黒崎そごう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
そごう > 黒崎そごう
黒崎そごう
Kurosaki SOGO
店舗概要
所在地 806-0021
福岡県北九州市八幡西区黒崎1−1−1[1]
開業日 1979年昭和54年)10月3日[2]
開店日:1979年昭和54年)10月6日[1][3]
閉業日 2000年平成12年)12月25日[5]
建物名称 メイト黒崎ビル[2]
施設所有者 株式会社黒崎そごう
施設管理者 株式会社黒崎そごう
商業施設面積 26,332[4]
後身 井筒屋黒崎店
最寄駅
最寄IC 北九州高速4号線 黒崎出入口(当時)
SOGO
株式会社黒崎そごう[1]
Kurosaki Sogo Co.,Ltd
種類 株式会社[1]
略称 黒崎そごう
本社所在地 806-0021
福岡県北九州市八幡西区黒崎1−1−1[1]
設立 1977年昭和52年)10月21日[1]
業種 小売業
資本金 1億円[1]

7億5000万円[1]
テンプレートを表示
黒崎そごうのあった「メイト黒崎」
そごう閉店後、井筒屋黒崎店が入居。

黒崎そごう(くろさきそごう)は、1979年から2000年まで福岡県北九州市八幡西区JR黒崎駅前に存在していた百貨店、および同店舗を所有、運営していたそごうの関連会社の名称である[5]。かつて同店舗があった建物には、近隣で営業していた地元百貨店井筒屋が店舗移転の形で入居し現在に至っているが、同社の経営不振に伴い2019年5月末で営業終了の予定[6]

概要[編集]

そごう10番目の店舗として[7]1979年昭和54年)10月6日に開店[1][3]。広告に、当時流行していたアニメ「宇宙戦艦ヤマト」をモチーフにした「まるで宇宙戦艦!」というキャッチフレーズを使用するなど、九州での知名度不足を補うため宣伝・広報活動に力を入れていた[要出典]

川の流れるレストラン街が初めて設置されたそごう店舗である[7]当店の開店でそごうは北海道本州四国九州4島全てへの出店を達成した初の百貨店となった[要出典]

黒崎そごうビルの正式名称はメイト黒崎(ショッピングセンターメイト黒崎)で、開業当時は黒崎そごう、メイト専門店街、ジャスコ黒崎店[3](のち黒崎フォーラス[注釈 1]に業態転換)が入居していた。1999年平成11年)に黒崎フォーラスが撤退し、その後ビル名称と同名の管理会社「株式会社メイト黒崎」が黒崎フォーラスを引き継ぐ形でファッション専門店街「メイトエンポリアム」を出店した。同専門店街は後に隣接するメイト専門店街に統合されており、現在は食品スーパー「レッドキャベツ」、家電量販店「ベスト電器」など、複数の店舗が出店している[要出典]

末期には店舗の「SOGO」ロゴの下に、当時同ビルに入居していたアミューズメント「SEGA」のロゴが入っていた(セガワールド黒崎。現在は撤退)[要出典]

倒産に伴い閉鎖された店舗の中では、唯一「黒字経営」であったが、建物老朽化などの影響で将来的に赤字経営になることが予想されるとの見解から閉鎖対象に含まれ[要出典]、小倉そごうと同じ2000年平成12年)12月25日クリスマス)に閉店した[5]。北九州の副都心である黒崎の中心地(JR黒崎駅から至近距離)にある巨大ビル(の一部)が閉鎖されたまま、という状態によるイメージダウンを懸念していた地元の強い要望もあり、黒崎そごう跡には長崎屋黒崎店(2002年2月11日閉店[8])正面にあった黒崎井筒屋2001年10月に移転して開業した[広報 1][注釈 2]

現在の黒崎井筒屋が移転・開店する前に、建物そのものの大規模な改築・補強は行われておらず、建物自体はほぼそのまま流用された。(看板の差し替え、塗装などの最低限の工事は行われている)。なお、そごう開店記念当時に制作されたシンボルゾーン光の樹、節理の滝は井筒屋黒崎店移転後廃止された。2005年と2007年にリニューアルが行われており、その際唯一現存していた食品売場の「ちきり模様」の床などそごう時代を思わせるものは撤去されている[要出典]

7階レストランフロアには、そごう時代から継続出店している飲食系テナントが今も存在する[要出典]

現在、そごう時代に屋上大スカイパークがあった屋上は閉鎖され、中に入ることはできない(レストラン側階段は柵が張っており、ペットショップ側はシャッターが閉められている)[要出典]。但し、夏期に限り「屋上ビアガーデン」としてオープンする[広報 2]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 運営会社は福岡ジャスコ(ジャスコ黒崎店時代)→ジャスコ(黒崎フォーラス時代)であった[要出典]
  2. ^ 同様にJR小倉駅前に立地していた旧小倉そごう(セントシティ北九州ビル)も、小倉伊勢丹を経て2008年(平成20年)4月1日に「コレット井筒屋」を開店し[9]2009年(平成21年)3月11日に改装して店名「コレット」に改称しており[10]、北九州市にあった2つの旧そごう店舗(黒崎、小倉)には、現在両方とも井筒屋グループが経営する百貨店が入居という形になっているが、経営不振に伴い、ともに2019年に閉店の予定[11]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 流通会社年鑑 1990年版, 日本経済新聞社, (1990-11-24), pp. 25-26 
  2. ^ a b c “黒崎商戦に一波乱 再開発ビル『メイト』完工”. 西日本新聞(西日本新聞社). (1979年10月3日)
  3. ^ a b c d “九州一『メイト』開店 黒崎 ショッピングの新拠点”. 朝日新聞(朝日新聞社). (1979年10月7日)
  4. ^ 山森俊彥 『そごう怒涛の大航海―「水島そごう」日本一への出帆』デパートニューズ社、1988年1月。ISBN 978-4915293009
  5. ^ a b c d “そごう8店舗が閉店 いずれも引き受け手ないまま”“サヨナラそごう 小倉・黒崎店 涙のラストデー”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2000年12月26日)
  6. ^ a b 井筒屋、コレットなど3店閉鎖へ 営業不振、賃料重く”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2018年7月31日). 2018年7月31日閲覧。
  7. ^ a b 佐藤正忠 『そごう」に新しい神話がはじまった』経済界、1994年5月。ISBN 978-4766702514
  8. ^ 『WEEKLY DIGEST 井筒屋黒崎店跡 3月に専門店としてオープン』 財界九州2002年1月号 (財界九州社) (2002年2月)
  9. ^ “小倉の顔“最後の切り札”「コレット井筒屋」開業 活性化へ大役担う”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. [要ページ番号]. (2008年4月2日) 
  10. ^ “改装コレット ロフトが開業 北九州”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. [要ページ番号]. (2009年3月11日) 
  11. ^ “苦境の井筒屋「荒療治」 閉店3店、全売上高の3分の1”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 西部本社朝刊 経済面. (2018年8月1日) 
  12. ^ 東京商工リサーチ情報部 『なぜ、あの会社は潰れたのか 倒産企業21社に見る「失敗の本質」』 エイチアンドアイ、2000年11月。ISBN 978-4901032315
  13. ^ “そごう、地裁に再生計画案を提出 8店舗を年内閉鎖”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2000年10月25日) 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ 沿革”. 井筒屋. 2018年9月30日閲覧。
  2. ^ 黒崎井筒屋 屋上ビアガーデンオープン! - 井筒屋黒崎店 2014年6月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]