宇部興産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇部興産株式会社
Ube Industries, Ltd.
ロゴマーク

ロゴタイプ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4208 1949年5月上場
福証 4208 1949年5月上場
略称 UBE、宇部興
本社所在地 日本の旗 日本
宇部本社
〒755-8633
山口県宇部市大字小串1978-96
東京本社
〒105-8449
東京都港区芝浦1-2-1 シーバンスN館
本店所在地 755-8633
山口県宇部市大字小串1978-96
設立 1942年(昭和17年)3月10日
(創業は匿名組合沖ノ山炭鉱設立の1897年(明治30年)6月1日
業種 化学
事業内容 詳細は事業概要を参照
代表者 代表取締役社長 山本謙
代表取締役 杉下秀幸
資本金 584億35百万円
発行済株式総数 10億620万1,076株
売上高 連結: 6,418億円
単体: 3,065億円
営業利益 連結: 241億円
単体: 148億円
純利益 連結: 146億円
単体: 82億円
純資産 連結: 2,896億円
単体: 1,549億円
総資産 連結: 7,115億円
単体: 4,859億円
従業員数 連結: 10,702人
単体: 3,726人
決算期 3月31日
主要株主 日本生命保険(1.89%)
住友生命保険(1.89%)
山口銀行(1.46%)
主要子会社 宇部興産機械宇部マテリアルズ
関係する人物 福原芳山渡辺祐策中安閑一俵田明
外部リンク www.ube-ind.co.jp
特記事項:各種経営指標は2015年3月期。
テンプレートを表示
宇部興産宇部本社1号館
宇部興産専用道路を走行するトレーラー

宇部興産株式会社(うべこうさん、: Ube Industries, Ltd.)は日本の大手総合化学メーカー。略称はUBE証券業界では宇部興、拠点がある山口県西部では単に興産と略される場合も多い。

概説[編集]

宇部地区の主要炭鉱であった沖ノ山炭鉱を起源とする複合企業体である。化学製品だけでなく、セメント石炭等も供給している。

社名にある「興産」には、「地域社会に有用な産業を次々に興す」という意味が込められており、宇部共同義会の長老であった紀藤閑之介(第3・6代宇部市長宇部時報創刊者)の案を俵田明が採用したものである[1]。社名のとおり、同社は創業時より各々の事業だけでなく、教育機関港湾ダム上水道の整備等を通して、地域の社会資本整備に大きな役割を果たしてきた。

三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)をメインバンクとする企業から構成される三水会及びみどり会の主要構成企業であり、かつては日立造船帝人とともに三和御三家と呼ばれていた[注釈 1]。その関係上、宇部市には山口県内唯一[2]の旧UFJ銀行(現在は三菱東京UFJ銀行)の支店が存在している[3]

山口県での生産拠点が宇部地区と伊佐地区(美祢市)に分散している為、両工場を結ぶ全長28kmにも及ぶ企業専用道路(宇部興産専用道路)と宇部港に架かる1kmの橋梁(興産大橋)を所有しており、一企業の建造物としては異例の規模を誇っている。

経営機構と拠点[編集]

委員会等設置会社ではないものの、取締役会の内部委員会として指名委員会及び評価・報酬委員会が設置されている。また、執行役員制により、経営の意思決定、監督機関としての取締役会とその意思決定に基づく業務執行機能の分離が図られている。1999年よりカンパニー制を導入している。

組織[編集]

  • 経営管理室
  • 総務・人事室
  • 研究開発本部
  • 購買物流本部
  • 化学カンパニー
  • 医薬事業部
  • 建設資材カンパニー
  • 機械・金属成形カンパニー
  • エネルギー・環境事業部

事業拠点[編集]

東京本社(シーバンスN館)

各拠点の所在地等の詳細については、公式サイトの国内事業拠点一覧および海外事業拠点一覧を参照。

生産拠点[編集]

宇部地区工場群

主な生産拠点とその所在地、主な生産品目を以下に示す。

生産拠点 所在地 主な生産品目
化学生産・技術本部
千葉石油化学工場 千葉県市原市 合成ゴム
堺工場 大阪府堺市 ポリイミド、電池材料等
宇部ケミカル工場 山口県宇部市 ラクタムチェーン製品、ラクタム誘導品、ポリイミド、医薬原体・中間体、電池材料等
宇部藤曲工場 山口県宇部市 アンモニア、炭酸ガス等
建設資材カンパニー 生産技術本部
宇部セメント工場 山口県宇部市 クリンカー、セメント
伊佐セメント工場 山口県美祢市 石灰石、クリンカー
苅田セメント工場 福岡県苅田町 クリンカー、セメント
機械・金属成形カンパニー(連結子会社)
宇部興産機械 山口県宇部市 産業機械、重機
エネルギー・環境事業部
電力ビジネスユニットIPP発電所 山口県宇部市 電力
石炭ビジネスユニット 沖ノ山コールセンター 山口県宇部市 石炭
海外生産拠点(連結子会社)
UBE Chemicals(Asia) タイラヨーン県 ラクタムチェーン製品
Thai Synthetic Rubbers タイ、ラヨーン県 合成ゴム
UBE Chemicals Europe
UBE Engineering Plastics
スペインカステリョン県 ラクタムチェーン製品、ラクタム誘導品
海外生産拠点(関連会社)
台橡宇部(南通)化学工業有限公司 中国江蘇省 合成ゴム
LOTTE UBE Synthetic Rubber SDN. BHD. マレーシアジョホール州 合成ゴム

事業概要[編集]

同社は、証券コード上では化学工業に分類されているが、実際の事業内容は多岐に渡っている。現在、同社グループでは各事業活動を以下の部門で行っている。

化学カンパニー
同社の化学事業は炭鉱から産出された石炭を低温乾留して硫安を製造したところから始まっている。現在では、ラクタムナイロン樹脂硫安アンモニア合成ゴムポリエチレンABS樹脂ポリイミドC1ケミカル、電池材料、セラミックス等を手掛ける。ナイロン6やポリブタジエンゴムでアジアトップクラスのシェアを持つほか[4][5]、アンモニアについても国内最大手である。
医薬事業部
医薬原体・中間体の受託製造及び創薬事業として製薬会社へのライセンスアウトを行う。同社により発見され、上市されている薬剤としては、Azelnidipine英語版Prasugrel英語版Bepotastine英語版がある。なお、同社では臨床開発および販売業務は行っていない[6]
宇部興産のミキサー車
建設資材カンパニー
主にセメントやコンクリート石灰石水酸化マグネシウム建材等を扱う。セメントの販売機能は、三菱マテリアルと共同で設立した宇部三菱セメント(国内シェア2位)に移管されている。同社は伊佐セメント工場に単一キルンとしては世界最大のNSPキルン(年産300万トン)を擁している。また、川下事業として全国に500ヵ所以上の系列生コン工場を持つ。
機械・金属成形カンパニー
機械事業としては、分社した宇部興産機械が射出成型機やダイカストマシン押出機等の産業機械、重機を扱うほか、橋梁鋼橋)の建設等を行う。金属成型事業としては、株式会社宇部スチールが電炉ビレット等を扱う。
電力ビジネスユニットIPP発電所
エネルギー・環境事業部
石炭事業は同社創業当時からの事業であり、化学事業やセメント事業、機械事業の源流となった。かつて同社の山陽無煙鉱業所で採掘された無煙炭練炭豆炭原料用としては国内髄一のものと言われ、昭和30年代には内地需要の半ばを供給していた[7]。その後、採炭活動からは撤退したものの、昭和49年、国内で最初に一般炭の輸入を開始し、石炭事業を復活させている。現在の石炭取り扱い数量は年間約600万トン、同社が保有する沖の山コールセンターは国内最大規模の石炭貯蔵基地である。また、同社は2004年より電力の卸売事業に参入。電力ビジネスユニットIPP発電所(出力21万6千kW)が中国電力への電力供給を行っている[8]

歴代社長[編集]

歴代の宇部興産社長(含・沖ノ山炭鉱頭取・社長)
代数 氏名 在任期間 出身校
沖ノ山炭鉱頭取・社長
初代 渡辺祐策 1897.6 - 1934.8 沢瀉塾
第2代 渡辺剛二 1934.8 - 1942.3 京都帝國大学医学部
宇部興産社長
第3代 俵田明 1942.3 - 1958.3 工手学校(現・工学院大学)
第4代 中安閑一 1958.3 - 1977.12 東京高等工業学校(現・東京工業大学)
第5代 水野一夫 1977.12 - 1983.6 東京帝國大学法学部
第6代 清水保夫 1983.6 - 1991.3 浜松高等工業学校(現・静岡大学工学部
第7代 中東素男 1991.3 - 1995.7 大阪大学工学部
第8代 長広真臣 1995.7 - 1999.6 京都大学法学部
第9代 常見和正 1999.6 - 2005.6 京都大学工学部
第10代 田村浩章 2005.6 - 2010.3 京都大学工学部
第11代 竹下道夫 2010.4 - 2015.3 九州大学工学部
第12代 山本謙 2015.4 - 京都大学大学院工学課程

沿革[編集]

渡辺翁記念公園内に建立されている渡辺祐策翁像
左端の建物がかつて東京本社として使用していた旧UBEビル(現JTBビル)

宇部興産の創業年は沖ノ山炭鉱設立の1897年(明治30年)とされているが、沖ノ山炭鉱をはじめとする宇部村の炭鉱群の起源は江戸期の元禄時代の頃よりはじまった製塩用の採炭事業まで遡る。これらの炭鉱群は明治期に入り山口藩石炭局による統制の下で、同藩軍艦用の燃料に供された。西洋からの最新技術が導入されるようになると急速に発展するが、1872年に石炭局が廃止されて以後は石炭局の主任者であった福井忠次郎が合資会社を作り、鉱区権を管理していた。

これを旧宇部領主福原家第24代の福原芳山判事、後に大審院詰)が買い戻し、芳山の死後には宇部共同義会に無償譲渡、管理され、その中から沖ノ山炭鉱が誕生した。このような公益目的による設立の経緯から沖ノ山炭鉱は当初、宇部式匿名組合と言われる独特の組織形態を採用していた[10][11][12][13]。また、1974年商法改正により多くの国内企業が年2回決算から年1回決算へ移行する中、同社は株主総会の回数が減ることにより地元株主の楽しみを奪うことを避けるために1982年まで年2回決算を続けていた[14]

関連企業群[編集]

2015年3月末現在の子会社および関連会社数は153社[15]

(五十音順)

子会社 


持分法適用会社 


主な出資会社 



広報活動[編集]

1971年(昭和46年)2月の日経サイエンス創刊以来、同誌に「超の世界」と題したシリーズ広告を掲載している[16]。この広告は、科学ジャーナリストの餌取章男が科学者へのインタビューを行い、最先端の科学情報をクロイワ・カズのイラストとともに紹介するものである[16]1978年(昭和53年)1月からは社員の海外滞在体験を記した記事広告「とぴっくす・てれっくす」(2000年4月号から「とぴっくす・ぐろーばる」に改題)を文芸春秋に掲載している[16]

また、かつて日本テレビ系列で放送されていた『大蔵大臣アワー』やテレビ東京系列『出没!アド街ック天国』等の番組提供を行っていたほか、水着キャンペーンガールを採用し宣伝活動を行ったこともある。

UBE DOG[編集]

企業CMに登場するキャラクターとして「UBE DOG」がある。全身が宇部興産の素材でできた犬型ロボットとの設定で、「ロボくん」の愛称が付けられている。UBE DOG登場以後の宇部興産の企業CMはすべてCGで描かれており、UBE DOGもCGのキャラクターである。キャラクターデザインは大友克洋。制作されたCMは公式サイトのCMライブラリで公開されている。

UBE DOGと渡辺翁記念会館をモチーフにした「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」という洋菓子を宇部市内の創作洋菓子店である「創作洋菓子のロイヤル」が発売している[17]。これは地産地消の推進を目的に山口県内の食材を使用して作られたもので、パッケージにはUBE DOGが使用されている[17]

産業観光[編集]

宇部興産専用道路
伊佐鉱山

宇部興産の宇部地区工場群は石炭化学窯業といった幅広い産業の巨大装置だけでなく、国内最大の石炭貯蔵基地や大型タンカーが寄港する企業専用岸壁企業専用道路、大規模な露天掘りが行われている石灰石鉱山(伊佐鉱山)等も擁しており、以下記述するUBE i-Plaza等とともに産業観光の対象となっている。

UBE i-Plaza[編集]

宇部興産創業110周年を記念し、2007年平成19年)11月27日に宇部本社1号館の1階にUBEグループの歴史や事業内容、先端技術の紹介を行う総合案内施設として開設された[18]。主に地元学校の社会科見学や、産業観光ツアー等で活用される。開館時間は9:00から17:00までで、土曜日日曜日祝日、会社休業日は閉館しており、見学には事前の予約が必要である[18]

施設内容
  • 企業史紹介ゾーン - 渡辺祐策俵田明中安閑一の胸像が展示されているほか、企業史に関連する写真がタッチパネルで検索できる。
  • 製品・技術紹介ゾーン - 「情報・電子産業とUBE」「自動車産業とUBE」「生活とUBE」「社会インフラとUBE」の4つのコーナーで、それぞれ原料や製品等についての紹介を行っている。
  • 組織・活動紹介ゾーン - 同社のCSR活動、環境事業、サービス事業、陸上物流、海上物流、グループ企業、広報について、模型やタッチパネルでの紹介を行っている。
  • 先端技術紹介ゾーン - 実験と情報キーシステムにより同社の先端技術の紹介を行っている。
  • 未来ゾーン - 同社のポリイミドフィルムや炭化ケイ素繊維等の宇宙開発関連技術の展示を行っている。

宇部興産と鉄道貨物[編集]

岡見貨物

宇部興産は自社の専用道路である宇部興産専用道路の使用を開始するまでは、宇部地区と伊佐地区との間の物資輸送に鉄道貨物を多用していた。両地区を結ぶ美祢線宇部線には石灰石を満載した石炭車を長く連ねた専用貨物列車が昼夜を問わず多数運転されており、宇部本社前には事実上自社専用の貨物駅となっていた宇部港駅が設けられていた。宇部線・美祢線の両線が地方交通線ではなく幹線扱いとなっていたのは同社による貨物輸送によるところが大きかった。

近年は、同社伊佐セメント工場から中国電力三隅発電所島根県浜田市)の間を往復する貨物列車が運行されていた。この列車は岡見貨物と呼ばれ、写真撮影等に訪れる鉄道ファンも多かった。国鉄DD51形ディーゼル機関車が重連で炭酸カルシウム(火力発電所向け脱硫触媒)あるいはフライアッシュ(セメント工場向けセメント原料)を積んだ薄青色の貨車(宇部興産セメントサービス株式会社所有)を牽引し、美祢線美祢駅山陰本線岡見駅との間を山陽本線山口線経由で運行していた。2013年7月の水害に伴い山口線が不通となったことに伴い運休し、同社とJR貨物との契約終了に伴い、そのまま廃止された。

なお、宇部線・小野田線の一部の前身である「宇部電気鉄道」は、沖ノ山炭鉱の子会社であった。また、同社伊佐セメント工場専用線は、前身である「伊佐軌道」を買収し敷設し直したものである。

関連項目[編集]

人物
過去のグループ企業
  • ウベハウス - 宇部興産の住宅事業部門が起源。事業移管によりグループ離脱。のちに民事再生法申請により、百年住宅に譲渡、新たに設立した百年住宅西日本となる。なおウベハウスの社号については元々フランチャイジー(代理店)契約を結んでいたウベハウス東日本が現在も独自のブランドとして運営している。
  • 富士車輌 - 三和銀行の要請を受け経営支援のため1965年にグループ入り。2001年民事再生法申請による減増資によりグループ離脱。
  • 新笠戸ドック - 経営支援のため1959年にグループ入りした笠戸船渠が起源。2005年に株式を今治造船に売却しグループ離脱。
興産大橋(宇部興産専用道路)
関連施設
宇部興産が設立に携わった組織・施設(宇部市内)
加盟団体
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 過去のシンジケートローン組成の際には三菱東京UFJ銀行(旧・三和銀行)とみずほ銀行(旧・日本興業銀行)の2行が幹事行を担当しており、また、歴代の社外取締役にも両行の元幹部を選任しているため、この2行がメインバンクであると考えられる。他に日本政策投資銀行農林中央金庫山口フィナンシャルグループとも親密である。

出典[編集]

  1. ^ 中安閑一傳編纂委員会 (1984) P.167
  2. ^ かつて、旧三和銀行は下関支店(下関市)も有していたが、同支店は1969年(昭和44年)11月15日を以て閉鎖され、現在の宇部支店に統合された。尚、旧東海銀行に関しては山口県内への進出実績自体がない。
  3. ^ 但し、旧東京三菱銀行店である徳山支店が周南市にあるため、三菱東京UFJ銀行としては山口県に宇部支店を含め2つの支店を有している。
  4. ^ 富士経済東京マーケティング本部第3事業部 (2008)
  5. ^ 日刊工業新聞, 日刊工業新聞社, (2010-07-28) 
  6. ^ 宇部興産の医薬品事業
  7. ^ 国史大辞典編集委員会 (1980)
  8. ^ “ユービーイーパワーセンター発電所が営業運転開始” (日本語) (プレスリリース), 宇部興産, (2004年3月1日), http://www.ube-ind.co.jp/japanese/news/2003/2003_17.htm 2012年1月2日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 沿革|宇部興産株式会社
  10. ^ 京都大学文学部国史研究室 (1968) P.39
  11. ^ ダイヤモンド社 (1965) P.27
  12. ^ 安場 (1979) P.42
  13. ^ 宇部市史編纂委員会 (1966) P.397
  14. ^ 日経BP社 (1989) P.57
  15. ^ 宇部興産 第109期有価証券報告書
  16. ^ a b c CMライブラリ|宇部興産株式会社
  17. ^ a b 創作洋菓子のロイヤル 山口県宇部市のケーキショップ コラボレーション商品
  18. ^ a b “総合案内施設 UBEiPlaza の開設について” (日本語) (プレスリリース), 宇部興産, (2007年11月26日), http://www.ube-ind.co.jp/japanese/news/2007/2007_19.htm 2012年1月2日閲覧。 
  19. ^ 宇部商工会議所 会議所概要
  20. ^ 九州経済連合会 役員名簿
  21. ^ 中国経済連合会 役員名簿
  22. ^ 日本化学会 平成23年度役員 (PDF)
  23. ^ 日本化学工業協会 役員名簿
  24. ^ 社団法人セメント協会の概要 (PDF)
  25. ^ みどり会 会社概要

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌記事[編集]

外部リンク[編集]