The BAY☆LINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The BAY☆LINE
ジャンル 情報・バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2015年4月1日 -
放送時間 毎週月曜 - 木曜 16:00 - 18:55(175分)
毎週金曜 16:00 - 18:45(165分)
放送局 bayfm
パーソナリティ #パーソナリティを参照
公式サイト 公式サイト
特記事項:
放送開始 - 2016年3月は月曜 - 木曜 16:00 - 18:50、金曜 16:00 - 18:38に放送していた。
テンプレートを表示

The BAY☆LINE(ザ・ベイライン)は、千葉県のラジオ局・bayfmで毎週月曜日から金曜日の夕方に放送されているラジオ帯番組2015年4月1日から放送開始。

番組概要[編集]

2009年4月から6年間に渡って放送されたリクエスト番組『BAY LINE GO!GO!』を引き継ぐ形として、タイトルと番組内容の一部を一新してスタートした。

『GO!GO!』時代からの継承として、各曜日のパーソナリティは基本的に男女2名となっており、曜日ごとに異なるパーソナリティが担当している。なお、前番組の月曜DJ、島村幸男は2015年から外回りが中心になったため、月曜、水曜の街角DJとして出演。

これまでのリクエスト番組の形を変えて、番組から情報を提供する形式に変わった。3時間で1つのテーマから変えて、コーナーごとにメールを募集している。

前番組同様8月1週では「おでかけベイライン」と称して、千葉県及び東京都内のサテライトスタジオで公開生放送される[1][2][3]

前番組同様、不定期で「快適生活ラジオショッピングスペシャル」が放送され、その時はレギュラーコーナーが休止される。また、12月には特番のため、有馬記念直前の金曜日[4]と12月31日[5]の番組は休止となる。

放送開始 - 2016年3月31日は月曜 - 木曜が18:50まで、金曜が18:38までだったが、16:50と18:50に放送されていた「快適生活ラジオショッピング」が放送終了したことに伴い本編が約10分拡大され、終了時刻も同年4月1日 - は月曜 - 木曜が18:55、金曜が18:45までとなった。

パーソナリティ[編集]

現在[編集]

☆がついている人物は当番組から初登場。

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日

過去[編集]

小西、中村、西田は前番組BAYLINE GO!GO!から、井森は前々番組BAYLINE 7300からの出演。

  • 春原佑紀☆(火曜日、2015年4月7日 - 2016年3月29日)[10]
  • 小西ゆりな(火曜日コーナーChiba Choose on Tuesday!リポーター、2012年10月2日 - 2016年5月31日)[11]
  • 松本英子☆(火曜日、2016年4月5日 - 2017年3月28日)
  • 中村愛(木曜日コーナーGo!Go!ラーメン部リポーター、2012年7月5日 - 2017年3月30日)
  • 西田あい(木曜日、2013年4月4日 - 2017年3月30日)[12]
  • 井森美幸(金曜日、2006年10月6日 - 2017年3月31日)[13]

代理パーソナリティ[編集]

  • 高橋愛(2015年4月29日、5月6日) - (水曜)岡田ロビン翔子の代理[14]
  • 倉持由香(2015年6月25日)- (木曜)西田あいの代理[15]
  • ダブルブッキング(2015年8月18日) - (火曜)有村昆の代理
  • レナ(2015年9月17日、2015年12月10日)- (木曜)西田あいの代理[16]
  • 酒井瞳(2015年11月26日)- (木曜)西田あいの代理[17]
  • 倉持明日香(2015年11月30日)- (月曜)きゃんひとみの代理[18]
  • 梨衣名(2016年3月3日)- (木曜)西田あいの代理[19]
  • ケリー・アン(2016年4月14日)- (木曜)西田あいの代理[20]
  • 吉川友(2016年6月8日)- (水曜)岡田ロビン翔子の代理[21]
  • 浜口順子(2016年9月13日)- (火曜)松本英子の代理[22]
  • 西田麻衣(2016年11月17日)- (木曜)西田あいの代理[23]
  • イマヤス(2016年11月23日)- (水曜)バズーカ山寺の代理[24]
  • 谷澤恵里香(2016年11月24日) - (木曜)西田あいの代理
  • イワイガワ(2016年11月30日) - (水曜)バズーカ山寺の代理[25]
  • 稲村亜美(2016年12月20日)- (火曜)松本英子の代理
  • 右手愛美(2016年12月27日)- (火曜)松本英子の代理
  • チェルシーリナ(2017年1月26日) - (木曜)西田あいの代理[26]
  • 塩ノ谷早耶香(2017年2月16日)- (木曜)西田あいの代理[27]
  • JOY(2017年4月25日、8月16日) - (火曜)有村昆の代理、(水曜)バズーカ山寺の代理
  • 麻生夏子(2017年11月9日)- (木曜)鈴木あきえの代理

コーナー[編集]

基本GO!GO!時代からの引き継ぎもある。

(2017年4月現在)

月曜日
エナジーを送る情報を提供。
  • トゥデイズ・トピック(4時台)
最近の気になることについてDJ2人が話す。
  • 島村幸男の噂レポート!(5時台)
島村がベイエリアの噂になっているスポットに行く。
  • We Love Marines(6時台)
前番組からの引き継ぎ。マリーンズとパリーグの近況を里崎が解説。
  • SUV land presents なるほどSUV(6時台)
リスナーの車に関する悩みに専門家が相談する。
火曜日
サブカルチャー情報を提供。
  • まさかのヨルイチ(4時台)
あさイチになぞらえて広い範囲でネタを話す。
  • Chiba Choose on Tuesday!(リポーター:相楽咲花)(5時台)
前番組からの引き継ぎ。リポーターが千葉の色んな施設に行ってリポートする。
  • インターフェイス presents 6時のアーティースト伝説(6時台)
前番組からの引き継ぎ。アーティスト1人(1組)の曲の秘話について話す。
  • 完パケ監督
番組で用意された映画風の芝居にそれに合った主題歌を考えるコーナー
水曜日
エンターテインメント情報を提供。
  • BUZZった山寺(4時台)
芸能ニュースを取り上げる。
  • ご報告(5時台)
リスナーの近況をブログ風に話す。
  • 街角DJ島村インタビュー(6時台)
島村が外に出てインタビューする。
  • お疲れ川柳(6時台)
リスナーのお疲れの理由を五七五風に話す。
木曜日
当初は当日のニュース、気になることから話題を提供していた。
  • 亮とあきえの距離が縮まる78のこと!(5時台)
5時台最初のコーナー。リスナーからのアドバイスをもとに2人で何かにチャレンジしていく。番組で2人は交換日記をやっており、毎週このコーナーで1週間でお互いの気づいたところなどを日記に書いて発表している。期間限定コーナー。
前番組からの引き継ぎ。麺屋青山協力でのラーメン屋、店員紹介
  • 週刊!ベイ旬(6時台)
ベイエフエム内の旬なタレこみを報告。伊津野が編集長、鈴木が副編集長の役割
金曜日
面白ネタを提供。10回大賞を取ればスタジオに招待される。
  • キャンペーン順子(4時台)
浜口順子の口を□(四角)になぞられて、浜なんとか順子と言った後に略して何順と言っていく。
  • ピタソンプラス(5時台)
日常場面に曲のフレーズを加えて遊ぶ。
  • 狂言師ハマー(5時台)
浜口が狂言師なりきり、狂言風に投稿ネタを披露。
  • モノノケさん(6時台)
森久保が物言わぬ物になりきってつぶやく。
全曜日共通
  • bayfmリスナー安全運転宣言(4時30分あたり)

出来事[編集]

  • 2015年9月23日(水曜日)は「秋のレポート祭り 逆転!街角DJスペシャル」と称して、普段街角DJをしている島村と中村がDJで、普段DJをしているメンバーが街角DJとしてレポートした。[29] 
  • 2016年2月15日から19日までのパワーウィークではDJシャッフルと称して、1人がそのままで、もう1人が別の曜日に出演させる企画を実施した。
    • 月曜:里崎、井森
    • 火曜:春原、西田
    • 水曜:山寺、有村
    • 木曜:伊津野、ロビン(ロビンがメインで進行)
    • 金曜:森久保、きゃん[30]
  • 2016年4月29日(金曜日)は成田空港第1ターミナル5階サテライトスタジオSKY GATEで公開生放送された(前番組はユアエルム八千代台店での特番だった)。

テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015年の月曜はそごう千葉店のJUNNUブース、火曜は舞浜のスタジオイクスピアリと千葉県内で、水曜は原宿駅のAmeba Fresh Studio、木曜はTokyo Sky Tree Studioと千葉県外(いずれも東京都)でのサテライトスタジオで行われた。金曜のみ4週目に「bay fm夏祭り」の特別企画の一環として成田空港のStudio Sky Gateで行われた。
  2. ^ 2016年は第4週で月曜はそごう柏店前特設ステージで開催する予定だったが、台風9号の接近で公開生放送が中止になり、本社スタジオで放送された。火曜はHARAJUKU Abema Studio、水曜はTokyo Sky Tree Studio、木曜はU-kari studio、金曜は成田空港のStudio Sky Gateで行われた。
  3. ^ 2017年度は月曜から木曜までサテライトスタジオでなく、1人がスタジオ外に出てレポートしていた。金曜のみ成田空港のStudio Sky Gateで行われた。
  4. ^ かつての金曜レギュラー井森美幸が出演していた「JRA SUPER MUSIC TURF
  5. ^ 金曜レギュラーの森久保が2017年3月までレギュラー出演していた特別番組「GRAND COUNTDOWN JAPAN HOT HOT 100
  6. ^ 森久保以来の新加入男性DJ。2017年3月20日はロサンゼルスでのWBC「ワールド・ベースボール・クラシック」解説のため、きゃん1人で行われた(番組登板初の欠席)。
  7. ^ 2015年4月15日(水)は舞台出演で欠席した山寺の代理
  8. ^ ベイラインシリーズでは初の平成生まれ。2016年4月より進行役を務める。山寺の歴代相方で史上初。
  9. ^ 本来初回の4月6日は欠席で伊津野1人で行われた。
  10. ^ 2016年4月より月 - 水曜13時 - 15時帯の「bayfm it!!」に移動。
  11. ^ 産休のため
  12. ^ 2016年2月9日(火)は体調不良で欠席の春原の代理。代理を受けたのは初めて。
  13. ^ 2017年2月10日放送で3月いっぱいでの降板を発表。
  14. ^ 所属するTHE ポッシボーのコンサート出演のため
  15. ^ NHKBS日本のうた』収録のため
  16. ^ NHK『BS日本のうた』収録のため
  17. ^ 山形県南陽市でのNHK『ごきげん歌謡笑劇団』収録のため
  18. ^ 沖縄県那覇市での小林さやかとのトークショー出演のため
  19. ^ 島根県でのNHK『BS日本のうた』収録のため
  20. ^ 福岡県北九州市でのNHK『新BS日本のうた』収録のため
  21. ^ 本来はゲストだったが、ロビンが体調不良のため出演
  22. ^ 秋田県での仕事のため
  23. ^ 長野県岡谷市でのNHK『新BS日本のうた』収録のため
  24. ^ 日本俳優連合チャリティーイベント東日本大震災・熊本地震 復興支援2016出演のため。本来は有村が代理だったが代打の代打での出演
  25. ^ 舞台『Run for Your Wife』出演のため
  26. ^ NHK『BS日本のうた』収録のため
  27. ^ 宮崎県延岡市での綾小路きみまろ笑撃ライブ2017出演のため。レギュラー出演してるYAMAMAN presents MUSIC SALAD FROM U-kari STUDIOに続けて出演。
  28. ^ 本来初回の2017年4月6日は別の仕事から帰る際の飛行機が間に合わず欠席
  29. ^ 金曜日の井森と森久保は出演してなく、火曜の有村はエンディング前のみに出演。ロビンは4時台、6時台と2回出演。
  30. ^ なお、この日のきゃんひとみは『POWER BAY MORNING』に朝5時から8時50分までの生放送に出演したため、ダブルヘッダーが組まれた形となった。

外部リンク[編集]

bayfm 月-金曜日 16時 - 19時
前番組 番組名 次番組
The BAY☆LINE
-