チャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャンネルまたはチャネル: channel)。元来の意味は、ふたつの水面や海を結ぶ細長い水面、つまり海峡[1]。これから派生して次のような意味に使われる。

海運、水運[編集]

通信・エレクトロニクス[編集]

経済、商業[編集]

外交など[編集]

  • 外交、政治、経営などで、人や組織が互いに連絡をとりあったり交渉をする時に連絡をとりもつ担当者や仲介役となる人物や組織。窓口、交渉チャネル、外交チャネル、交渉パイプ、仲介者、交渉人などとも言う。

生化学、医学、東洋医学[編集]

  • イオンチャネル - 細胞膜に存在し無機イオンを通過させる。
  • 経絡 - 中国語で経絡と呼ぶ概念を英語に翻訳する場合の訳語のひとつがchannel。

スポーツ用語[編集]

  • チャネル(サッカー用語)en:Channel (association football) - ピッチ上でボールをやり取りするために、選手と選手やグループとグループの間につくられるスペース(選手がいないエリア)。バーティカル・チャネルとホリゾンタル・チャネルに分類される。

[編集]

  • 溝形鋼 - 断面が「」の字型のもの。海峡や水路の形状に似ていることから。

その他、特定の放送局や地名やグループ名や人物名など[編集]

固有名詞

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f [1]

関連項目[編集]