ワルツ所沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワルツ所沢
Seibu logo.svg 西武所沢S.C.
WALTZ Tokorozawa
SEIBU TOKOROZAWA SHOPPING CENTER
Seibu department store tokorozawa.jpg
ワルツ所沢(2008年)
店舗概要
所在地 359-1123
埼玉県所沢市日吉町12-1[1]
開業日 1986年昭和61年)4月25日[1]
正式名称 ワルツ所沢
施設所有者 株式会社ワルツ所沢
施設管理者 株式会社ワルツ所沢、株式会社そごう・西武
敷地面積 8,086.04[1] m²
延床面積 5,659.62[1] m²
中核店舗 西武所沢S.C.
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 507[2]
商圏人口 107万人[1]
最寄駅 所沢駅[2]
外部リンク ワルツ所沢
西武所沢S.C.
テンプレートを表示
株式会社ワルツ所沢[1]
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
359-1123
埼玉県所沢市日吉町12-1[1]
設立 1985年5月16日
法人番号 5030001025360
事業内容 不動産の賃貸借及び管理・損害保険代理店業務、タバコ及び飲料品販売 等[1]
代表者 代表取締役 市川雅巳[1]
資本金 1億円[1]
主要株主 所沢市、株式会社そごう・西武、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行西武鉄道株式会社ほか[1]
特記事項:旧社名:所沢駅西口商業ビル株式会社[1]
テンプレートを表示

ワルツ所沢英語: WALTZ Tokorozawa)は、埼玉県所沢市日吉町に立地するショッピングセンターである。所沢市そごう・西武などの民間企業による第三セクターである「株式会社ワルツ所沢」が管理・運営しており、そごう・西武の「西武所沢S.C.」(旧西武所沢店)と地元の専門店で構成されている[3]

概要[編集]

所沢駅西口第一種市街地再開発事業が企画され、1980年に西武百貨店(当時)に出店要請し、受諾されたことからスタートした[1]。1983年に建設が開始され、1986年4月に完成・オープンした[1]

愛称の「ワルツ」は、「武蔵野の森と狭山丘陵狭山湖などの自然に恵まれた所沢がウィーンのようなイメージをもつ街になって欲しい」との期待を担うものとして、公募で選ばれ、名付けられた[1]

中核店舗である西武所沢店(旧西武百貨店所沢店)は、2019年に「西武所沢ショッピングセンター」にリニューアルし、直営売場の面積を減らして専門店の面積が大幅に拡大された[4]

売場[編集]

詳細は西武所沢S.C. ショップガイドおよびフロアガイド(ワルツ所沢公式サイトを参照。

  • 8F:ワルツ専門店、銀座山野楽器、清元/西武所沢S.C.専門店・西武直営ショップ(所沢YTJホール[5]ほか)
  • 7F:ワルツ専門店/西武所沢S.C.専門店(ユザワヤほか)、西武直営ショップ(クラブ・オン・デスクほか)
  • 6F:西武所沢S.C.専門店(ビックカメラ
  • 5F:西武所沢S.C.専門店(ロフトJINSGUABCマート
  • 4F:ワルツ専門店 カフェコスモ/西武所沢S.C.専門店(無印良品)・西武直営ショップ(キッチン雑貨)
  • 3F:西武所沢S.C.専門店・西武直営ショップ(婦人服紳士服・洋品雑貨)
  • 2F:西武所沢S.C.専門店・西武直営ショップ(化粧品・婦人服・雑貨)
  • 1F:ワルツ専門店(三恵不動産・ジュエリーツツミ・チャンスセンター)/西武所沢S.C.専門店・西武直営ショップ(「西武食品館」)
  • B1F:ワルツ専門店(藤井園・かむろとうふ)/西武所沢S.C.専門店・西武直営ショップ(「西武食品館」)
  • B3-B2F:ワルツ地下駐車場

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 会社概要(株式会社ワルツ所沢)
  2. ^ a b アクセス(西武所沢S.C.)
  3. ^ フロアガイド(ワルツ所沢)
  4. ^ 2019年秋 西武所沢店 全館リニューアル(2019年8月13日 PR TIMES そごう・西武提供 2021年3月7日閲覧)
  5. ^ 所沢YTJホール

外部リンク[編集]