ベイエフエム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベイエフエム
bayfm78 Company, Limited
放送対象地域 千葉県
系列 独立
略称 なし
愛称 bayfm
コールサイン JOGV-FM
開局日 1989年10月1日
本社 〒261-7127
千葉県千葉市美浜区中瀬二丁目6番地 ワールドビジネスガーデンマリブウエスト棟27階
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 船橋 78.0MHz / 5kW
主な中継局 銚子 79.3MHz
勝浦 87.4MHz
白浜 79.7MHz
館山 77.7MHz
公式サイト http://www.bayfm.co.jp/
特記事項:旧商号は「エフエムサウンド千葉」。
テンプレートを表示

株式会社ベイエフエムは、千葉県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。愛称はbayfmキャッチフレーズは「LOVE OUR BAY LOVE OUR FUTURE」(ラヴ・アワ・ベイ・ラブ・アワ・フューチャー)。サウンドステッカーとしてはキャッチフレーズの前半部分の「LOVE OUR BAY」のほか、「Beat of the Bay」も用いられる。

データ[編集]

株式会社ベイエフエム
bayfm78 Co., Ltd.
WBG Building Makuhari 1.jpg
種類 株式会社
略称 bayfm
本社所在地 日本の旗 日本
261-7127
千葉市美浜区中瀬二丁目6番地1 ワールドビジネスガーデンマリブウエスト棟27階
設立 1988年10月28日
(株式会社エフエムサウンド千葉)
業種 情報・通信業
事業内容 放送法による超短波放送、放送時間の販売と放送番組の制作および販売
代表者 吉岡圭二(代表取締役社長)
資本金 8億円(2012年3月31日現在)
売上高 22億584万5000円
(2012年3月31日現在)
営業利益 710万1000円(2012年3月期)
純利益 302万7000円(2012年3月期)
純資産 27億7173万8000円
(2012年3月31日現在)
総資産 30億6868万円(2012年3月31日現在)
決算期 3月末日
外部リンク http://www.bayfm.co.jp/
テンプレートを表示

ただし「NEO STREAM NIGHT」→「Brand-new Hotline」終了後、定期試験としてサンバ調の音楽が数分間流れる(音楽が左右片方やモノラルになる)。その後、少し無音になり、テストトーン、4:57頃にバズーカ山寺(山寺宏一)[1]による放送開始クレジットが流れる(以前は5時直前だった)。Powerplayを挟んで月曜朝へつなぐ。

  • 毎朝5時前にも周波数告知ジングルが入る。

放送エリア[編集]

千葉県船橋市三山に送信所があり、千葉県が放送対象地域である。

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[2][3][4]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
8億円 8億円 5万円 16,000株 141
株主 株式数 比率
千葉県 1,600株 10.00%
千葉日報社 1,290株 08.06%
千葉テレビ放送 1,290株 08.06%
ニッポン放送 0,960株 06.00%
朝日新聞社 0,800株 05.00%
中日新聞社 0,640株 04.00%
日本経済新聞社 0,640株 04.00%
読売新聞東京本社 0,640株 04.00%
毎日新聞社 0,540株 03.37%
西武鉄道 0,400株 02.50%
房総開発 0,400株 02.50%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
8億円 8億円 5万円 16,000株 178
株主 株式数 比率
千葉県 1,600株 10.00%
千葉日報社 1,290株 08.06%
千葉テレビ放送 1,290株 08.06%
産業経済新聞社 0,800株 05.00%
朝日新聞社 0,800株 05.00%
中日新聞社 0,640株 04.00%
日本経済新聞社 0,640株 04.00%
読売新聞東京本社 0,640株 04.00%
毎日新聞社 0,540株 03.37%
広報社 0,400株 02.50%
西武鉄道 0,400株 02.50%
房総開発 0,400株 02.50%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
8億円 8億円 5万円 16,000株 187
株主 株式数 比率
千葉県 1,600株 10.0%
杉山正 [5] 1,280株 08.0%
長谷輝義 1,280株 08.0%
河野魁 [5] 0,640株 04.0%
新井篤美 [5] 0,640株 04.0%
大坪成彬 [5] 0,640株 04.0%
中村哲夫 [5] 0,640株 04.0%
桃瀬剛一 [5] 0,640株 04.0%
ネスコ 0,640株 04.0%
西武鉄道 0,400株 02.5%
房総開発 0,400株 02.5%
西友 0,400株 02.5%

沿革[編集]

  • 1988年 -
    • 9月予備免許取得。10月28日株式会社エフエムサウンド千葉設立。(当時の本社・千葉県千葉市中央区中央一丁目11番1号 千葉中央ツインビル1号館7階 ホテルサンガーデン千葉(現:三井ガーデンホテル千葉)と同居)
  • 1989年7月 - 試験放送開始。9月、本免許取得。10月1日、FMでは全国32番目に開局。愛称を「bayfm」とする。
  • 1990年7月 - この年から毎年恒例になっているサマーキャンペーン開始。
  • 1992年7月 - BOSEと共同開発した音響機器、「bayfm78BOSE」を発売。
  • 1996年12月 - bayfmオフィシャルサイト開設。
  • 1998年2月 - 一部の番組で音声ストリーミング配信サービスをスタート。
  • 1999年 -
    • 5月、「幕張メッセ“どきどき”フリーマーケット」から公開放送をスタート。7月、携帯サイトがスタート。GLAYが幕張メッセの駐車場で20万人ライブ「GLAY EXPO'99」を開催。彼らの「SUMMER FM」という曲はbayfmがモデルになっている。12月、ポケットベル情報配信サービスをスタート(2004年2月終了)。
  • 2001年5月 - 前述「フリーマーケット」を、この年から幕張メッセと共に主催。
  • 2003年11月 - 携帯サイトが各社公式コンテンツになる。
  • 2004年9月28日~10月1日、78時間特番を放送。開局15周年を期に商号を株式会社ベイエフエムに変更。
  • 2006年12月1日午前9時 - 本社機能をスタジオマリブのある幕張ワールドビジネスガーデンに移転・集約。その記念としてスペシャルコンピレーションアルバム『Bay Side Love〜Love Song Collection〜』を11月29日にリリース。
  • 2009年 - 開局20年を記念しキャッチフレーズに「Love our future」を追加する。10月1日、開局20周年。
  • 2011年1月26日 - KDDIが提供するauの携帯電話・スマートフォン向けのインターネットサイマル放送サービス「LISMO WAVE」で配信を開始(コマーシャルと一部番組はBGMに差し替えている)。
  • 2011年3月11日 - 東日本大震災の影響を受け、当分の間(一部は3月一杯)番組編成を変更。
    • 多くの収録番組(アーティスト、タレントがパーソナリティの番組など、及びサテライトスタジオからの生放送)が休止。変わって『東日本大震災報道特別番組』として番組を放送。番組表では放送時間ごとに区切りがつく形であったがぶっ通しでの放送。
    • 賑やかな英語アナウンスを使ったステーションジングルが局名告知型に変更。以後2014年現在に至るまで、「Love our bay」が外され「Bay FM seven eight」のみになる。
  • 2011年4月12日 - 午前10時よりインターネットでのサイマル放送「radiko」にて試験配信を開始。10月12日に本配信に移行。当初の配信エリアは、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県の1都3県。
  • 2013年7月1日 - 「radiko」の配信エリアを茨城県、栃木県、群馬県へ拡大。
  • 2014年4月1日 - 「radiko.jpプレミアム」にて日本全国への配信を開始。
  • 2014年10月1日 - 開局25周年。

主な番組とDJ[編集]

(2015年10月現在) ●印のあるものは「LISMO WAVE」では配信されない、○印があるものは「radiko.jpプレミアム」では配信されない。

随時[編集]

1日5 - 20回程度放送

全て「Updates」(アップデイツと発音)が付く。

ヘヴィー・ローテーション

  • JOGV-FM Power Play(5時 - 23時) - ナビゲーター:ALAN J
  • Midnight Power Play(24時 - 4時) - ナビゲーター:清浦夏実

月 - 金曜[編集]

土日[編集]

過去に放送していた主なワイド番組[編集]

スタジオ[編集]

本社スタジオ[編集]

STUDIO MARIVE (1991年12月23日オープン)

幕張ワールドビジネスガーデン・マリブウエスト棟27階(千葉市美浜区幕張新都心
  • 当初はサテライトスタジオとして使われていたが、千葉市中央区中央から幕張ワールドビジネスガーデンに本社を移転するのに伴ってリニューアルされ、2006年12月1日に本社スタジオとなった。5つのスタジオからなる。

現在使われているサテライトスタジオ[編集]

STUDIO IKSPIARI (2000年7月オープン)

イクスピアリ2階シネマイクスピアリ前(浦安市舞浜東京ディズニーリゾート舞浜駅近く)
KEIYOGINKO POWER COUNTDOWN JAPAN HOT 30(土、15:00 - 17:50)

U-kari STUDIO(2003年10月オープン)

YOU!PLA1階(佐倉市ユーカリが丘京成本線ユーカリが丘駅北口)
MUSIC SALAD FROM U-kari STUDIO(月 - 木、12:00 - 12:51)

JUNNE BOOTH(2005年10月オープン)

そごう千葉店オーロラモールジュンヌ1階(千葉市中央区千葉駅センシティ
JUNNU CAFÉ(日、16:00 - 16:26)
SKY GATE

SKY GATE成田国際空港所有、2006年6月オープン)

成田国際空港第1ターミナル5階(成田市成田空港駅下車) ※案内板には「見学ホール」と表示されている
SKY GATE TRAVELLIN'GROOVE!!(金、9:00 - 12:55)
SKY GATE KISS & SMILE(金、13:00 - 15:51)
  • U-kari STUDIOでインターネットラジオ「佐倉子供放送局」が収録されたことがある。
  • STUDIO IKSPIARIとSKY GATEはbayfm所有のサテライトスタジオではない。特に、STUDIO IKSPIARIは他のラジオ局も使用し放送を行っている。

過去に使われていたサテライトスタジオ[編集]

NOA(1997年12月 - ?)

東京湾アクアライン海ほたるパーキングエリア木更津市

Palm Terrace(2000年7月 - 2001年頃?、夏季限定)

成東海岸(旧成東町

TOWER STREET STUDIO

東京都渋谷区宇田川町 タワーレコード渋谷店1階

STUDIO K・WEST (1996年10月 - 2014年3月)

客席とのガラス等の間仕切りがない状態で公開放送を実施
柏高島屋ステーションモールの改装に伴い、流山おおたかの森ショッピングセンターに移転
  1. 柏高島屋ステーションモールS館8階(柏市柏駅西口)(1996年10月 - 2007年3月。後に東急ハンズが入居)
  2. 流山おおたかの森ショッピングセンター3階(流山市流山おおたかの森駅近く)(2007年4月 - 2014年3月)

…etc


アナウンサー[編集]

情報アナウンサー[編集]

  • その他土曜・日曜担当1名在籍。
    • 基本的に月曜から木曜は14時台から18時台、金曜は9時台から19時台、土曜日曜は朝8時台から19時台までUpdatesなどで担当している。なお地震や台風などの災害発生時や臨時ニュースなどの緊急時、また祝日などで特別番組編成時は担当時間前や20時以降も残る場合もある。

元アナウンサー[編集]

特徴[編集]

全体[編集]

平成新局の一つ。

東京都心部に電波が届くことから、東京と周辺部を意識し、全体的には地元県のローカル色を抑えた放送としている[8]。bayfmのbayはTokyo Bay(東京湾)のことであり、「ベイエリア」という言葉を自局のターゲット地域の呼び名として使用する。「ベイエリア」は湾岸(京葉)地域を匂わすが、「ベイエリアの天気」とは「千葉県の天気」と言う意味らしい[9]。ただし地元企業(主として中古車販売業やカーディーラー)や通販型自動車保険のCMは多く流れている。金曜日の日中は県内のパチンコ店のCMが特に多い。また夜の番組には固定スポンサーが付かず、パーティシペーションもしくは自社イベント宣伝のみ。5秒単位での空白部分は局ジングルが挿入される(パターンはいくつかあるものの、その曲調は89年の開局当時から全く不変)が、CM枠の埋め合わせの場合には「MUSIC SALAD」の番宣、「bayfm SHOPPING ISLAND」の宣伝の場合もある。

2001年4月の番組改編を境に、一部のワイド番組名についていた「TOKYO BAY」の「TOKYO」の語が一斉に外された。『TOKYO BAY LINE 7300』は『BAY LINE 7300』に改められ(後に『BAY LINE GO!GO!』→『The BAY☆LINE』)、『ベイじゃないか』という番組もある。かつては一部の番組でFAX番号が東京都23区(と狛江市)の市外局番である「03」から始まっていた。また、2013年まで『POWER ROCK TODAY』のあて先は千葉市の本社ではなく、銀座にあるbayfm東京支社となっていた。

他局との関係[編集]

最近ではbayfmそのもののCMがチバテレで流れている。頻度は少ないがおもに音楽番組の前後にスポットCMとして流れることが多く、内容はbayfmのジングルが流れるシンプルなものである。また、それとは逆にチバテレビの番宣CMや、金曜21:51頃に『チバテレ Information』という番組も放送している。

また、かつては前述の「bayMX」という番組をTOKYO MXと放送していたが、現在TOKYO MXは筆頭株主であるTOKYO FMと深く関わっている。

ゾーニングプログラム[編集]

開局当初は放送する音楽ジャンルを時間帯ごとに分け、その時間(番組)内ではその特定ジャンルの曲しか放送しない「ゾーニングプログラム」編成を行っていた。その後生ワイド番組やアーティストの冠番組が増えてきたことによりゾーニング編成を次第に縮小していった。開局当時から現在も放送しているヘヴィメタル専門の長時間番組「POWER ROCK TODAY」はゾーニング編成の名残である。開局時のゾーニングに於ける音楽カテゴリーは以下の通りであった。「ビーチミュージック」・「ドライブミュージック」などはbayfm独自の区分け・ネーミングである。下記の他には「ジャパニーズコンテンポラリー(JC)」などが存在した時期がある。

  • RC: ROCK CLASSICS (ロッククラシックス GOLDEN OLDIES(ゴールデンオールディーズ)含む) - リリース後6ヶ月を過ぎたROCK(ロック) & POPS(ポップス)
  • CHR: CONTEMPORARY HIT RADIO(コンテンポラリーヒットレディオ) - 最新曲はこのカテゴリーに属する。
  • JC: JAPANESE CONTEMPORARY(ジャパニーズコンテンポラリー) - 邦楽専門。
  • BUC: BLACK(ブラック) / BLACK URBAN(ブラックアーバン) / URBAN CONTEMPORARY(アーバンコンテンポラリー) - ブラックはソウル、R&Bを指す。
  • BM: BEACH MUSIC(ビーチミュージック) (SAMBA(サンバ) / LIGHT ETHNIC(ライトエスニック) / CARIBBEAN(カリビアン) / BOSSA NOVA(ボサノヴァ) / NEW AGE(ニューエイジ))
  • DR: DRIVE MUSIC(ドライブミュージック) (FUSION(フュージョン) / CONTEMPORARY JAZZ(コンテンポラリージャズ))
  • CD: COUNT DOWN(カウントダウン) - チャート番組は全てこのカテゴリーに属する。
  • D: DANCE MUSIC(ダンスミュージック)
  • J: JAZZ(ジャズ) / JAZZ VOCAL(ジャズボーカル)
  • HH: HARD ROCK(ハードロック) / HEAVY METAL(ヘヴィメタル
  • 発売後6ヶ月経った楽曲すべてを「ROCK CLASSICS」(ロック・クラシックス)と定義し、ある歌手の最新曲でも発売6ヶ月を過ぎたものはいわゆる懐メロと同等の扱いで放送していた。

その他[編集]

  • 番組名アナウンスは全て英語で「(スポンサー)presents (番組名) with(担当DJ名)」。声の主は不明で男声女声両方。なお、「もちろんSKE!!」や「絶対! 美脚時代!!」のような例外も一部にある。
    • なお、「千田正穂の笑顔の真ん中に!」は例外的に英語風に「センダ・マサホノ エガオノ マンナカニ」と「with」を用いなかった。
    • グループメンバーが番組を担当する場合はDJ名のあとに「from」がつく(ex:『Lip Style!!』 「Lip Style!! with Arisa Noto from StylipS」)。
  • 番組の改編は主に4月10月に行われる。
  • 時報についてはアナログ放送時代のTBSテレビと同様のタイプの“プ、プ、ポーン”を使用している(TBSラジオの一世代前の時報と同様)。
    • 時報スポットCMにスポンサーが就かない時刻には「時刻はn時です」のアナウンス(「Anytime anyplace, bayFM 78」などパターンがいくつかあり、声は全て門脇知子)。
  • 開局時に大滝詠一、山下達郎らの大御所がそれぞれ記念番組としてDJを務めた。
  • 一部の生放送番組で、クロストークが行われている。
  • bayfmでは、情報枠を「Updates」としている。
  • ネットでのストリーミング放送が多くの番組で行われている。
  • AKB48を2005年の活動開始当時から応援しており、メンバーが出演する番組が存在する上、年に一度公開の特集番組「bayfm meets AKB48」を放送する。
  • 地元Jリーグチームジェフユナイテッド市原・千葉のスポンサーであり、蒲田健と酒井道代がスタジアムDJを務めている。

聴取率調査期間[編集]

近県他局ではいわゆるスペシャルウィーク聴取率測定期間) のことをbayfmではパワーウィークと呼んでいる。リスナーに豪華賞品(現金、ギフトカードクオカード等)をプレゼントする。期間中は全番組で通常ステッカー以上に「bayfm Power week!」のサウンドステッカーが連呼される。一時期は地元自動車ディーラーの協賛で乗用車もプレゼントしていたこともあった。

出演者について[編集]

俗に言うアニラジと呼べる内容の番組は少ないものの、古くから声優のDJ起用が多い。主に俳協シグマ・セブン所属の声優が起用されている。現在声優兼タレントの山寺宏一(バズーカ山寺)は当放送局でのDJが知名度と出演の幅を広げるきっかけとなった。ミュージシャンがDJを務める番組も多い。新聞のラテ欄では他局(AM各局やTOKYO FM、週末のJ-WAVEの番組など)とは異なり、番組名のみを表記することが多い。

2010年代からは、ローカルアイドルの営業応援も行うようになった(Tokyo Cheer2 Party[10]の「ガムシャラジオ」→「ラジオがいいじゃん」、WHY@DOLLの「ほわふわ武者修行radio」、SKE48の「もちろんSKE!」、Doll☆Elementsの「君のアシタを応援したい」)。

bayfm サマーキャンペーン[編集]

開局2年目にあたる1990年から毎年行っているキャンペーン。キャンペーンカーで千葉県内を中心に巡回し、カーシェイドやうちわなどを配布する。2010年頃からはトヨタ車が多いが、かつてはフィアット・パンダ (1990年)、クライスラー・ネオンシトロエン・C5 (2002年)、ホンダ・エアウェイブ (2006年) などが使われていた。

その他[編集]

関連項目[編集]

全員、ベイエフエムでのみ番組を持つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年2月より。2015年1月末まではバッキー木場
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、298頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、278頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、256頁。
  5. ^ a b c d e f エフエムサウンド千葉 非常勤取締役
  6. ^ 松尾潔が1992年4月から1996年3月まで放送していた7時間オール・ブラックミュージック・プログラム
  7. ^ かつて「SMAP POWER SPLASH」など、数多くの番組で放送作家を務めていたリリー・フランキーが自身の番組として初めて担当した番組('99年4月~'02年9月)
  8. ^ たまに埼玉県でも公開生放送や録音を行う事がある(逆にNACK5も千葉県で公開生放送や録音を行う事がある)。
  9. ^ 余談だが、東京湾岸地域を「(東京)ベイエリア」と呼ぶようになったのはTHE ALFEEが1986年8月3日に東京港13号埋立地(現港区台場・江東区青海地区・品川区東八潮地区)にある船の科学館近接の未利用地に特設ステージを設けて行ったコンサートのタイトルを『1986.8.3 SWEAT&TEARS TOKYO-BAY AREA』と称したことに由来している。しかし、ALFEEメンバーはbayfmにレギュラーはない。
  10. ^ なお主体的に関わっているのはAMの文化放送

外部リンク[編集]