山崎光雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 光雄(やまざき みつお、1933年 - ) は日本の実業家西武百貨店社長、パルコ会長、福武書店会長を歴任した。

人物・来歴[編集]

新潟県生まれ。新聞記者など物書きで身を立てたいと向学に燃えるも[1]、家庭の事情もあり1954年4月法政大学二部文学部入学、同年5月西武百貨店に入社。入社当時の百貨店におけるモラル・ハザードは凄まじく、いずれ辞める会社だと自身に言い聞かせ日々の職務に取り組んだ。そのような中、堤清二が店長として入社し、改革を進め社内は一変した。堤は、山崎の直言にも一顧だにすることなく耳を傾け激励した。やがて山崎は物書きになる夢はあきらめ、百貨店に身を奉ずると決め[2]、転部し1958年同大経済学部を卒業した。

その後食品部長、営業企画室長、取締役池袋本店店長を歴任。常務時代には、百貨店の関西地区への進出における先兵を担い陣頭指揮を執った[3]1984年5月代表取締役社長、1990年相談役、翌1991年パルコ代表取締役会長に転じた。1994年福武書店(現:ベネッセコーポレーション)取締役会長に迎えられた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『堤清二とセゾングループ 』p.134
  2. ^ 『堤清二とセゾングループ 』p.135
  3. ^ 『堤清二とセゾングループ 』p.97
  4. ^ 「新世紀の風貌 第16回 堤清二に喧嘩を売った再建請負人の素顔 そごう次期社長 和田繁明 樽谷哲也」『PRESIDENT』 2000年11月13日

参考文献[編集]