センシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
センシティ
Sogō Chiba.jpg
情報
用途 店舗事務所駐車場
設計者 タカハ都市科学研究所
構造設計者 タカハ都市科学研究所
施工 大成建設三井建設鹿島奥村建設不動建設旭建設
建築主 千葉新町地区再開発組合
事業主体 千葉新町地区再開発組合
管理運営 大成有楽不動産株式会社
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
敷地面積 29,761 m²
建築面積 21,322 m² (建蔽率72%)
延床面積 259,195 m² (容積率871%)
階数 地上23階地下2階
高さ 106.65m
着工 1990年3月
竣工 1993年3月
所在地 260-8557
千葉県千葉市中央区新町1000番地・1001番地
座標 北緯35度36分40秒
東経140度6分50秒
座標: 北緯35度36分40秒 東経140度6分50秒
テンプレートを表示
センシティビルディング
Sogō Chiba.jpg
情報
用途 店舗事務所
設計者 タカハ都市科学研究所
構造設計者 タカハ都市科学研究所
施工 大成建設三井建設
建築主 千葉新町地区再開発組合
事業主体 千葉新町地区再開発組合
管理運営 大成有楽不動産株式会社
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
敷地面積 20,801 m²
建築面積 14,154 m² (建蔽率68%)
延床面積 173,069 m² (容積率832%)
階数 地上23階地下2階
高さ 106.65m
着工 1990年3月
竣工 1993年3月
所在地 260-8557
千葉県千葉市中央区新町1000番地
テンプレートを表示
センシティパークプラザ
Sogō Chiba, Aurora Mall JUNNU.jpg
情報
用途 店舗駐車場
設計者 タカハ都市科学研究所
構造設計者 タカハ都市科学研究所
施工 大成建設鹿島奥村建設不動建設旭建設
建築主 千葉新町地区再開発組合
事業主体 千葉新町地区再開発組合
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積 8,960㎡ m²
建築面積 7,168㎡ m²
延床面積 86,126㎡ m²
階数 地上17階地下2階
高さ 60m
着工 1990年12月
竣工 1992年12月
所在地 260-8557
千葉県千葉市中央区新町1001番地
テンプレートを表示

センシティは、千葉新町地区(千葉市中央区新町1000番地)や隣接する千葉新町第二地区(新町1001番地)における1980年代以降の再開発事業で建築された、複数の建物の名称に冠せられている語。単に「センシティ」と言う場合、指し示すものは何通りか考えられる(後述)。前者地区の所在地が新町「1000番地」であることから「センシティ」と名付けられた[要出典]

概要[編集]

JR千葉駅東口の南側に、隣り合って位置する千葉新町地区(新町1000番地)と千葉新町第二地区(新町1001番地)につき、平面駐車場や戸建住宅が多く土地の有効な利用が図られていない、などとして、1980年代以降、二つの再開発事業が連携しながら進められた[1][2]。後者地区については駐車場への待ち行列問題もあるとされた[2]ほか、前者地区を通過する千葉都市モノレールの建設計画や、両地区近辺における道路のアンダーパス化事業計画とも時期が重なっている[1]。中核となる施設建築物の工事は1990年から1993年にかけて行われた[1][2]

センシティの完成に伴い、線路を挟んで反対側の千葉駅東口・駅前大通沿いにあった千葉そごう本館及び新館が移転し、旧本店及び新館は「千葉そごうBee-One館」となった。そごう民事再生法適用前は、新本館、コリドーモール、Bee-One館、スポーツ館をひとまとめとして「そごうタウン≒センシティ」という構図であった(厳密には異なるが、イメージマップや地区区分上ではそう紹介されることがあった)。そごうの民事再生手続後は、旧千葉そごう本館及び新館は、塚本大千葉ビル及びピーアーク千葉デジタルタウンとなっている。

施設の構成[編集]

  1. センシティビルディング(千葉新町地区の再開発事業における施設建築物名称)[1][3]
    1. センシティタワー:オフィスビル[1]
    2. そごう千葉店本館:商業棟[1]
  2. センシティパークプラザ(千葉新町第二地区の再開発事業における施設建築物名称)[2][3]
    1. ジュンヌ館

センシティビルの敷地面積は約20,054平方メートル[3]。建築面積:13,922平方メートル[3]容積率は約800%[3]。高さは約107 m (最高部)、約96 m (軒高)[3]。階数は地下2階、地上23階、塔屋2階[3]。1階部分が、センシティタワーそごう千葉店本館のメインエントランスとなっている。また1階で京成千葉駅と、4階で千葉都市モノレール千葉駅とつながっている[4]。 オフィスビルは地上23階[1]。ビル内に千葉県中央旅券事務所(4階)、みずほ銀行千葉支店、スターバックスコーヒー(共に1階)。

そごうについてはそごう千葉店オーロラモールジュンヌを参照。

単に「センシティ」と言う場合、

  • 1.と2.の施設建築物を中心とする建築物群
  • 1.の施設建築物を中心とする建築物群
  • 1-1.のオフィスビル
  • 2.の施設建築物

など、指し示すものが何通りか考えられる。

再開発事業の沿革[編集]

千葉新町地区と千葉新町第二地区の再開発事業の沿革[1][2]
千葉新町地区 千葉新町第二地区
事業名称 千葉新町地区
第一種市街地再開発事業
千葉新町第二地区
第一種市街地再開発事業
所在地 千葉市中央区
新町1000番地
千葉市中央区
新町1001番地
施行者 千葉新町地区市街地再開発組合 個人
年月 千葉新町地区 千葉新町第二地区
1978年12月 都市モノレール事業の地元説明会開催
1979年 7月 地元代表から市長に陳情書
1981年 3月 市街地再開発等調査A
1983年 5月 千葉新町地区
市街地再開発準備組合設立
1986年12月 高度利用地区・市街地再開発事業の都市計画決定
1989年 3月 千葉新町地区市街地再開発組合
設立認可
市街地再開発事業施行認可
1990年 3月 権利変換計画認可
1990年 3月 施設建築物工事着工
1990年11月 権利変換計画認可
1990年12月 施設建築物工事着工
1992年12月 施設建築物工事竣工
1993年 3月 施設建築物工事竣工
1995年10月 公共施設整備竣工
1996年 3月 千葉新町地区市街地再開発組合
解散認可
事業終了認可

周辺施設[編集]

ちなみに、オーロラモールジュンヌ側の高架下にあるショッピングセンターは千葉ショッピングセンターC-oneと名付けられている。過去に称されていたBee-oneと関連があるかどうかは不明である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 千葉新町地区 (PDF) : 千葉市都市局都市部まちづくり推進課.
  2. ^ a b c d e 千葉新町第二地区 (PDF) : 千葉市都市局都市部まちづくり推進課.
  3. ^ a b c d e f g 「市街地再開発事業 施設建築物の概要」: 千葉市都市局都市部市街地整備課.
  4. ^ 本館4階「フロアガイド」: そごう千葉店.