FMハムスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
特定非営利活動法人エフエムハムスター
愛称 エフエムハムスター
(えふえむはむすたー)
コールサイン JOZZ8AQ-FM
周波数/送信出力 79.0 MHz/20 W
本社・所在地
〒731-0192
広島県広島市安佐南区祇園5-37-1 広島経済大学メディア情報センター内
設立日 2009年1月13日(NPO法人認証)
開局日 2009年5月11日
演奏所 本社と同じ
送信所 本社に隣接
中継局 なし
放送区域 広島市安佐南区、東区、安佐北区、西区の各一部
特定非営利活動法人エフエムハムスター
種類 NPO法人
略称 エフエムはむすたー
本社所在地 日本の旗 日本
731-0192
広島県広島市安佐南区祇園5-37-1 広島経済大学メディア情報センター内
設立 2009年1月13日
業種 情報・通信業
事業内容 ラジオ放送事業
代表者 柳川和優
テンプレートを表示

特定非営利活動法人エフエムハムスターは、広島県広島市安佐南区東区安佐北区西区の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FMハムスターそのままの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

2009年(平成21年)に開局した中国地方で16番目、広島県で6番目のコミュニティ放送局である。

特定非営利活動法人エフエムハムスターは、広島経済大学メディアビジネス学科の教員と学生が中心となって設立された。 ハムスターという呼称は、「広島市(Hiroshima)安佐(Asa)南区(Minami-ku)」の頭文字に由来し、安佐南区の星(スター)となるように思いから命名された。

広島経済大学キャンパス内のメディア情報センター1階に本社(スタジオ)があり、設立当初、メディアビジネス学科の教授と学生が放送を行っていた。

現在は、広島経済大学興動館プロジェクト内の「コミュニティーFM放送局運営プロジェクト」の学生が中心となって放送を行っている。

送信アンテナは、メディア情報センターのすぐ横に設置されている。(グラウンドを囲むネットの支柱に取り付ける形で設置)

自社制作番組と、調布FMOnagawa FMけせんぬまさいがいエフエム株式会社ジェイクランプ立命館大学産業社会学部制作番組の配信により編成されている。

放送時間は、平日のみ8:55~18:05であり、コミュニティ放送局では珍しく土日を完全休業としている。

歴史[編集]

2009年(平成21年)

  • 1月13日 - エフエムハムスターが特定非営利活動法人として認証
  • 1月16日 - 特定非営利活動法人エフエムハムスター設立登記
  • 3月26日 - 放送局(現特定地上基幹放送局)の予備免許取得
  • 4月20日 - 試験放送開始[1]
  • 5月11日 - 本放送開始[2]

2013年(平成25年)

  • 4月1日 - 6月30日まで放送を休止[3]。理由は「地域コミュニティFM放送事業の見直しを図るため」。
  • 7月1日 - 放送再開[4]

番組内容など[編集]

  • 初期の自社制作番組は、生放送で月曜~金曜の12:30~13:30及び金曜の17:00~18:00、収録放送で毎週月・火・水曜の9:00、13:30から各1時間半ずつ、毎週月・火曜の16:00から、各1時間ずつ、計10本放送であった。

現在は1番組の放送時間が短縮(30分及び1時間)し、また週替わりの放送も増加している。

  • 12:30からの1時間と17:00からの1時間はスタジオからの生放送。安佐南区役所広報(安佐南区役所便り)の案内もある。
  • ミュージックバードの配信番組は放送開始当初は毎日10:30~12:30、15:00~17:00となっていたが、後に月・水・金曜が12:00~12:30、火・木曜が11:00~12:30、及び毎日14:30~17:00に変更、現在は他局制作番組の関係もあり放送されていない。
  • 自社制作番組の大半を同週に再放送している。
  • 安佐南区役所と連携し、災害時には情報発信をする。

自社制作番組[編集]

2017年(平成29年)4月1日現在

  • 24hour party freaks
  • 30minutes culture STAR
  • It's so Freeeeeedom!
  • Open Sound Community
  • Let's AO
  • ☆Star Music☆
  • Sweet Memories(思い出がいっぱい)
  • TAOK ON THE RADIO
  • THE UNIQUE STORYS
  • Tour de HAMSTAR
  • アベラジ「Sound of Interview」
  • あなたの知らないインドネシア
  • アフタヌーンハムスター
  • アロハ!ハワイのこと知ってる?
  • 海と語ろう
  • 教えて!マエストロ
  • 大人ヘンタイラジオ計画
  • からふるSTORY
  • 興動館の愉快な仲間たち
  • 魁!ハムスタースポーツ
  • さわやか朗読
  • 知っとこ!安佐南!
  • 食Pのススメ
  • 武田山燈ラジオ
  • 地域づくりは防災から
  • はむっしゅ!
  • ふつおたラジオ
  • モラトリアムの声

過去に放送された自主制作番組[編集]

  • HAMstar. Community. Relation
  • 堂本deどう?
  • Open Sound Com.
  • 音女アマービレ
  • ぶらり日本音楽旅
  • 3G
  • 夕凪 Evening Talk
  • Poco a Poco
  • イベント情報「ハムスターOasis」
  • Jewelry girls' talk
  • 先生と話そう「SweetMemories」
  • Borderless Seminar
  • きらきら物語
  • ラジオでGo!Go!
  • HUEmanMusic
  • タウン情報「マナ・カナトーク」
  • 時の話題ハムスターOMM
  • クラシックアワー「走れアマデウス」
  • ゲスト万来
  • 地域・防災情報「ラブリートーク」
  • OpenSkyMusicCommunity
  • 懐かしのフォークソング「MusicTimeTravel」
  • 突撃!安佐南の晩ごはん!
  • ハイスクール通信
  • バラエティー番組(仮)
  • プレジャーランドX
  • もみじだよっ!
  • Welcome to the Werewolf Village
  • HAMトーーク
  • Hiroshima Music Radio
  • 好きうま
  • 飛び出せ!ハムスター!!
  • ナマクララジオ
  • ぶらり安佐南
  • らじおび
  • Link to Life
  • HAMSTAR Program's Introduction

脚注[編集]

  1. ^ コミュニティFMラジオ FMハムスターが本学のキャンパスから放送を開始します 広島経済大学 ニュース 2009年4月30日(Internet Archiveのアーカイブ:2009年5月3日収集)
  2. ^ 本学のキャンパスからコミュニティFM放送局「ハムスター」が開局しました 同上 2009年5月11日(同上:2009年5月18日収集)
  3. ^ 特定非営利活動法人エフエムハムスターの運用休止について 中国総合通信局 報道資料 平成25年3月26日(国立国会図書館のアーカイブ:2013年4月5日収集)
  4. ^ 学生が運営するコミュニティFM「FMハムスター」が7月1日より放送を再開します。 同上 2013年6月28日(Internet Archiveのアーカイブ:2013年7月2日収集)

外部リンク[編集]