません」と音を上げたいわれる[2][3]。これはキャンディーズファンだった作曲者の吉田拓郎が、レコーディングでキャンディーズに歌唱指導をしたいがために、わざと難しくしたと噂が出た[11]

レコードではサビとエンディングは3声和音、それ以外はソロ、ユニゾン、2声和音とバラエティに富む歌唱である。サビやスキャットで始まらないシングル曲としてはめずらしく、冒頭部付近に和音がある(この曲以外には、終始3声和音の「あなたに夢中」のみが該当する)。この和音は、歌番組などでは当初はレコードと同じように歌われたが、間もなくユニゾンに置き換えられた。

レコーディングでは、吉田拓郎がギター持参でキャンディーズと共にスタジオに入り、付きっ切りで歌唱指導[2]、自らも試行錯誤を重ねた[9]コーラスで参加した他、印象的な忍び寄る悪魔のようなイントロの靴音は[2]、拓郎が様々な靴の音を試して作り上げたものである[2][3][4][9]

本楽曲で『第28回NHK紅白歌合戦』へキャンディーズは3年連続3回目の出場を果たしたが、これが最後の紅白出演となった(但し、田中好子は14年後の1991年『第42回NHK紅白歌合戦』に特別審査員で出演)。

「やさしい悪魔」「あなたのイエスタデイ」ともに4月リリースのアルバム『キャンディーズ1 12〜やさしい悪魔〜』に収録された。

吉田拓郎が1977年4月25日に発表したカバーアルバムぷらいべえと』でも、拓郎自身が歌唱したものが収録されている。『ぷらいべえと』のジャケットの女の子の絵は、拓郎が「やさしい悪魔」のジャケット写真の伊藤蘭を書いたもの[2][12]

レア音源[編集]

シングル盤の初回製造分は一般にCD化されている音源とは演奏のパーカッションが異なる通称「木魚バージョン」で発売されたが、すぐに差し替えられた[13]。サビにコツコツというヒールの靴音を模したウッドブロックの音が大きめに聞こえて、それが木魚をポクポク叩く音に似ていることから、ファンの間で長年そう呼ばれてきた[13]。この音はサビ以外にも、ギターソロやエンディング部まで入っている[14]。さらにジャケット裏で告知されているニューアルバムの発売日がセカンド・プレスでは「4月21日発売!」になっているが、初回製造分は「4月1日発売!」となっている[14]。初回製造分は2008年まで一切CD化されておらず、ファンの問い合わせに対し「マスターテープが見つからない」とソニーが回答していたが、同年9月3日に発売された『キャンディーズ・タイムカプセル』の中の紙ジャケット復刻アルバムの一つである『キャンディーズ1 12〜やさしい悪魔〜』にボーナス・トラックとして初めて収録された。

収録曲[編集]

  1. やさしい悪魔(3分36秒)
  2. あなたのイエスタデイ(3分56秒)
    • 作詞:喜多條忠/作曲:吉田拓郎/編曲:馬飼野康二

カバー[編集]

「やさしい悪魔」
「あなたのイエスタデイ」
  • 栗林みえ(シングル『春になったら』のc/wとして収録)。

その他[編集]

ジャッカー電撃隊』(テレビ朝日系)9話「7ストレート!!地獄の必殺拳」で、ハートクインことカレン水木(ミッチー・ラブ)が、夜の都会で麻薬捜査をしているシーンに流された。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 1977年発行 キャンディーズ ファンクラブ会報 No.9
  2. ^ a b c d e f g h i j “(もういちど流行歌)「やさしい悪魔」キャンディーズ 解散宣言前、最も売れていた曲”. 朝日新聞 be on Saturday (朝日新聞デジタル): p. 2. (2016年4月16日). オリジナル2016年4月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160416073240/http://www.asahi.com/articles/DA3S12309509.html 2017年2月28日閲覧。 
  3. ^ a b c 1977年3月1日、「キャンディーズ大人化計画」の第一弾「やさしい悪魔」がリリース
  4. ^ a b c d 鈴木啓之「特集 キャンディーズ / ディスコグラフィー オリジナル・シングル」、『レコード・コレクターズ』、株式会社ミュージック・マガジン2011年7月1日、 36頁。
  5. ^ a b c 馬飼野元宏 「吉田拓郎WORKS」『日本の男性シンガー・ソングライター』 シンコーミュージック・エンタテイメント〈ディスク・コレクション〉、2013年9月、12頁。ISBN 978-4-40163885-7
  6. ^ 自動改札のアイドルPOP考 VOL.2 - プレイリストから新たな音楽を発見
  7. ^ 毎日新聞、2008年4月3日夕刊2面
  8. ^ 小室等の音楽夜話、FM東京、1977年8月12日
  9. ^ a b c 前園直樹「特集 キャンディーズ / 彼女たちのサウンドを支えた名スタッフたち」、『レコード・コレクターズ』、株式会社ミュージック・マガジン2011年7月1日、 63頁。
  10. ^ キャンディーズ シングル売上一覧日刊スポーツ新聞社、2011年4月21日23時0分。大本の出典は『日刊スポーツ』1978年4月5日付。
  11. ^ 小室等の音楽夜話、FM東京、1977年8月12日
    拓郎はランちゃんが苦戦したのは、その日が生理だったからとマネージャーに言われたと記している(吉田拓郎 1994, pp. 121-122)。
  12. ^ 宝泉薫 『昭和歌謡 勝手にベストテン』 彩流社2009年、48-51頁。ISBN 978-4-7791-1044-3
  13. ^ a b 高島幹雄「特集 キャンディーズ / レア音源/別ヴァージョン/別ミックス」、『レコード・コレクターズ』、株式会社ミュージック・マガジン2011年7月1日、 58頁。
  14. ^ a b 「特集 キャンディーズ / グラフィック・ステーション──キャンディーズのレア・レコード」、『レコード・コレクターズ』、株式会社ミュージック・マガジン2011年7月1日、 40頁。

関連項目[編集]