エフエム山陰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エフエム山陰
FM SAN-IN CO., LTD.
080720 Kunibik Messe Matsue Shimane pref Japan01bs5.jpg
2020年2月10日から本社が入居しているくにびきメッセ
種類 株式会社
略称 FSK
本社所在地 日本の旗 日本
690-8508
島根県松江市学園南1丁目2番1号
くにびきメッセ西棟2階
北緯35度28分9.6秒 東経133度4分1.4秒 / 北緯35.469333度 東経133.067056度 / 35.469333; 133.067056座標: 北緯35度28分9.6秒 東経133度4分1.4秒 / 北緯35.469333度 東経133.067056度 / 35.469333; 133.067056
設立 1986年2月5日
業種 情報・通信業
法人番号 1280001000111 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づく超短波放送事業 他
代表者 代表取締役社長 瀬崎輝幸
資本金 9600万円
主要株主 #資本構成参照
外部リンク www.fm-sanin.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示
エフエム山陰
FM SAN-IN CO., LTD.
種別 FMラジオ放送
放送対象地域 島根県鳥取県
系列 JFN
略称 FSK
愛称 V-air
コールサイン JOVU-FM
開局日 1986年10月1日
本社 〒690-8508
島根県松江市学園南1丁目2番1号
くにびきメッセ西棟2階
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 松江 77.4MHz / 500W
主な中継局 鳥取 78.8MHz
浜田 86.6MHz
隠岐 82.7MHz
ほか
公式サイト www.fm-sanin.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:JFN加盟局で唯一、2県を併せた地域で県域放送。2020年2月9日までの本社所在地は松江市殿町383 山陰中央ビル4階。
テンプレートを表示
かつて本社が入居していた山陰中央ビル

株式会社エフエム山陰(エフエムさんいん、: FM SAN-IN CO., LTD.[1]、略称: FSK)は、島根県松江市に本社を置き、島根県と鳥取県山陰地方)を放送対象地域とする超短波放送(FMラジオ放送)の特定地上基幹放送事業者である。

コールサインJOVU-FM[注釈 1](松江 77.4MHz / 500W)で、愛称はそれにちなみ『V-air(ブイ・エアー)[注釈 2]』。全国FM放送協議会(JFN)に加盟し、TOKYO FM系列に属している。

外国語放送であるMegaNet加盟局以外[注釈 3]では、日本国内で2県に跨る放送を行っている唯一のFMラジオ局でもある。正確には総務省告示基幹放送用周波数使用計画の通り県域放送であり、つまり「準広域放送」ではなく「2県域放送」とするのが正しい。

事業所[編集]

本社・演奏所
鳥取支社
東京支社

沿革[編集]

  • 1986年(昭和61年)10月1日 - 民放FM局として全国22番目に開局。全国FM放送協議会に加盟。同時に山陰中央新報本社ビルに入居。
    • 山陰放送山陰中央テレビ日本海テレビとほぼエリアは同じであるが、Kiss FM KOBEより開局が早かったこともあって、兵庫県美方郡新温泉町周辺でも直接受信やCATV経由で聴かれている。このエリアでは、Kiss FM KOBEがJFNに加盟するまではJFNの番組を聴く手段として広くその存在を知られていた。
    • 出資比率は鳥取島根両県でバランスよく配分され、当時の郵政省によるマスコミの集中排除の方針から、マスコミ各社の出資は個人名で行われた[2]。後述の1992年の出資比率に個人名が多いのはこのためである。
  • 1991年(平成3年) - 開局5年を迎えたことに伴い、V-airの愛称制定。
  • 1995年(平成7年) - 文字多重放送(見えるラジオ)開始。コールサインはJOVU-FCM
  • 2006年(平成18年) - 開局20周年を迎えたことに伴い、ジングルとロゴマークの変更を行う。
  • 2011年(平成23年)
  • 2014年(平成26年)3月31日 - 文字多重放送廃止。
  • 2018年(平成30年)6月26日 - V-Low帯マルチメディア放送・インターネットラジオサービス「i-dio」にて中国・四国地方でのサイマル放送・配信を開始(2020年3月31日をもって終了)。
  • 2020年(令和2年)
    • 2月10日 - 本社を山陰中央ビルから『くにびきメッセ』(島根県立産業交流会館)に移転、新スタジオからの放送を開始。2月28日から本格稼働した[3]
    • 同時にロゴを変更し、コーポレートカラーも緑へと変更。コーポレートスローガンを「オープン・ラジオ・ステーション」に制定。テーマソングは東京スカパラダイスオーケストラ[注釈 4]「Come On!」。当日は15:00 - 15:55で『新スタジオから生放送 「東京スカパラダイスオーケストラ〜Come On!」』(東京スカパラダイスオーケストラ(加藤隆志、谷中敦、GAMO) / 水木彩也子)を生放送。
    • また、24日も13:30 - 15:55で『公開生放送新局舎からLIVEでお届け「オープン・ラジオ・ステーション エフエム山陰」』(若林瑞穂、高田リオン)を放送した[4]
    • 4月1日 - 同日正午よりIPサイマルラジオ「radiko」通常版ならびに「radikoプレミアム・エリアフリー」(有料会員制、全国で聴取可能)共に全国配信を開始[5][6]。放送局記号は「FM-SANIN」。
  • 2021年(令和3年)9月29日 - 鉢伏山の鳥取中継局が放送設備の更新・強化のため、移転新設と送信出力の変更(500Wから700Wへ増力)となった。このため、24日深夜(25日早朝)から28日深夜(29日早朝)は連日5時間の放送休止となった[7]

周波数・出力[編集]

空中線電力は、松江本社送信所より鳥取・浜田の各基幹中継所の方が大きい。

親局 周波数 空中線電力 備考
松江 77.4MHz 500W 実質単独運用[注釈 5]
中継局 周波数 空中線電力 備考
鳥取 78.8MHz 700W 単独運用[注釈 6]
浜田 86.6MHz 1kW
大田 82.1MHz 10W
邑智 80.7MHz 100W
石見大和 86.9MHz 3W
羽須美 87.3MHz 1W
隠岐 82.7MHz 100W
用瀬 77.2MHz 100W
智頭 83.4MHz 3W

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[8][9][10]

2015年3月31日[編集]

資本金 発行済株式総数 株主数
4億8000万円 8,000株 59
株主 株式数 比率
日本海テレビジョン放送 800株 10.0%
山陰中央テレビジョン放送 800株 10.0%
山陰中央新報社 672株 08.4%
ジャパンエフエムネットワーク 640株 08.0%
フジ・メディア・ホールディングス 640株 08.0%
新日本海新聞社 624株 07.8%
読売新聞大阪本社 616株 07.7%
山陰合同銀行 400株 05.0%
中国電力 320株 04.0%
日本経済新聞社 264株 03.3%

過去の資本構成[編集]

主な自社制作番組[編集]

2021年10月現在。詳細は公式サイトの番組情報または番組表を参照。

現在[編集]

帯番組

平日

  • だんだんインフォメーションまつえ(火曜 16:55 - 17:00 佐藤夕子)
  • homme 耳の肴 (火曜 18:30 - 18:55)
  • 伊藤誠の思い出を紡ごう!(水曜 14:20 - 14:30 伊藤誠、角秀一 Seasoning -season your life with music-内包)
  • 朝野家 香りの散歩道(水曜 16:55 - 17:00 加藤さゆり)
  • gingerの疲れたなら甘えればいいのに (水曜 18:30 - 18:55 Ginger (バンド) 2020年4月 - )
  • Be Lucky!(木曜 10:30 - 11:00、大坂愛 2019年4月 - )
  • お茶にしませんか?(木曜 14:20 - 14:30 中村寿男、大坂愛 Seasoning -season your life with music-内包)
  • V-airスポーツウィークリーCHEER UP 山陰!(木曜 18:30 - 18:55 MC-WAZEN)
  • 吉田栄作のヒューマンタッチ(金曜 12:00 - 12:55)
  • FRIDAY×FRIDAY(金曜 13:30 - 17:00)
  • おがっちのレトロ本舗(金曜 18:00 - 19:00)

土曜

  • カノンのSOUND PORTRAIT(土曜 8:30 - 8:45)
  • 浜田真理子のご機嫌さんで。(土曜 11:00 - 11:30、浜田真理子 2019年4月 - )
  • SAN-IN MUSIC FILE(土曜 11:30 - 11:55)
  • きんさい!石見(最終土曜 18:00 - 18:55)

その他

放送終了した番組[編集]

平日午前

  • FMモーニングワイド Wake-up-San-in
  • 朝のレトロスープ(月曜 - 金曜 7:30 - 7:40) - パーソナリティ:小片悦子
  • V-air朝ピタ!〜START ME UP(月曜 - 金曜 7:30 - 9:30) - 2011年3月まで。パーソナリティ:稲田茂、益村千代
  • デイリーアンサンブル → サニーサイド・アップ(月曜 - 金曜 7:40 - 7:50) - 2016年3月まで。TOKYO FM発『中西哲生のクロノス』に内包(『クロノス』としては8:10までの放送)。パーソナリティ:山岡ゆり子
  • フレッシュ・アップ・トゥデイ!(月曜 - 金曜 8:25 - 10:20) - パーソナリティ:益村千代(月曜 - 木曜) / 加藤さゆり(金曜)
  • ライフインスポーツ
  • ちぇけら♪(月曜 - 木曜 10:30 - 11:00) - パーソナリティ:大坂愛 → 真咲郁 → 大坂愛 → おがっち → 寺本木綿香、おがっち → 大坂愛、おがっち

平日午後

  • FM山陰サンシャイン・ストリート
  • 〜V-tunes gate〜MIRACLE P.M.(月曜 - 木曜 15:00 - 19:00 / 金曜 13:30 - 19:00) - パーソナリティ:今岡弘義、益村千代(月曜・水曜) / 小片悦子、南さやか(火曜・木曜) / 加藤さゆり、角秀一(金曜)
  • V-air EVENING RADIO SHOW PLEASURE×PLEASURE(プレ×プレ)(1999年4月1日 - 2004年9月30日) - パーソナリティ:甲斐田貴之
  • V-airイブニングライブ ザ・ミュージックレディオ"Mラジ"(2004年10月4日 - 2006年3月30日) - パーソナリティ:藤井良一(月曜・火曜) / 道脇由佳(水曜・木曜) → 藤井良一(月曜・火曜) / 今岡弘義(水曜・木曜) → 今岡弘義(月曜 - 水曜) / 南さやか(木曜) → 稲田茂(月曜 - 木曜)
  • evening Navigator e-Na(月曜 - 木曜 17:15 - 18:55) - パーソナリティ:今岡弘義(月曜・火曜) / 稲田茂(水曜・木曜)
  • ガッツdaレディオ!(月曜 - 水曜 16:00 - 18:55 / 木曜 16:00 - 18:25)
  • MUSIC for TOMORROW(月曜 - 木曜 18:00 - 18:55、2016年4月 - 2017年3月) - 開局30周年記念番組。
  • MUSIC for TOMORROW neo(月曜 - 水曜 18:00 - 18:55、2017年4月 - 2018年6月) - 2017年10月までは木曜にも放送。
  • イオンモール日吉津プレゼンツ ミュージック・ブルーバード(木曜 18:30 - 18:55) - パーソナリティ:ゆーき

金曜日

  • ぷれぜんGOLD(金曜 8:30 - 11:00、稲田茂) - 他の曜日は『OH! HAPPY MORNING』[要説明]
  • ヒット・ホット・フライデー!
  • Duoマガ(金曜 12:00 - 12:50) - パーソナリティ:稲田茂、那須ひとみ
  • ミュージックアパートメント パピヨン(金曜 13:30 - 18:55) - パーソナリティ:今岡弘義、南さやか
  • FM探偵局(金曜 15:00 - 16:25) - 2014年4月に放送時間を縮小。2017年3月まで放送。
    • 『〜俺たちに明日はあるのか!![要検証]〜』時代のパーソナリティ:角秀一、影山さゆり → 角秀一、荒木まどか、松島彩
    • 『〜ロード・トゥ・アルカディア〜』時代のパーソナリティ:淡路祐介、松島彩 → 淡路祐介、朝日山裕子
  • ルッキングアップ・フライデー(金曜 17:00 - 17:25) - パーソナリティ:多久和優美
  • 〜メリー・メール・レディオ〜ジャック&クイーン(2005年9月30日終了) - パーソナリティ:中尾こうじ、船津ゆうこ → 角秀一、船津ゆうこ → 角秀一、古賀里枝
  • V-airサウンドスペシャル・フライデー・カウントダウン・ヒッツ!〜フラカンHITS!!〜(2005年9月30日終了) - パーソナリティ:稲田茂、金盛つかさ → 稲田茂、益村千代
  • GETUP!! WEEKEND!!(毎週金曜13:00 - 16:25) - 2011年3月まで。パーソナリティ:角秀一、Miki、ゆうみ
  • DECOラジ(金曜 20:00 - 21:55) - 2011年3月まで。
  • ちぇけら♪FRIDAY♪(金曜 15:00 - 16:25、2017年4月 - 2019年3月) - パーソナリティ:大坂愛、野口怜音、ゆーき

土曜日〜

  • HYUNDAI オーナーズグラフィティ(土曜 12:30 - 12:55) - 2011年3月まで。
  • The Radio Days(土曜 18:00 - 18:30) - 2011年3月まで。パーソナリティ:角秀一
  • しまね! GO! LAND!!(土曜 9:00 - 9:55)
  • うたものがたり(土曜 11:00 - 11:55) - パーソナリティ:奈都子
  • 六子のM-Street(土曜 11:00 - 11:50) - パーソナリティ:六子

日曜日

  • 鳥取銀行Presents「ありがとう」(日曜 14:55 - 15:00) - パーソナリティ:中田美香
  • 編集会議(日曜 0:30 - 0:45)
  • GLASSES VALLEY 「flame」(最終日曜 19:00 - 19:30) - パーソナリティ:三須恒二 (GLASSES VALLEY)
  • V-air ミュージックセレクション(最終日曜 19:30 - 19:55) - パーソナリティ:角秀一
  • V-air あまばん(日曜 18:00 - 18:30) - パーソナリティ:稲田茂、山上ジュン
  • POPSENSE!(日曜 18:00 - 18:25) - パーソナリティ:淡路祐介

その他

  • Step in San-in
  • おしゃべりサロン
  • 電リク・パッション・ライン
  • CD Transpoet

アナウンサー[編集]

現職[編集]

パーソナリティー[編集]

元アナウンサー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 隠岐放送局もJOVU-FM2のコールサインがあった。
  2. ^ 由来は「V」には様々な思い(「Variety」・「Very」・「Vitality」・「Victory」・「Vivid」・「Value」など)があり、山陰の西から東まで、放送を通じて沢山の「V」がお届け出来るという意味が込められている(エフエム山陰 アーカイブ)より。
  3. ^ 過去にも放送大学のみ。
  4. ^ ギターの加藤隆志鳥取市出身。
  5. ^ アナログ時代には山陰中央テレビ松江本社送信所(上本庄町)と送信所を共用していたが、デジタル化に伴い同じ澄水山でも別の町(島根町)にデジタルの山陰中央テレビ松江本社送信所等が設置され、アナログ放送終了と共に山陰中央テレビが使用しなくなった上本庄町にはV-airの松江本社送信所だけが残っている。ちなみに日本海テレビのアナログ松江基幹中継所が所在したのは同じ澄水山でも福原町でまた別の町。
  6. ^ 日本海テレビ鉢伏中継局(アナログ時代の鳥取本社送信所)と送信所を共用していたが、送信所の移転に伴い単独運用となり、送信出力も500Wから700Wへ増力となった。
  7. ^ a b c d e f エフエム山陰 非常勤取締役
  8. ^ エフエム山陰 代表取締役社長
出典
  1. ^ Members Directory 2019”. 日本民間放送連盟. 2021年6月7日閲覧。
  2. ^ “両県でバランス配分 山陰FM調整会議 株主比率決まる”. 日本海新聞. (1985年3月25日) 
  3. ^ 新しいエフエム山陰「オープン・ラジオ・ステーション」!-V-air エフエム山陰
  4. ^ エフエム山陰特別番組・公開生放送新局舎からLIVEでお届け「オープン・ラジオ・ステーション エフエム山陰」
  5. ^ 4月1日(水)12時頃より、エフエム秋田、Rhythm Station エフエム山形、FM岡山、エフエム山陰、エフエム宮崎が配信を開始”. radiko (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。
  6. ^ 4月1日radiko放送配信スタート決定!”. エフエム山陰 (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。
  7. ^ 鳥取中継局(78.8MHz)移転新設のお知らせ
  8. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、387頁。
  9. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、374頁。
  10. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、397頁。

外部リンク[編集]

毎週日曜18時からの55分は、隠岐発山陰エリア向けに「OKIランド PAOPAO倶楽部」(オッケー・アイランド パオパオくらぶ)を放送していた。