わな (キャンディーズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
わな
キャンディーズシングル
初出アルバム『CANDIES FINAL CARNIVAL Plus One
B面 100%ピュア・レディ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:島武実
作曲:穂口雄右
チャート最高順位
キャンディーズ シングル 年表
アン・ドゥ・トロワ
(1977年)
わな
(1977年)
微笑がえし
(1978年)
収録アルバムCANDIES FINAL CARNIVAL Plus One
アン・ドゥ・トロワ
(19)
わな
(Live)
(20)
哀愁のシンフォニー
(21)
100%ピュア・レディ
(30)
わな
(Single)
(31)
かーてん・こーる
(32)
テンプレートを表示

わな」は、1977年12月5日にリリースされたキャンディーズの16枚目のシングルである。

解説[編集]

  • ジャケットの写真は篠山紀信の撮影による。
  • キャンディーズのシングルA面では唯一、ミキをセンターの位置(メインボーカル)に据えて歌唱した曲である。なお従来センターのランはミキの向かって右の位置に、スーは左の位置にそれぞれ移動していた(ただしレコードジャケットでは通常どおりランがセンター)。
  • 解散コンサート時点でのシングル売上は累計67万枚(CBS・ソニー調べ)[1]で、「微笑がえし」に次いで2番目となっている。
  • 1978年1月に放映開始された「ザ・ベストテン」の第1回(同年1月19日)放送で、同曲が第2位で初登場した(第1位はピンク・レディーの「UFO」)。
  • 夏が来た!」を最後にキャンディーズからは離れていた穂口雄右が作曲・編曲に本格的に復帰する[2]。穂口は歌詞を見ただけでわずか30秒で曲のイメージを完成させたという。
  • この頃の穂口の曲の演奏メンバーは皆それぞれ売れっ子になってしまい、スケジュールが合わずに林立夫(ドラム)、松原正樹(ギター)、斎藤ノブ(パーカッション)のスケジュールがたまたま合った1日でレコーディングを行ったが(この3人に若手ベーシストを一人入れて臨んだという)、交通渋滞で林の到着が遅れたため、ドラムレスでレコーディングをしてからドラムだけを後で録音することになった。取られた時間ギリギリに到着した林は難しい条件ながらでわずか1テイクでOKを出したという。

収録曲[編集]

  1. わな(3分19秒)
    作詞:島武実/作曲・編曲:穂口雄右
  2. 100%ピュア・レディ(3分02秒)
    作詞:島武実/作曲・編曲:穂口雄右

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]