エフエム山口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エフエム山口
FM-Yamaguchi co,.Ltd.
放送対象地域 山口県
系列 JFN
略称 FMY
愛称 FM山口
コールサイン JOUU-FM
開局日 1985年12月1日
本社 753-8521
山口県山口市緑町3-31
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 山口(防府) 79.2MHz / 1kW
主な中継局 下関 77.7MHz
宇部 88.6MHz
岩国 82.1MHz
柳井 77.9MHz
萩 78.6MHz 他
公式サイト https://www.fmy.co.jp/
特記事項:山口本局の送信所は防府市にある。
テンプレートを表示
株式会社エフエム山口
FM-Yamaguchi co,.Ltd.
エフエム山口 局舎
本社社屋[注 1]
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 FMY
本社所在地 日本の旗 日本
753-8521
山口県山口市緑町3-31
設立 1985年4月1日
業種 情報・通信業
法人番号 2250001000088 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づく超短波放送事業ほか
代表者 代表取締役社長 藤井正史
資本金 9900万円
決算期 毎年3月31日
主要株主 #資本構成を参照
主要子会社 株式会社ZERO・db
外部リンク https://www.fmy.co.jp/
特記事項:諸数値は公式サイト内の会社案内[2]に基づく。
テンプレートを表示

株式会社エフエム山口(エフエムやまぐち、FM-Yamaguchi co,.Ltd.)は、山口県放送対象地域として超短波放送(FM放送)を行っている特定地上基幹放送事業者である。コールサインはJOUU-FM略称FMY(エフエムワイ)。

概要[編集]

1985年12月1日に全国20番目のFM局、全国69番目のラジオ放送局として開局した、山口県唯一の県域民放FM局である。全国FM放送協議会 (JFN) 加盟局の一つで九州・山口のJFN系列8局で構成するFMQリーグにも参加している。放送開始当初からジャパンエフエムネットワーク (JFNC) 制作番組のネット比率が高い。2015年時点の資本金は4億9500万円であった(後述)が、2017年7月に大幅な減資を行っている[3]

山口県が大株主となっており、社長も山口県庁OBが務めてきた[4]が、2015年6月に初の生え抜き社長として藤井正史が就任している[5]

現在のロゴタイプは2005年の開局20周年の際にリニューアルしたもので、上大岡トメがデザインしたキャラクター「緑山タイガ」もこの時誕生した[6]

完全子会社として、番組制作とイベント音響を手がける「(株)ZERO・db(ゼロ・ディービー)」(前身社名「サウンドオフィスFM」)がある。

事業所[編集]

本社・演奏所
東京支社

キャッチフレーズ[編集]

  • ときめく夢 きらめく音 - 1985年の開局から2001年6月まで。90年代まではこのキャッチフレーズを用いたジングルもオンエアしていた。
  • 面白すぎて 耳が点! - 1995年の10周年記念で制定。
  • Heart Warm Radio - 2001年7月から2005年11月30日まで使用。様々な自社制作番組のジングルやJFN共通ジングルにおいて使用していた。
    • 2005年12月1日 - 2015年3月31日は未設定
  • 届いてる!FMY - 2015年4月1日より。開局30周年キャッチコピー。「色んな人のメッセージや思いを、これまでも、これからも届け続けて行く、リスナーのハートに一番近い、一番身近なメディアでありたい」という願いが込められている[7]

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典は日本民間放送年鑑によった[8][9][10]

2015年3月31日[編集]

資本金 発行済株式総数 株主数
4億9500万円 9,900株 45
株主 株式数 比率
山口県 990株 10.00%
朝日新聞社 854株 08.62%
テレビ山口 655株 06.61%
山口放送 556株 05.61%
読売新聞大阪本社 556株 05.61%
中国新聞社 457株 04.61%
広島東洋カープ 457株 04.61%
宇部興産 408株 04.12%
トクヤマ 358株 03.61%
関門港湾建設 358株 03.61%

過去の資本構成[編集]

送信所・中継局[編集]

親局 周波数 空中線電力 備考
山口(大平山) 79.2MHz 1kW テレビ山口と共用
中継局 周波数 空中線電力 備考
下関 77.7MHz 50W
宇部 88.6MHz 100W
山口鴻ノ峯 82.1MHz 10W
岩国
柳井 77.9MHz 100W
78.6MHz
長門 89.4MHz 20W [注 3]
美祢 81.5MHz 100W
豊浦 78.3MHz 10W
周防大島 84.5MHz

インターネットによるサイマル放送は、ラジオクラウド[11]で行っており、radikoには長らく未対応だったが、2018年4月2日からエリアフリーも含め参加している[12][13]。さらに2018年6月26日からはV-Low帯マルチメディア放送・インターネットラジオサービス「i-dio」にて中国・四国地方でのサイマル放送・配信を開始したが2020年3月31日をもって終了した。またLISMO WAVEでも配信していたが、サービスの終了とともに配信を終えている。また、ドコデモFM[14]、AuDee(旧:JFN PARK)ではサービス開始初期から参加していたが、こちらもサービス終了で配信を終えた。

所有スタジオ[編集]

本社スタジオ[編集]

本社社屋2階に以下のスタジオを所有している[15]

サテライトスタジオ[編集]

新山口駅北口のサテライトスタジオ「0スタジオ」

開局以来、本社以外のスタジオは所有していなかったが、2018年にJR新山口駅(山口市小郡)北口広場にサテライトスタジオを新設。山口市の「新山口駅ターミナルパーク整備事業」の一環で整備されたもので[21]、整備事業のコンセプト「まちと駅をつなぐ0(ゼロ)番線」にちなみ、「0スタジオ」(ゼロスタジオ)と称する[22]。駅前広場オープン当日の2018年3月22日の記念特番より運用を開始[23]し、「COZINESS」と「Happy Happy FRIDAY」が本社スタジオから移動した。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から2020年4月10日の『Happy Happy FRIDAY』以降、当スタジオからの放送を取りやめていたが[24]、5月25日の『COZINESS』より公開放送を再開。ただし、スタジオ内での感染防止対策を徹底し、終了後の交流会の類は引き続き中止されている。

2021年8月30日 - 9月10日、山口県において「デルタ株感染拡大防止集中対策 強化・期間延長措置」が発表され、県や市町の施設の休館・休業措置がとられたことを鑑み、再び当スタジオからの公開生放送を中止。この期間は第1スタジオから生放送を行った[25]

番組[編集]

5:00を起点とした24時間編成を行っている[26]。基本的に毎週月曜 0:00 - 5:00を放送休止時間[27]にあてており、多くの場合試験電波[28]を流している。

自社制作番組[編集]

放送中(自社制作番組)[編集]

2022年現在の主な自社製作番組[26]。2010年以降、朝ワイド・夕ワイド・金曜縦長ワイドは年末年始に休止し(おおむね12月29日 - 1月3日)、JFNC制作のワイド番組を代替で放送[29]、17時台・18時台はJFNC制作ないしは自社制作の特別番組を編成する。

放送終了(自社制作番組)[編集]

平日

金曜日

土曜日

日曜日

  • HOT WAVE87(日曜夕方)
  • 情報ネットワーク〜いきいき山口ふれあいサンデー(日曜夕方)
  • 2-WAY YAMAGUCHI SUNDAY 6(日曜夕方)
  • 大好き!ひとのくに山口(日曜夕方)
  • 集まれ!音楽の仲間たち〜スウィンギング・ア・ミュージック(日曜夕方)
  • Sunday Sports 630(日曜夕方)

その他

JFNC・TOKYO FM以外のネット番組[編集]

JFNCおよびJFN系列局制作の全国ネット番組を除く。

放送中(ネット番組)[編集]

放送終了(ネット番組)[編集]

ニュース・天気予報・交通情報[編集]

2015年4月1日以降、定時の自社制作のニュース番組は放送しておらず[41]、すべて『JFNニュース[42]を放送している。それ以前に制作された自社制作のニュース番組は「日経ジャーナル」(平日朝・日本経済新聞協力経済ニュース)と「山口新聞ニュース」(平日[43]夕方・ローカルニュース)を除き、下記の全国紙・ブロック紙から配信されたニュースをアナウンサーが読み上げる形式で放送された。なお、土・日放送分は2009年3月で終了している。

ただし、月〜木の夕方に放送されたワイド番組[44]の中で17:20頃に編成されたニュースフラッシュに関しては全曜日読売新聞配信。金曜日のワイド番組[45]においてはショートニュース同様中国新聞配信。2010年4月の改編から「ニュース・ハイライト」となり、ショートニュース通りの配信を受けていたが、こちらも2015年3月31日をもって廃止されている。

天気予報は平日のみとなり1日2回放送(「PURE Morning」内・7:32頃[46]、「COZINESS」内・17:25頃[47][48])。かつては土日も放送されていたが、すべて廃枠となっている。

道路交通情報(日本道路交通情報センター山口センターからの放送)は平日1日5回・土曜1日1回(他に全国情報が土日に1回ずつあり)[49]。独立した番組扱いとなっている。なお、日曜は従来から放送が無い。

特別番組[編集]

  • FM山口開局特番(毎年11月23日 - 12月1日のうちに長時間編成、2010年は特番としては放送せず)
  • FMY SportsSpecial レノファ山口FC戦実況中継(年1試合程度)[50]
  • WILD BUNCH FEST.
    「Ride On Music!」の特別番組の形で放送。2017年は「WILD BUNCH FEST. Wai Y RADIO」として、山口きらら博記念公園多目的ドーム(きららドーム)内に設置された「公開ラジオブース」から放送[51]。また"BATTLE HEAT in STARPIAA"の後継として行われたアマチュアバンドイベント[注 5]もこの中で行われており、「Ride On Music!」とのコラボレーションで行われる。2018年は「0スタジオ」からの公開生放送を行った[53]

ヘヴィー・ローテーション[編集]

エフエム山口ではヘヴィー・ローテーション(パワープレイ)のことを「FMY PUSH ONE」(プッシュ・ワン、「一押し」の直訳。FMY検定によるとサブタイトルは「炎の皿回し」ということである)と呼び、月一回洋楽と邦楽一曲ずつ選んで5分枠または自社制作番組の中で放送している[54]

また、年1回8月にFMQリーグの共同企画としてヘヴィー・ローテーション企画「FM Q LEAGUE POWER PLAY」を放送している。

アナウンサー・パーソナリティ[編集]

開局以来、自社アナウンサーは比較的少数で放送されている。最大6人体制であったが、中途退職と後任の不補充により減少している。

在籍中[編集]

名前 読み仮名 入社年 主な担当番組など(2022年時点) 備考
水谷寛 みずたに ひろし 1986年 FM県民ダイアリー
新井道子 あらい みちこ 1987年 PURE Morning(月曜・火曜) 2022年4月より病気療養のため長期休養中。
小林愛子 こばやし あいこ 2018年 PURE Morning(水曜・木曜)
Ride on Music
UU.Concierge

退職者[編集]

特記なき者はフリーパーソナリティーとして活動中

  • 荒瀬英俊(1985年 - 2002年)
  • 井村由美子(1993年 - 2010年)
  • 木谷美帆(1994年 - 2001年)
  • 立石三恵子(2001年 - )
  • 鈴木晶久(2002年 - 2010年3月) :現・TOKYO FM報道情報センター所属アナウンサー
  • 俊山真美(2004年 - 2009年)
  • 築地雄太郎(2011年4月 - 2014年3月)
  • 中馬祥子(2014年 - 2017年)
  • 宮崎桂(2016年 - 2017年)
  • 金光一昭(1993年 - 2022年7月31日):現・フリーパーソナリティとして「Happy Happy FRIDAY」への出演は継続するほか、社員時代に収録したCMは継続して使用

パーソナリティ[編集]

2022年4月に公式サイトに名前が掲載されているフリーパーソナリティ等

  • 大和良子 - COZINESS
  • 山田香織 - PURE Morning(金曜)
  • はる - madapana
  • 兼頭のぞみ - Happy Happy FRIDAY
  • MIKKO - Happy Happy FRIDAY内『MIKKOのHAPPY SMILE』
  • 瀬来未央 - PURE Morning・Happy Happy FRIDAY内『FMY FRIDAY SPECIAL REPORT』
  • トクダトモヨ - Happy Happy FRIDAY内『GO! GO! RENOFA』
  • コシバKEN(ET-KING) - ET-KING コシバKENのwonder for school life
  • 兵頭尚吾 - Ride On Music
  • 宮本ハジメ - ザ・週刊フォーク王 ~まだまだ、人生、語らんよ~
    • シンガーソングライター。
  • 大谷泰彦 - YASUBE PRESENTS The mouVement

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 現在は鉄塔にFMYロゴがついているが、2005年12月まではピンクで「FM」、青で「山口」とタテに設置されていた[1]
  2. ^ a b c d e f エフエム山口 非常勤取締役
  3. ^ 1986年8月の開局 - 2000年7月2日は81.6MHz(出力10W)で送信されていた。しかし、当局の美祢局(81.5MHz、開局は長門局より後の1997年8月)との混信や、美祢局内でのマスキング(全く受信できなくなる現象)の発生NHK山口FM豊北局(81.9MHz)との混信が起きたため、翌7月3日に現在の周波数に変更され、同時に出力も増強された。
  4. ^ Kiss FM KOBEFM岡山HFMFM徳島FM香川JOEU-FM
  5. ^ CD音源・書類選考で1次審査を突破した8組(ライジング・エイト)が、周南市のライブハウス「ライジングホール」でパフォーマンスし、最終的に選ばれた2組(ライジング・2トップ)が当日会場でパフォーマンスする[52]

出典[編集]

  1. ^ エフエム山口局舎 全景”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  2. ^ 会社概要”. エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  3. ^ 2017年7月10日付官報
  4. ^ エフエム山口の社長に就任 佐本 敏朗さん”. サンデー山口 (2013年8月14日). 2018年10月24日閲覧。
  5. ^ 6月29日、エフエム山口社長に就任 藤井 正史さん”. サンデー山口 (2015年7月15日). 2018年10月24日閲覧。
  6. ^ 入口看板”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  7. ^ エフエム山口営業部 (@FMYbiz) 2015年3月31日 14:16 (UTC) のツイート
  8. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、404頁。 
  9. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、395頁。 
  10. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、417頁。 
  11. ^ “博報堂DYメディアパートナーズの提供する音声コンテンツ配信プラットフォームアプリ「ラジオクラウド」のコンテンツ配信社が64社へ拡大” (プレスリリース), 博報堂DYメディアパートナーズ, (2017年10月2日), http://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/HDYMPnews20171002_02.pdf 2018年3月26日閲覧。 
  12. ^ ラジコでのサービスがスタート!!”. FMY Infomation. 2018年10月24日閲覧。
  13. ^ 4月2日(月)12時頃より、エフエム山口が配信を開始”. radiko (2018年3月22日). 2018年10月24日閲覧。
  14. ^ ドコデモFM|聴取可能放送局一覧
  15. ^ 1階から2階への階段”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  16. ^ 第1スタジオ(復調整室)その1”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  17. ^ 第2スタジオ その1”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  18. ^ 本日スタートPURE Morning (*^^)v
  19. ^ 第3スタジオ”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  20. ^ 簡易スタジオ”. FMY-SEARCH(社内探索). エフエム山口. 2018年10月24日閲覧。
  21. ^ “新山口駅 北口広場、3月オープン バス乗降場も4月に集約/山口”. 山口新聞. (2018年1月18日). https://mainichi.jp/articles/20180118/ddl/k35/020/404000c 2018年3月22日閲覧。 
  22. ^ 新山口駅北口駅前広場にサテライトスタジオオープン!!”. FMY infomation. 2018年3月22日閲覧。
  23. ^ その後も春分の日にイベントと絡めた特別番組を放送。
  24. ^ ▼お知らせ▼新山口駅北口駅前広場0スタジオからの放送休止
  25. ^ 【お知らせ】ゼロスタジオ使用休止について
  26. ^ a b エフエム山口TIME TABLE”. エフエム山口. 2018年12月31日閲覧。
  27. ^ 放送開始からしばらくは1:00が終了時間であったが、当時放送された『きおつけ!ヤスベェ』の放送時間が移動した1992年には0:30へと変更(ただしPUSH ONEなどをスポットCMとして流し、厳密には数分オーバーしてクロージングを入れていた時期がある)。長らくそれは変更されることはなかったが、2010年から日曜最終番組として放送されてきた『ウキウキ放送局!零-ゼロ-』が終了したことに伴い、2020年1月から繰り上げられた。
  28. ^ radikoでは1:00を境に『試験電波』と『放送休止』に分かれている。
  29. ^ 朝は『OH! HAPPY MORNING』、夕方はJFNCの特別番組と『Happy Hour Party!』、2015年度までは『News Delivery -Evening Edition-』、金曜は『FRIDAY GOES ON! 〜あっ、それいただきっ!〜
  30. ^ 2020年3月までは日曜9:00 - 9:30に放送。
  31. ^ 月〜木は『COZINESS』、金は『Happy Happy FRIDAY』内
  32. ^ 2020年12月末まで土曜12:55も放送があった
  33. ^ 2022年3月25日は諸般の事情で休止され、『鈴木雅之プロデュース・スーパー・エディション』に差し替え。そのまま放送の打ち切りが決まり、スーパーエディションを後番組としている。
  34. ^ 放送261回~番組最終回~
  35. ^ 番組復活!!!(262回目)
  36. ^ 放送299回目!
  37. ^ 【番組情報】県内8局共同制作特番「やまぐちエフエムUNITED」
  38. ^ 一旦放送が終了したが、2020年4月より傑作選という形で放送を再開、10月まで放送。
  39. ^ 10月13日(土)〜21日(日) 中国4局ネット番組「GEORGIA LIFE SONGS」にてインタビューがピックアップ”. 吉田山田公式サイト (2018年9月17日). 2018年10月24日閲覧。
  40. ^ FMY Information『長渕剛の震災復興支援番組、放送開始!!』
  41. ^ JFN系列では、エフエム青森でも2022年4月1日から定時の自社制作のニュース番組を放送していない。
  42. ^ 平日7:55からのニュースは『OH! HAPPY MORNING』の部分ネットで『JFN NEWS ハイライト』に改題。
  43. ^ 2009年3月末まで毎日
  44. ^ EVENING-TERMINAL→paradise radio→Evening Street
  45. ^ FRIDAY SUPER FREAK→COUNT DOWN ATTACK!!→ビリフラMAX→Evening Street
  46. ^ 「FMY Weather」としてかねてからの純粋たる天気予報枠を維持。
  47. ^ 純粋たる天気予報ではなく、「フュージョンと天気予報〜COZINESS WEATHER INFORMATION〜」という1コーナーである。
  48. ^ 金曜日は枠自体はないが「Happy Happy FRIDAY」の中で概ね17:20頃に曲に載せて天気を紹介している。
  49. ^ ラジオ・テレビでの放送時間・山口県”. 日本道路交通情報センター. 2016年8月13日閲覧。
  50. ^ “8/11(木・祝)vs.セレッソ大阪 エフエム山口で生中継!” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年6月10日), http://www.renofa.com/archives/12037/ 2016年8月13日閲覧。 
  51. ^ 【イベント・番組情報】WILD BUNCH FEST 公開ラジオブース FMYステージ”. エフエム山口. 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  52. ^ 【イベント終了】WILD BUNCH FEST. FMYステージ出場権争奪オーディション”. エフエム山口 (2017年7月24日). 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  53. ^ Ride on Music WILD BUNCH FES.2018スペシャル ご報告”. Ride on Music 公式ブログ (2018年7月31日). 2018年10月24日閲覧。
  54. ^ PUSH ONE~炎の皿回し~”. エフエム山口. 2016年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]