エフエム山陰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エフエム山陰
FM SAN-IN Co., Ltd.
放送対象地域 島根県鳥取県
系列 JFN
略称 FSK
愛称 V-air
コールサイン JOVU-FM
開局日 1986年10月1日
本社 〒690-8508
島根県松江市殿町383
山陰中央ビル
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 松江 77.4MHz / 0.5kW
主な中継局 鳥取 78.8MHz
浜田 86.6MHz
ほか
公式サイト http://www.fm-sanin.co.jp/
特記事項:JFN加盟局で唯一、2県を併せた地域で県域放送。
テンプレートを表示
エフエム山陰本社が入居する山陰中央ビル

株式会社エフエム山陰(エフエムさんいん、FM SAN-IN Co., Ltd. 略称:FSK)は、島根県松江市に本社を置き、島根県と鳥取県山陰地方)を放送対象地域とする超短波放送(FM放送)の特定地上基幹放送事業者

コールサインJOVU-FM[1](松江 77.4MHz)で、愛称はそれにちなみV-air(ブイ・エアー)[2]全国FM放送協議会(JFN)に加盟し、TOKYO FM系列に属している。

日本全国のFM局では放送大学外国語放送であるMegaNet加盟局以外で唯一2県に跨る放送を行っている。正確には総務省告示基幹放送用周波数使用計画の通り県域放送であり、つまり「準広域放送」ではなく「2県域放送」とするのが正しい。

概要[編集]

周波数・出力[編集]

親局 周波数 空中線電力 備考
松江 77.4MHz 500W
中継局 周波数 空中線電力 備考
鳥取 78.8MHz 500W
浜田 86.6MHz 1kW
大田 82.1MHz 10W
邑智 80.7MHz 100W
石見大和 86.9MHz 3W
羽須美 87.3MHz 1W
隠岐 82.7MHz 100W
用瀬 77.2MHz 100W
智頭 83.4MHz 3W

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[3][4][5]

2015年3月31日[編集]

資本金 発行済株式総数 株主数
4億8000万円 8,000株 59
株主 株式数 比率
日本海テレビジョン放送 800株 10.0%
山陰中央テレビジョン放送 800株 10.0%
山陰中央新報社 672株 08.4%
ジャパンエフエムネットワーク 640株 08.0%
フジ・メディア・ホールディングス 640株 08.0%
新日本海新聞社 624株 07.8%
読売新聞大阪本社 616株 07.7%
山陰合同銀行 400株 05.0%
中国電力 320株 04.0%
日本経済新聞社 264株 03.3%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億8000万円 19億2000万円 6万円 8,000株 60
株主 株式数 比率
産業経済新聞社 640株 8.00%
朝日新聞社 640株 8.00%
吉岡秀樹 [6] 624株 7.80%
日本海テレビジョン放送 531株 6.63%
山陰合同銀行 400株 5.00%
山陰中央新報社 356株 4.45%
山陰中央テレビジョン放送 324株 4.05%
中国電力 320株 4.00%
木幡修介 316株 3.95%
杉谷雅祥 312株 3.90%
岸萬里 [6] 304株 3.80%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億8000万円 19億2000万円 6万円 8,000株 65
株主 株式数 比率
吉岡秀樹 [6] 624株 7.80%
島根日産自動車 480株 6.00%
山陰合同銀行 400株 5.00%
常田修 [6] 360株 4.50%
松原嘉弘 [6] 356株 4.45%
坂口幸雄 [7] 342株 4.27%
中国電力 320株 4.00%
木幡修介 316株 3.95%
杉谷雅祥 312株 3.90%
岸萬里 [6] 304株 3.80%

主な自社制作番組[編集]

「〜俺たちに明日はあるのか!!〜」時代角秀一影山さゆり角秀一荒木まどか
「〜ロード・トゥ・アルカディア〜」時代松島彩淡路祐介松島彩

放送終了した番組[編集]

アナウンサー[編集]

現職[編集]

元アナウンサー[編集]

放送事故[編集]

2016年7月27日水曜日の14:35、JFNBライン番組Day by Dayの放送中、エフエム山陰社内でトラブルがあり、14時35分から約10分間無音となる放送事故が発生した。放送事故防止BGM、ジングルなどは放送されなかった。 これについて、エフエム山陰のホームページでお詫びがあった。

お詫び:放送中断について  7月27日(水)14:35~約10分間番組をお聴きいただけない状況となりました。 ご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫び申し上げます。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 隠岐放送局もJOVU-FM2のコールサインがあった。
  2. ^ 由来は「V」には様々な思い(「Variety」・「Very」・「Vitality」・「Victory」・「Vivid」・「Value」など)があり、山陰の西から東まで、放送を通じて沢山の「V」がお届け出来るという意味が込められている(エフエム山陰 アーカイブ)より。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、387頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、397頁。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、374頁。
  6. ^ a b c d e f エフエム山陰 非常勤取締役
  7. ^ エフエム山陰 代表取締役社長
  8. ^ 「クロノス」としては8:10までの放送。

外部リンク[編集]

毎週日曜18時からの55分は、隠岐発山陰エリア向けに「OKIランド PAOPAO倶楽部」(オッケー・アイランド パオパオくらぶ)を放送していた。