テレンス・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テレンス・リー
生誕 1964年????
日本の旗 日本 神奈川県[1][2][3]
出身校 立教大学文学部史学科中退[4]
職業 タレント軍事評論家、元傭兵作家危機管理コーディネーター危機管理評論家

テレンス・リー英語表記:Terence Lee、1964年[2] - )は、日本のタレント[5]、元傭兵[1][2]軍事評論家[5]危機管理コーディネーター[4][6]。本名は加藤 善照(かとう よしてる)[5][7]神奈川県相模原市出身[1]

略歴[編集]

1964年神奈川県に生まれる[1][2]。本籍地は相模原市[1]。その後立教大学文学部史学科へ進学する[4][8]。大学在学時に輸入雑貨業の買い付けで渡英した際に[8]ロンドン傭兵スカウトされたと自称していたが[4][9]、のちに公職選挙法違反罪に問われた公判での検察側冒頭陳述内でかつて傭兵であったことが事実として認定されている[1]。傭兵として中南米アフリカで参戦したとされている[3][2][3]。傭兵を引退後、2004年ごろからタレント活動や軍事などに関する執筆業をはじめる[1]

2009年12月、JR相模原駅付近で一般人の男から暴行を受け、顔面に全治1カ月の重傷を負った[6][7]

2016年7月26日、第24回参議院議員通常選挙で候補者だったTOKMAを応援する演説をした[10]際、報酬として現金の授受があったとして、公職選挙法違反(買収)容疑で警視庁逮捕された[1][5]。10月31日、東京地方裁判所の判決公判で、懲役10か月、執行猶予2年の有罪判決を受けた[11]

人物[編集]

テレンス・リーという華僑風の名は傭兵時代のコードネームの一つだと称しており[3][9]、現在のペンネーム。既婚[1]。傭兵時代に右目を失明している[1]

その他[編集]

2016年6月10日、事務所解雇とセクハラ疑惑東京スポーツにより報じられた。内容は2015年の事務所の忘年会において、当時同じ事務所に所属していた女性グラビアタレントに対してキスをするなどセクハラを行い、その発覚により2016年5月いっぱいで事務所解雇されたというものであった。本人は同紙の取材に対し「契約を解除したのは事実だがあくまでも解雇ではない」などとした上で、セクハラについては否定した[12]

書籍[編集]

  • 俺は戦争下請け屋(東邦出版[13]
  • 誰が子供を狙うのか(東邦出版)[13]
  • 宇宙一せまい授業!(東邦出版)
  • 平成大震災(主婦の友社)[13]
  • まず3日生き延びろ(双葉社)[13]
  • 非常に危険です!!(学研)[13]
  • 戦争病(実業之日本社)[13]

DVD[編集]

  • 非常に危険です!!(ポニーキャニオン)
  • 風雲児(松竹)
  • 団地マニア 〜団地プレイはじめの一歩〜(エイベックスマーケティング)

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 産経新聞 (2016年10月16日). “公選法違反 「テレビ出演は3本。生活苦しかった」“元傭兵”テレンス・リー被告の真の姿は?なぜ犯行に加わったのか”. iza産経デジタル. http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/161017/evt16101714330015-n1.html 2016年10月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d e ““元傭兵”テレンス・リー氏、世界の陰謀を斬る”. Zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2012年4月23日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120423/enn1204231530009-n1.htm 2916年10月16日閲覧。 
  3. ^ a b c d テレンス・リー” (日本語). タレントデータバンク. VIPタイムズ社. 2013年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月14日閲覧。
  4. ^ a b c d パワースポットは魔道の入り口!? 正しい参拝法をテレンス・リー氏が指南!”. ハピズム. CYZO women (2012年10月6日). 2016年10月18日閲覧。
  5. ^ a b c d “タレントのテレンス・リー容疑者、公選法違反容疑で逮捕”. J-CASTニュース (J-CAST). (2016年7月27日). http://www.j-cast.com/2016/07/27273684.html 2016年10月14日閲覧。 
  6. ^ a b “手出しせず? 元傭兵テレンス・リー、サンドバッグ状態で顔面骨折”. 産経新聞 (産経新聞社). (2009年12月10日). オリジナル2009年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091212230159/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091210/crm0912100603003-n1.htm 2009年12月14日閲覧。 
  7. ^ a b “元傭兵のテレンス・リーさん、殴られ重傷”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2009年12月9日). オリジナル2009年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091212221544/http://www.sanspo.com/geino/news/091209/gnj0912091002020-n1.htm 2009年12月14日閲覧。 
  8. ^ a b 2005年のDVD発売時のポニーキャニオンのウェブサイト(2009年8月1日時点のアーカイブ
  9. ^ a b About Terence-Lee” (日本語). テレンス・リー公式ウェブサイト. 2009年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月14日閲覧。
  10. ^ テレンス・リー被告に猶予判決 選挙応援演説で報酬受け取る スポーツニッポン2016年10月31日
  11. ^ “参院選応援で現金、タレントに有罪判決 テレンス・リー被告” (日本語). 日本経済新聞. オリジナル2016年10月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161031074813/http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H2N_R31C16A0CC0000/ 2016年10月31日閲覧。 
  12. ^ ““コワモテおじさん”テレンス・リー氏「セクハラで事務所解雇説」を直撃”. 東京スポーツ. (2016年6月10日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/551082/ 2016年6月20日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f works” (日本語). テレンス・リー公式ウェブサイト. 2009年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]