お笑い頭の体操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お笑い頭の体操
TBS Hall.JPG
番組の収録が行われていたTBSホール
ジャンル 大喜利
放送時間 土曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1968年2月3日 - 1975年12月27日(414回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 岡庭昇
新出昭男
広瀬正彦
原田忠幸
ほか
プロデューサー 居作昌果
出演者 大橋巨泉
月の家円鏡
ほか
音声 モノラル
オープニング 作曲:山本直純
エンディング 同上
テンプレートを表示

お笑い頭の体操』(おわらいあたまのたいそう)は、1968年2月3日から1975年12月27日までTBS系列局ほかで放送されていたTBS製作の大喜利番組である。ロート製薬の一社提供。全414回。放送時間は毎週土曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

毎回「創造力テスト」や「定義付けテスト」などのさまざまな「テスト」に解答者たちが挑戦するという内容。オープニングでは、解答者たちが穴の開いたパネルから顔を出し、各回のテーマに沿う小咄または司会の大橋巨泉との掛け合いをする「オープニングテスト」が行われていた。「名解答者」とされたメンバーにはテスト終了時に「ビッツラプレゼント」というご褒美が贈られ、月の家円鏡(後の8代目橘家圓蔵)がそれをお題にしたなぞかけを毎週披露していた。

当初はTBS旧局舎内のスタジオで公開収録を行っていたが、後期には赤坂メディアビル内のTBSホールでの公開収録になった。スタジオセットや例題のイラストには、『ほのぼの君』で知られる佃公彦の作品が使われていた。番組タイトルは、当時話題となっていた多湖輝のベストセラー『頭の体操』からの借用。

1998年12月30日に同系列局で放送された『21世紀プロジェクト 年越し30時間生放送!!テレビのちから』の「とっておき映像永久保存版 20世紀名番組ベスト200」によれば、最高視聴率は1971年4月3日放送分の30.9%と高い人気を誇っていたが、1975年ごろには陰りが見えはじめ、ロート製薬や電通サイドから梃入れの話が出始めたころに巨泉が「梃入れなら俺は辞める」「新番組を作ろう。新番組ならやる」と宣言したために番組は終了することになった。そして巨泉自身が企画して誕生した後番組が『クイズダービー』である。ちなみに巨泉は番組終了の理由として、(構成者の視点で見た場合に)番組にはもう「寿命」が来ており、てこ入れを行ったとしても2 - 3年で番組打ち切りを迎えていたであろうと考えていたこと、ならばまだ視聴率が2桁を取っていられるうちに新番組で勝負すべきと考えていたことを挙げている[1]

出演者[編集]

司会[編集]

解答者[編集]

その他の出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:居作昌果
  • 演出:岡庭昇、新出昭男、広瀬正彦、原田忠幸、紅林典子、原進、河原純子
  • 構成:景山民夫、章田宙谷、つかさけんじ、堀英伸、諏訪英一、石川雄一郎、氷川真、菅谷健一
  • 音楽:山本直純

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 製作局 現・TBSテレビ
北海道 北海道放送 同時ネット
青森県 青森テレビ 1975年3月まではNETテレビ系列とのクロスネット局
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東北放送
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟放送 TBS系列
石川県 北陸放送
福井県 福井放送 日本テレビ系列
長野県 信越放送 TBS系列
山梨県 テレビ山梨 1970年4月の開局時から放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現・CBCテレビ
近畿広域圏 朝日放送 遅れネット 1975年3月25日まで放送
毎日放送 同時ネット 1975年4月5日から放送
腸捻転の解消に伴う移行
鳥取県島根県 山陰放送 1972年9月の山陰相互乗り入れまでは島根県でのみの放送
岡山県 山陽放送 当時の放送対象地域は岡山県のみ
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NETテレビ系列
1970年4月の開局時から放送
1971年12月打ち切り[2]
高知県 テレビ高知 TBS系列 1970年4月の開局時から放送
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

近畿地区でのネット状況について[編集]

近畿広域圏(以下、近畿地区)では、ほとんどの期間においては朝日放送で放送し、当時朝日放送は土曜19:30枠で自社製作ドラマ『部長刑事』を放送していたため、同局では火曜 19:30 - 20:00 (TBSなどでは『進め!ドリフターズ』などが放送されていた時間帯、因みに朝日放送ではTBSの火曜19:30枠で放送されていたレギュラー番組はネットチェンジが実施するまで土曜18:00枠に4日遅れで放送されていた)に3日遅れでロート製薬の一社提供によるスポンサードネットで放送されていたが、当時同系列局の火曜19:30枠にはトクホン(当時鈴木日本堂)がネットワークスポンサーに付いていたが、基幹局や民放が2 - 3局しかない県のネット局への配慮により、同枠放送番組を時差ネットとすることでローカルセールス枠とすることが可能な、マストバイの対象から外された時間帯であった。

その後、朝日放送と1975年3月までNETテレビ系列だった毎日放送ネットチェンジ(いわゆる腸捻転の解消)したのに伴い、近畿地区では同年4月5日から毎日放送で放送されるようになり、同時にTBSとの同時ネットへ移行した。これによって放送曜日が全ネット局一律になったため、番組冒頭の巨泉の挨拶に「土曜日が来ました」と曜日が入るようになった(ネットチェンジ前までは、曜日を言わない「巨泉のお笑い頭の体操の時間がやって参りました」で始まっていた)。

なお、朝日放送はネットチェンジの際に、TBSにおける1975年3月22日放送分(朝日放送では同年3月25日に放送)をもってネットを打ち切ったため、同年3月29日放送分は近畿地区では未放送となった。また、因みに朝日放送は、ロート製薬一社提供番組に関しては、NETテレビ系列に移行して直後に放送されたNETテレビ製作の『お笑い他流試合』については木曜19:30枠にて同時ネットで放送された。

コミカライズ[編集]

放送開始から1年後の1969年には、講談社マガジンブックスから本作コミカライズ版(原案:中富尚志 / 絵・構成:峯たろう)の単行本が発売された。全1巻。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『巨泉 人生の選択』 講談社[要ページ番号]
  2. ^ 1972年1月から土曜19時台の枠をフジテレビ系列の遅れネット枠へ切り替えたため(2009年春の改編まで行われていた)。
TBS系列 土曜19:30枠
【本番組からロート製薬一社提供枠】
※但し、ネットチェンジがあった近畿地区は除く
前番組 番組名 次番組
新春グランド歌合戦
(1968年1月6日 - 1968年1月27日)
お笑い頭の体操
(1968年2月3日 - 1975年12月27日)
クイズダービー
(1976年1月3日 - 1992年12月19日)