渚のシンドバッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渚のシンドバッド
ピンク・レディーシングル
B面 パパイヤ軍団
S・O・S(1993年版)
リリース
ジャンル アイドル歌謡
時間
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 阿久悠都倉俊一
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1977年度年間1位(オリコン)
ピンク・レディー シングル 年表
カルメン'77
1977年
渚のシンドバッド
1977年
ウォンテッド (指名手配)
1977年
テンプレートを表示

渚のシンドバッド」(なぎさのシンドバッド)は、ピンク・レディーの4枚目のシングル1977年6月10日発売。発売元はビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)。

解説[編集]

前作から引き続き、3作連続でオリコンシングルチャート1位を獲得。また、同社集計の累計売上でグループ初のミリオンセラーを達成している(オリコンでのミリオン達成は発売からかなり経ってからで、順番では「ウォンテッド」「UFO」の後だった)。この後「カメレオン・アーミー」まで通算9作連続でオリコンチャート1位を獲得し、本作以降「モンスター」までは5作連続でミリオンセラーを記録している。どちらも連続記録としては当時最長の記録であった。なおビクター調べでは、145万枚[1]の売上でデビュー曲以降3作連続でミリオンセラーを記録し、この後も「カメレオン・アーミー」まで通算9作連続でミリオンセラーを記録している。

アイドル歌謡曲としては驚異的な人気と売上を記録し、1977年のオリコン年間シングルチャートは本作が1位を獲得。翌年も「UFO」で2年連続年間セールス1位に輝いている。また、週間チャートでは本作と次作「ウォンテッド (指名手配)」の2作で通算17週にわたり1位を独占し続けた。次々作「UFO」でも長期間1位を独占していたため、1977年7月第3週から1978年2月第3週までの28週のうち27週にわたりピンク・レディーが1位を獲得していた。

翌1978年に同じレコード会社、ビクター音楽産業からデビューしたサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」は、本作の “シンドバッド” と、同時期にヒットしていた沢田研二の「勝手にしやがれ」の “勝手に” を取って付けたタイトルである[2][3]

1993年9月22日CDシングルとして再発。この際は「S・O・S」をc/wに収録している。1996年8月21日にはリミックスバージョンを収録し再発。この2作はどちらも廃盤となっており、2006年12月13日に、12cmシングルとしてリマスタリングを施され再発された。こちらのバージョンは収録内容もオリジナルと同一である。

2005年には、日本テレビ系水10ドラマおとなの夏休み』第2話主題歌に起用された。ちなみに第1話の主題歌は、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」である。

フジフイルムの「写ルンです」テレビコマーシャルでこの曲が使われており、渚にシンドバッドがいるという不可思議な状況を実写化している。


収録曲[編集]

  1. 渚のシンドバッド
    • 作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一
  2. パパイヤ軍団
    • 作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一

1993年版[編集]

  1. 渚のシンドバッド
  2. S.O.S
  3. 渚のシンドバッド (オリジナル・カラオケ)
  4. S.O.S (オリジナル・カラオケ)

1996年版[編集]

  1. 渚のシンドバッド (オリジナル・バージョン)
  2. 渚のシンドバッド (リミックス)
  3. 渚のシンドバッド (カラオケ)

カバー[編集]

渚のシンドバッド
パパイヤ軍団
  • ピンク・ベイビーズ(2016年) - シングル『渚のシンドバッド』Type-Dに収録[4]

脚注[編集]

  1. ^ アサヒグラフ』1981年4月17日号、20頁。
  2. ^ 舌津智之 『どうにもとまらない歌謡曲: 七〇年代のジェンダー』 晶文社、2002年、115頁。
  3. ^ 田家秀樹 『読むJ‐POP: 1945‐1999私的全史あの時を忘れない』 徳間書店、1999年、205頁。
  4. ^ a b “ピンク・レディーを歌い継ぐピンク・ベイビーズ、1stシングルはあの名曲”. 音楽ナタリー. (2016年8月31日). http://natalie.mu/music/news/200193 2016年9月1日閲覧。