ケイ・グラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ケイ・グラント(Kei Grant、本名非公表、男性、1959年1月12日 - ) は、東京都練馬区田柄出身[1]のラジオDJナレーター司会者歌手。旧芸名SUPER MASA(スーパー・マサ)。

代表作はFNNニュースJAPAN」のタイトルコール、「日本レコード大賞」ナレーション、PRIDEDREAMリングアナウンサーなど。所属事務所はラララ株式会社で、サディーカCPOや声優系の東京俳優生活協同組合(俳協)など複数の芸能事務所と業務提携している。

来歴[編集]

東京都練馬区田柄町(当時)育ち[1]板橋区に跨る下赤塚駅界隈を「地元」と称している。現在も出身地に個人事務所を構え活動している。練馬区立田柄中学校日本大学豊山高等学校日本大学文理学部、アメリカ・カリフォルニア州ディアンザカレッジのディアンザ・SWIM CLUB。

米軍住宅と留学経験[編集]

幼少期は近所にあった34thアメリカ合衆国空軍(米空軍)の家族宿舎地区「グラントハイツ」(現在の練馬区光が丘)に無断侵入して遊び、米国大衆文化に触れる[1]。「グラント」という名前はこの「グラントハイツ」に由来している。

水泳選手として活動していた17歳高校生の時に怪我をして引退。コーチになる。20歳の時から3年間、米国カリフォルニア州に水泳コーチとして留学し、英語米語)を覚える。その後、水泳コーチ・ボディビルトレーナーとして活動を開始。1985年、テレビCMのナレーターとしてデビュー。

ラジオDJデビュー後[編集]

1988年、その年に開局したJ-WAVEで深夜番組「Still Life」(スティルライフ)のナビゲーター(ナレーター)としてデビュー。翌1989年に開局したFM802において「OSAKAN HOT 100」のナビゲーター(DJ)を「SUPER MASA」の名義で務めるも過密スケジュールで体調を崩し、3年弱で降板。

1991年12月22日にJ-WAVE「Denka J-wave Trial」で現在の芸名に改める。

PRIDE、DREAMやハッスルなどの各種格闘技イベントでリングアナウンサーを務めた。テレビ番組では主に司会やナレーションを担当。

2008年9月19日付のTBSアナウンサー(当時)の小林麻耶のブログによると、心臓の病気で都内の病院に入院しバチスタ手術を受け無事に成功。2008年12月30日の「第50回輝く!日本レコード大賞」、大晦日の格闘技「ダイナマイト」から完全な体調で復帰している。

歌手デビュー[編集]

2010年5月5日歌手としてデビューした。

富士スピードウェイのイクラ'sAMERICAN Festivalにて、自ら作詞・作曲したオリジナル楽曲「星の輝く夜だから」を披露した。同年11月24日セカンドMaxiシングル「Baby YOU Babe」では英語歌詞で作詞・作曲を手がけるなど歌手活動も行っている。毎月1~2回のLIVE活動を自身のバンドKGB と共に行っている。特に横浜伊勢崎の長者町FRIDAYには毎月出演している。2015年10月5日バンドとして初のアルバム「GRANT HEIGHTS‐虹色の街」をリリース。2016年2月14日にはMaxiカヴァーシングル「黄昏のビギン」をリリースしている。

人物像[編集]

特徴[編集]

身長179cm 体重95kg。2008年の手術以降は若干痩せたものの大柄な体格で、サングラスをかけることが多い、強面の外見が特徴。1990年代は極端なモヒカン刈りだった。「ムーディーな声」と言われる低音、太めの渋い声を持つ。母語の日本語に加えて英語を話すことができ、英語タイトルコールの仕事も多い。落ち着いたナレーションからリングアナウンサーまで幅広く行っている。

外見がコング桑田に似ているため、関西ではコング桑田と間違われる事があった。本人同士はお互いを「兄弟」と呼び合っている。

嗜好[編集]

グラントハイツや留学経験を通して1950 - 1960年代のアメリカ合衆国西海岸の大衆文化に興味を持ち、現在も趣味として1956年シボレー・ベル・エアーシボレー・アストロハーレーダビッドソンを所有し、そのガレージは度々取材されている[1]。また、日本酒に造詣が深いという。 またアメリカ二世部隊US442に感銘をうけ、自身のオリジナルBRAND KG's442を展開しアパレルやレザーGOODSなどを手掛けている。

親族[編集]

弟も地元田柄でスイミングクラブや飲食店を経営している。弟との関係は本人がブログなどで公表したり[2]、弟の飲食店を手伝っていたりする様子がネット上に散見される。

交友関係[編集]

芸能・ラジオ・テレビ業界・格闘界などに幅広く交友関係を持つ。ウガンダ・トラの命日近くには、毎年石塚英彦松村邦洋らと「カレー忌」を開催している。

流通評論家の金子哲雄の葬式では生前に本人から直接依頼され司会を担当。「友達の葬儀では泣きたいから引き受けられない」と一度は断ったと言う[3]

テレンス・リーからは兄貴と慕われている。

出演[編集]

ネットラジオ[編集]

ラジオ[編集]

過去のラジオ[編集]

ほか

テレビ[編集]

過去のテレビ[編集]

ほか

リングアナ[編集]

  • PRIDE
  • PRIDE武士道
  • ファイティングオペラ・ハッスル
  • やれんのか!?
  • DREAM
  • Dynamite!!(12月31日)

ほか

ゲーム[編集]

CM[編集]

ナレーションのみ

ほか

映画スポット[編集]

ほか

テレビアニメ[編集]

その他[編集]

  • 各上場企業のインナーイベント、アワードでの司会・MC
  • ロッキー・ザ・ファイナル』『Mr&Mrs Smith』など洋画のジャパン・プレミアの司会も多い
  • 鈴木雅之ラッツ&スターのMCとしても有名
  • EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006」9月22日日本武道館で行われた最終審査の中の紹介VTR
  • EXILEのシングル『Everything』、『Lovers Again』、『』、アルバム『EXILE EVOLUTION』のCD+DVDの方のDVDに収録されているEXILE関連のインフォメーション
  • ロッテリアの店内放送番組「LOTTERIA Yell Music」
  • LeTAOの店内放送番組「ルタオ Yell Music」
  • ももいろクローバーZ
    • 『4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事~眩しさの中に君がいた~』MC、2011年4月10日
    • 『ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会』選手入場コール(メンバー紹介)、2011年12月25日
    • 『ももいろクリスマス2012 さいたまスーパーアリーナ大会』曲タイトルコール、2012年12月24日・25日

CD[編集]

シングル
星の輝く夜だから(2010年5月5日、South to North Records)
  1. 星の輝く夜だから
    作詞/作曲:ケイ・グラント、編曲:石井徳一
  2. 朝に…
    作詞:ケイ・グラント、作曲/編曲:石井徳一
  3. だびんぐしちゃダメよ!
    作詞/作曲:ケイ・グラント
2nd Maxiシングル
Baby YOU Babe(2010年11月24日、South to North Records)
  1. Baby YOU Babe
    作詞/作曲:ケイ・グラント
  2. The Power of LOVE & MUSIC
    作詞/作曲;ケイ・グラント
  3. あまい囁き・パローレ
  4. The Christmas song
アルバム「GRANT HEIGHTS‐虹色の街」(2015年10月5日、GRANT RECORDS
Maxiシングル「黄昏のビギン」(2016年2月14日、GRANT RECORDS)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「グラントハイツはオレが子どもの頃の遊び場だった。(略)金網のフェンスを小さく破って(笑)中に入るんだよ。」(斉藤円華の横入り自動車ライター血風録・第20回)
  2. ^ クリスマスだよ田柄スイミングクラブ40周年
  3. ^ 故金子哲雄さんが最後の晩餐で語ったこと
  4. ^ Yahoo! JAPAN「話題人ランキング!!」
  5. ^ 乾杯でHAPPY!
  6. ^ ケイ・グラントのJ-POP CALLING!
  7. ^ 夜遊びメールバトル金曜

リンク[編集]