山川静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまかわ しずお
山川 静夫
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 静岡県静岡市葵区
生年月日 (1933-02-27) 1933年2月27日(84歳)
最終学歴 國學院大學文学部
職歴 NHKアナウンサー、現:芸能評論家
活動期間 1956年1994年
ジャンル 司会など
出演番組・活動
過去 NHK紅白歌合戦
ひるのプレゼント
ウルトラアイ

山川 静夫(やまかわ しずお、1933年2月27日 - )は、日本フリーアナウンサー、芸能評論家(特に歌舞伎)、エッセイスト。元NHKアナウンサー

来歴・人物[編集]

1933年2月27日、現在の静岡県静岡市葵区静岡浅間神社神主の家に生まれた。

國學院大學文学部卒業日本伝統文化に興味があり、國學院大學在学中から歌舞伎の声色が得意で、ニッポン放送の歌舞伎番組に出演していた経験を持つ。中村勘三郎 (17代目)中村歌右衛門 (6代目)吉田玉男吉田簑助など古典芸能の名人たちと親交を深めている。

1956年にNHKに入局[1]青森仙台大阪に勤務の後、1968年東京アナウンス室に配属。前期の担当番組はお父さんはお人好し女性手帳(大阪制作)、お楽しみグランドホールひるのプレゼント歌のグランド・ショーお国自慢にしひがしなど。

後期は科学番組ウルトラアイトライ&トライくらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。1974年から1982年まで白組司会を9年連続で担当、これは先輩の高橋圭三に並び連続白組司会の最長記録となっている。

著作も多く、1974年に刊行した『綱太夫四季』が処女作である。

1972年チーフアナウンサー、1988年理事待遇、1990年に特別主幹(事務理事待遇)職に就任するが、その後も当時の担当番組だった「くらべてみれば」ではアナウンサーとして司会を続け、1991年1992年には「国民的番組」の名誉復権をかけて10年ぶりに紅白に総合司会として司会復帰する等、1994年3月(実際、山川は1993年の時点で60歳を迎えていた)に定年退職するまで"NHKの顔"として活躍した。2000年脳梗塞とそれに伴う失語症心不全結腸腫瘍による腸閉塞と相次いで大病に見舞われたが、短期間で復帰。

1991年からは国語審議会委員を務め、また芸能評論家として雑誌・単行本に評論・エッセイを執筆するなど、退職後はブラウン管から一歩離れた立場での活躍が目立っているが、NHK衛星第2において、「山川静夫の華麗なる招待席」「昭和の歌人たち」といった番組の司会を担当し長年に渡り出演してきたほか、2010年には十一代目市川海老蔵の結婚披露宴(全2部構成の第1部)の司会を担当した。

大阪放送局勤務時代(1959-65)、当時朝日座といった文楽劇場へ通いつめ、文楽を筆頭に歌舞伎、新国劇などの古典芸能に通暁しており、その時親しんだ八代目竹本綱大夫の評伝『綱大夫四季』は名著だが、当時、その著者がNHKのアナウンサーと同名異人だという人もいた程で、その後も多数の古典芸能に関する著書があり、一級の古典芸能評論家と言えるが、語り口の柔らかさのためか、アナウンサーのイメージから世間が抜け出していない。

同期にはスポーツアナウンサーとして知られる向坂松彦、ニュースキャスターやナレーターを勉めた松川洋右がいる。志生野温夫日本テレビアナウンサー)は大学時代の同級生。NHKの採用試験は、志生野と共に受験したが、志生野は4次試験の面接で落第してしまった。

出演番組[編集]

著作[編集]

  • 綱太夫四季 昭和の文楽を生きる 南窓社 1974年 のち岩波現代文庫
  • 爆笑の話術 新星出版社 1974
  • 他人のふんどし 1976年
  • 上方芸人ばなし 日本放送出版協会 1977年
  • 歌右衛門の疎開 文藝春秋 1980 のち岩波現代文庫
  • ウルトラおじさん頑張る 講談社, 1980
  • 小説 和田信賢-そうそう、そうなんだよ- 1983年(のち岩波現代文庫)
  • 夕空はれて 広池学園出版部 1985
  • 歌右衛門の六十年 中村歌右衛門聞書き 岩波新書 1986
  • 人の情けの盃を 淡交社 1986
  • もっとうまく話したい ダラダラ、マゴマゴにさよならする知恵 ごま書房 1988
  • 勘三郎の天気 読売新聞社、1988年 のち文春文庫
  • 名手名言 中央法規出版、1991年 のち文春文庫
  • 山川静夫の歌舞伎十八選 これだけは見てほしい平成の歌舞伎 吉田千秋写真 講談社 1991
  • 胸の振子 文藝春秋、1991年
  • 当世やまとごころ 日本放送出版協会 1992年
  • オフィス忠臣蔵 文春ネスコ 1994年
  • 歌舞伎の知恵 演劇出版社 1994
  • 文楽の女 吉田簑助の世界 淡交社 1994
  • 私のNHK物語-アナウンサー38年 文藝春秋、1994年 のち文庫
  • 短いスピーチほどおあとがよろしいようで ごま書房 1998
  • 話せるヒント 思いやりのキャッチボール 日本文芸社 1999
  • 歌舞伎のかくし味 淡交社 1999
  • 歌舞伎漫筆 岩波書店 2000
  • 文楽の男 吉田玉男の世界 吉田玉男 淡交社, 2002
  • 山川静夫芝居随筆 演劇出版社, 2003
  • 花舞台へ帰ってきた。吉田簔助と山川静夫 脳卒中・闘病・リハビリ・復帰の記録 淡交社 2007
  • 歌舞伎の愉しみ方 岩波新書、2008
  • 大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし 講談社 2009

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

  • 15年間放送された「スタジオ102」の後番組として「NHKニュースワイド」がスタートする際、メインキャスターとしてスタッフは知名度抜群の山川を起用して、人気急上昇中であった徳光和夫司会の日本テレビズームイン!!朝」に対抗しようと考えたが、山川当人は他のアナウンサー仲間からの説得にも全く首を縦に振らず、これを頑なに拒否。この時に説得に当たっていた後輩の森本毅郎が代わりにメインキャスターとして抜擢され、フリーへの布石を築くこととなった。
  • 古典芸能、とりわけ歌舞伎に対する造詣・関わりが強く、國學院大學在学中には歌舞伎研究会を自ら設立させた。その当時から役者の声まねを得意とし、ラジオの素人参加番組ではその卓越した技芸で常連となっていた。また、先代(17代)中村勘三郎とは私生活でも親交が深く、学生時代には勘三郎は二役を務める舞台などで、特に勘三郎の声まねを得意としていた山川を使い、早替りのための時間稼ぎに山川の声を使い、その間を繋げたことも度々あったという。その声は、勘三郎夫人にも違いが判らなかったほどの出来栄えであった。長男の18代目とも親交があり、彼の訃報に際しては『ニュースウオッチ9』で想い出を語った。
  • 歌番組における「茶化し」を含んだ司会ぶりも当時のNHKアナウンサーの概念からすれば型破りと評されることもあった。特にNHK紅白歌合戦においては、駄洒落やブラックユーモアともとれる言葉を選んで司会をしていた。
  • 1973年の紅白の総合司会(山川)による審査員の紹介で高橋洋子を紹介する際に「高橋洋子さんです。ようこそ」と駄洒落を発した。
  • 短足をネタにされている布施明を紹介する際に、1974年の紅白で述べた「布施明、お尻の下は、すぐかかと」という文句は余りに有名。更に1976年の紅白では「ダックスフント協会会長の布施明さんです」と述べている。
  • この他、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。
  • 1975年の紅白では、デビュー曲「赤いランプの終列車」を紅白で初披露することになった春日八郎の紹介の際に、曲名を捩って「紅はこれでお終いです」と紅組メンバーを牽制。
  • 1976年の紅白でのフォーリーブス紹介で「ター坊マー坊トシ坊、そして今年の話題の中心人物コーチャン(北公次の愛称「コーちゃん」と同年発覚したロッキード事件で知られるロッキード社コーチャン英語版副会長の捩り)。これで紅はコーチャン(降参)でしょう!」
  • 1977年の紅白では、ちあきなおみが「夜へ急ぐ人」を髪を振り乱しながら熱唱した後、「何とも気持ちの悪い歌ですね〜」と同曲を評した(ちあきがアウトロの部分でうめくような声を発していたことも理由と考えられる)。
  • 1978年の紅白では、出番を終えた桜田淳子を「「しあわせ芝居」にたくさんの拍手をありがとうございます」と労いながらも、「でも、今の拍手はサクラだ(桜田)」と一言。また、庄野真代にも出場曲「飛んでイスタンブール」を捩って「先程の歌は"とんでもないイスタンブール"の間違いでございました。お詫びして訂正したい気持ちでございますが…」とこれまた痛烈な表現で庄野の歌を牽制した。
  • 1979年の紅白では、ロングヒットのために3年連続で「北国の春」を紅白で披露することとなった千昌夫の紹介時に「何ともしぶとい人です。」と述べた。
  • 1980年の紅白では、この年、7年ぶりに紅白に返り咲いた海援隊の「贈る言葉」の曲紹介の際に、海援隊のボーカル・武田鉄矢のことを、彼が主演を務めたTBSドラマ「3年B組金八先生」を捩って「3年白組金八先生」と紹介した。後のNHKでは民放の番組名、商標、固有名詞などに関する取扱いはかなり緩和されているが、まだ当時の段階ではそれらの名称・名詞をアナウンサーや記者が番組の中で用いることは“ご法度”とされていた。その中で既にエース級のアナウンサーとしての地位を確立していた山川があえてその“ご法度”を破る曲紹介を行ったことに対して、当時、俄かに放送関係者の間で話題となった。
  • 1981年の紅白のエンディングでは、大トリとして大量の紙吹雪が吹き荒れる中で「風雪ながれ旅」を熱唱した北島三郎のステージにつき「いや〜、最後はサブちゃんの鼻の中に紙吹雪が入るんじゃないかと思いましたが」と感想を述べた。
  • 1992年の紅白では、山川豊の出番の後に設けられたミニコーナーの冒頭で「山川の後は山川ですけれども」と改めて自己紹介。
あえて高橋圭三宮田輝という目標としてきた名アナウンサーの路線を踏襲せずに自分の司会スタイルを確立しようとしていた姿勢の表れと見ることができ、紅白におけるアナウンサー司会の形式に新風をもたらした功績は大と言える。また、最初にコンビを組んだ佐良直美(1974-1977年)、黒柳徹子(1980-1982年)との舌戦は、紅白随一の名コンビとして、高い評価を得ている。
  • 紅白の白組司会を初めて担当することになった時、先輩の高橋圭三との会食の席で衣装の件で相談をしたところ、「新品の靴ではなく、履きなれた靴を履いて司会に臨みたまえ」とアドバイスされたという。これは「新品の靴」では妙に身構えて司会進行を行ってしまい、普段のアナウンサーとしての実力を発揮できない危険がある、という長年のアナウンサー・司会者生活の中で得たいかにも高橋らしい絶妙なアドバイスであり、この忠言に従って、山川も本番ではあえていつも自身の担当番組で履いている靴で司会を担当し、初担当ながらリラックスして進行に集中することができた、と回顧している。
  • 紅白歌合戦の司会を担当して脂が乗っていた1970年代に、NHK東京アナウンス室メンバーで作る草野球チームに入っていて、三塁手でプレーしていたとのこと[2]
  • 1980年8月16日に発生した、『静岡駅前地下街爆発事故』の際、たまたま静岡の実家へ帰省していた山川が事故の一報を聞いてNHK静岡放送局へ駆けつけ、応援アナとして静岡のスタジオから事故のニュースを伝えた。
    山川がNHK静岡放送局史「静岡放送局70年のあゆみ」に寄稿した当時の述懐によると、「実家から比較的近所にあった静岡局へ自転車で駆けつけ、警察や消防から入ってくる被害者(死傷者氏名や収容先)の情報を読み上げた」とのことである。この事故では高校時代の同級生夫妻も事故に巻き込まれ命を落としており、その同級生夫妻の氏名も読み上げることとなってしまったという。故郷の放送局でありながらも、一度も勤務経験がなかった静岡局でのこの一連の出来事を、山川は「忘れることができない」とし、犠牲者である同級生との、放送を通じての別れを「運命の皮肉さを思わずにはいられない」とも述べている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時のアナウンス養成主任は木津川辰雄
  2. ^ グラフNHK」 1976年10月号『アナウンス室だより』参照

関連項目[編集]