南総サンヴェルプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南総サンヴェルプラザ
Nanso Sun Vert Plaza
南総サンヴェルプラザ(2013年7月)
南総サンヴェルプラザ(2013年7月)
店舗概要
所在地 297-0023
千葉県茂原市千代田町1丁目6番地
座標 北緯35度25分36.7秒 東経140度18分10.7秒 / 北緯35.426861度 東経140.302972度 / 35.426861; 140.302972座標: 北緯35度25分36.7秒 東経140度18分10.7秒 / 北緯35.426861度 東経140.302972度 / 35.426861; 140.302972
開業日 2002年
正式名称 南総サンヴェルプラザ
建物名称 茂原駅南口再開発ビル
施設管理者 南総通運株式会社
敷地面積 5,019.50 m²[1]
延床面積 28,008.80 m²[1] (容積率558%)
中核店舗 セブンイレブン
京葉学院
茂原市立図書館ほか
営業時間 各フロアによって異なる
前身 茂原そごう
最寄駅 茂原駅

南総サンヴェルプラザ(なんそうサンヴェルプラザ)とは、千葉県茂原市千代田町のJR茂原駅前にあるショッピングモールである。

大規模小売店舗立地法上の届出名称は茂原駅南口再開発ビル[2]、愛称はサンヴェル(SUN VERT)。

概要[編集]

茂原駅南口地区第一種市街地再開発事業(1984年度 - 1992年度)として建設されたビルディングで、茂原駅南口に立地している。1989年12月着工、1992年3月竣工。1992年3月に茂原そごうが核テナントとして営業を開始したが、2000年に閉店。2年後に南総通運が運営主体となり、現在の南総サンヴェルプラザとなっている。

ビルには、セブンイレブンや喫茶店・学習塾などが入居する他、2013年10月の台風26号による水害で被害を受けた茂原市立図書館が、2014年7月に6階に全面移転した。

なお、「サンヴェル」は、茂原そごう開店前の1991年4月に、茂原駅南口再開発ビルの愛称として公募で決定された。英語の sun (太陽)とフランス語の vert (緑)を組み合わせたもので、「太陽のように光り輝く緑豊かな街」をイメージした造語である[3][4][5]

テナント[編集]

1992年当時のフロア構成[編集]

売場
7F  シネマサロン・ビヤガーデン(夏季)・屋上公園・伏見稲荷神社
6F 紳士服・スポーツ・ロイヤルサロン
5F 婦人服・サイズ・子供服・おもちゃ・呉服・メガネ
4F 婦人服・ミセス・ミッシー・フォーマル・インナーウエア・宝飾・時計
3F 婦人服・キャリア・ヤング
2F 化粧品・プレステージブランド・サンヴェル専門店街
1F 婦人靴・洋品小物・ハンドバッグ・アクセサリー・サンヴェル専門店街・正面入口
B1F 食品館
B2F 倉庫・機械室

沿革[編集]

  • 1985年1月18日 - 茂原駅南口地区第一種市街地再開発事業都市計画決定[6]
  • 1989年7月 - キーテナントがそごうに内定する(当初、扇屋ジャスコ茂原店(現・イオン茂原店)が移転の予定だったが、折り合いがつかず出店辞退となったため、急遽そごうに決まった)[7]
  • 1989年12月16日 - 起工式[8]
  • 1991年4月 - 茂原市の公募により、茂原駅南口再開発ビルの愛称が「サンヴェル」に決まる[3][4]
  • 1991年11月15日 - サンヴェル会(商店会)設立。ついで1992年1月31日にはサンヴェル共有者組合、2月5日にはサンヴェル管理組合がそれぞれ設立される[9]
  • 1992年3月3日 - 竣工式[10][11]
  • 1992年3月7日 - 茂原そごうがオープン[12][11]。サンヴェルの延床面積約2万8000平方メートルのうち、約1万8000平方メートルをそごうが買い取った[13]。再開発事業としての総事業費は約110億円[14]
  • 2000年2月29日 - 茂原そごうが閉店[15]
  • 2002年1月8日 - 南総通運が茂原市の働きかけにより、茂原そごう産業からサンヴェルを7億0300万円で購入。なお、ビルの土地は再開発前は南総通運茂原支店があった場所であり、その関係で、南総通運は以前からビルの土地・建物の24%を所有していた[16]
  • 2002年 - 南総サンヴェルプラザとしてオープン。
  • 2002年10月15日 - 6階に「茂原駅前学習プラザ」が入居[17]
  • 2014年7月20日 - 本館6階に茂原駅前学習プラザに代わり茂原市立図書館が入居[18]
  • 2017年4月 - これまで付近にあるジャスコ茂原店内に入居していた市民パソコン教室が2月末にイオン茂原店の2階と3階のフロアが閉業したため,本館5階に移転した。また,1階フロアに防犯カメラが設置された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 茂原市立図書館 2015, p. 6.
  2. ^ 千葉県市町村別大規模小売店舗名簿(平成27年12月末)” (2016年5月13日). 2016年7月1日閲覧。
  3. ^ a b 「愛称は「サンヴェル」」『千葉日報』1991年4月3日付15面。
  4. ^ a b 「再開発ビルの愛称は「サンヴェル」に」『朝日新聞』1991年4月3日付朝刊千葉版。
  5. ^ 茂原市都市部再開発課 1993, p. 19.
  6. ^ 茂原市都市部再開発課 1993, pp. 62-63, 77, 106.
  7. ^ 茂原市都市部再開発課 1993, pp. 82-85.
  8. ^ 「「再開発ビル」着工」『千葉日報』1989年12月17日付15面。
  9. ^ 茂原市都市部再開発課 1993, p. 89.
  10. ^ 「“サンヴェル”誕生、盛大に祝う」『千葉日報』1992年3月4日付15面。
  11. ^ a b 「外房初の都市型店 茂原そごう7日開店 再開発ビル完成」『朝日新聞』1992年3月4日付千葉版。
  12. ^ 「早くも“そごう効果”」『千葉日報』1992年3月8日付15面。
  13. ^ 「外房初の都市型百貨店」『千葉日報』1992年3月6日付15面。
  14. ^ 茂原市都市部再開発課 1993, pp. 106.
  15. ^ 「そごう、大阪本店閉鎖へ」『朝日新聞』2000年3月1日付1面。
  16. ^ 「南総通運が取得 旧茂原そごう跡再開発ビル「サン・ヴェル」」『千葉日報』2002年1月26日付3面
  17. ^ 「街の玄関口に学習プラザ」『千葉日報』2002年10月16日付15面。
  18. ^ 広報もばら』第941号(2014年7月1日号)。

参考文献[編集]

  • 『次代の光と風 茂原駅南口地区第一種市街地再開発事業誌』 茂原市都市部再開発課、1993年3月。 
  • 『平成27年度 茂原市立図書館概要』 茂原市立図書館、2015年7月1日。 

外部リンク[編集]