そごう千葉店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sogo logo.svgそごう千葉店
SOGO CHIBA
Sogō Chiba 20111210.jpg
建物外観、右奥は別館のジュンヌ館
地図
店舗概要
所在地 260-8557
千葉県千葉市富士見町2-3-1(初代)→千葉県千葉市中央区新町1001[1]
座標 北緯35度36分40.4秒 東経140度6分50.3秒 / 北緯35.611222度 東経140.113972度 / 35.611222; 140.113972 (そごう千葉店)座標: 北緯35度36分40.4秒 東経140度6分50.3秒 / 北緯35.611222度 東経140.113972度 / 35.611222; 140.113972 (そごう千葉店)
開業日 1967年(昭和42年)3月21日
株式会社 千葉そごう[2]
正式名称 センシティビルディング
施設所有者 株式会社そごう・西武[3]
施設管理者 株式会社 千葉センシティ[4]
敷地面積 29,761 m²
延床面積 259,195 m² 
商業施設面積 81,025 m²
営業時間 10:00 - 20:00
レストラン街11:00 - 22:30
駐車台数 1,650[1]
前身 千葉そごう
最寄駅 千葉駅
京成千葉駅[1]
外部リンク そごう千葉店
SOGO
テンプレートを表示

そごう千葉店(そごう ちばてん)は、株式会社そごう・西武が運営する千葉市中央区百貨店。通称は千葉そごう。キャッチフレーズは「世界最大級・新しい日本の百貨店」。

そごう横浜店(横浜そごう)と並ぶそごうの中核を成す基幹店であり、売上高はそごうの中で横浜店に次ぐ第2位、セブン&アイHD傘下のそごう・西武全体でも西武池袋本店、そごう横浜店に次ぐ第3位である[5]2017年三越千葉店が閉店したことにより[6]、千葉市内で唯一の百貨店となった。現在地に移転後は京成千葉駅千葉駅と直結し、駅前の中心市街地を形成している。

概要[編集]

JR千葉駅側から。京成千葉駅センシティタワーと一体化している。

営業面積は81,025平方メートル(本館+ジュンヌ館)、そごう千葉店本館に隣接して、オーロラモールジュンヌ[7](旧SOGOコリドーモール)・オーロラシティパーキング(旧コリドーパーキング)とセンシティタワーがある。

千葉新町地区第一種市街地再開発事業における建物名称は、センシティタワーとあわせてセンシティビルディングであり[8]、オーロラモールジュンヌとあわせてセンシティを構成する[9]

オーロラモールジュンヌ(新館、ジュンヌ館)とは、4階連絡通路および地下により接続している。そごう千葉店本館は京成千葉駅と一体化しており、そごう4階およびセンシティタワー4階に連絡する改札口がある。京成千葉駅はJR千葉駅千葉都市モノレール1号線2号線の千葉駅に連絡する。周辺の商業施設としては、ペリエ千葉、C-one(シーワン)、Mio(ミーオ)などがある。

歴史[編集]

千葉そごう時代[編集]

株式会社そごう子会社として1966年(昭和41年)10月28日に設立された「株式会社千葉そごう」が、翌1967年(昭和42年)3月21日に塚本大千葉ビル内に千葉そごうを売場面積10878平方メートルで[10]開店したのが始まりである[2]。開業2年目で地域一番店となり、3年目に早くも黒字化するなど軌道に乗せた[11]。株式会社千葉そごうは初代会長に就任した水島廣雄が株式の大半を保有したため、株式会社そごうの連結対象外企業であった。また、株式会社千葉そごうがそごう本体の筆頭株主となっていた時期もあった[12]

地域子会社方式によるそごうグループでの多店化は千葉そごうが始まりであり[11][13]、以降そごうの出店に際しては千葉そごうを中心に、黒字化していたそごうグループ各社が出資することでそごうのグループ会社として運営されていくことになった[14]

こうした新たな地区への出店を進める一方で、1972年(昭和47年)10月には別館を増設し、現店舗開店前の本館・別館を合わせた売場面積は30112平方メートルまで増床した。また1973年(昭和48年)6月には、立体駐車場「スカイパーク」[15]、結婚式場や宴会場、中華料理店を入居させた「ダリアサロン」を開設[15]、1978年(昭和53年)には近隣のニュー千葉ビルに「ゴルフショップ」[15]、1980年(昭和55年)年8月22日にスポーツグッズを集めた「スポーツショップ」[15]、1981年(昭和56年)6月には「学生服用品ショップ」[15]、1982年(昭和57年)9月23日には近隣の上野ビルに「ユニフォームショップ」[15]、1985年(昭和60年)4月26日には10代女性をターゲットにした衣料・雑貨のブランドを集積した「アニス館」を開設[15]するなど、近隣に別館、路面店を開設を続け、売り場面積が年々拡張していった。また、1986年(昭和61年)3月時点で、この他の路面店として当時の第2駐車場敷地内に「つり用品ショップ」、「小住宅承り所」、第1駐車場敷地内にピザハットレストランのFC店も存在した[15]

1990年代には、1991年千葉都市モノレール1号線の開業を受け、増床[10]戦略の最盛期となる1993年(平成5年)4月27日、新町モノレール千葉駅と一体化した千葉そごう(1992年設立の株式会社「新千葉そごう」が運営、店舗面積:約61000平方メートル)新店と「SOGOコリドーモール」を開店[注釈 1][17]。同時に新店10階に千葉そごう美術館が開館している。これに伴い旧千葉そごうは、元・本館を「Bee-Oneヤング館」、元・別館を「スポーツ館」(いずれも当時)に業態転換した[17]。1993年以降の4館体制での店舗面積は、当時日本最大の百貨店(世界最大級の百貨店とも)と称し、全館の総称を「そごうTOWN」と称していた[11]

そごう経営破綻後[編集]

株式会社そごうは2000年(平成12年)7月12日、記者会見にて「再建計画を断念し、民事再生法の下で再建を図ることになった」と発表し、約1兆8700億円という小売業としては当時過去最大の負債を抱えて事実上倒産した[18]。またグループ各社間で貸付金や債務保証も行われていたため[14]、経営破綻時の各社の負債総額はその運営する店舗の業績とは必ずしも一致しなかった。千葉そごうにおいても約4054億円、新千葉そごうが約953億円の負債を抱え[14]2000年(平成12年)7月12日に民事再生法の適用を申請して事実上倒産した[19]。同年7月26日にそごう、千葉そごうを含むグループ13社が民事再生手続開始決定。

2001年(平成13年)にそごうグループ13社が合併。それに伴い店舗名をそごう千葉店に改称した。同年4月22日に千葉そごう美術館も閉館、跡地はそごう千葉店レストラン街「ダイニングパーク」[20]となっている。

経営破綻後、元の千葉そごう本館であった塚本大千葉ビルに入居していた「Bee-One」の運営・管理が、千葉そごうから建物所有者の塚本總業に移り「Bee-One」の名称も使われなくなった。後年はヨドバシカメラ千葉店やかねたや家具店[注釈 2]などが入居するテナントビルとなった。そごう千葉店は現在の場所へ移転し自社ビルを持った。

2009年以降[注釈 3]、そごうとしては現存する店舗の中で最古となっていた神戸店(1933年開店)が2019年9月に閉店し、エイチ・ツー・オー リテイリング傘下の阪急百貨店に移管したため、千葉店がそごうの中で最も古い店舗になった[23]

センシティ時代[編集]

フロア構成[編集]

  • 10階 - レストラン街「ダイニングパーク」
  • 9階 - こだわり趣味の街 ビューティー&ケア(無印良品三省堂書店、銀座山野楽器、JTB
  • 8階 - ロフト (雑貨店)、ペット、フォトサロン
  • 7階 - インテリア雑貨、呉服、美術、ギフトサロン、ブライダルサロン、ロイヤルサロン、ロイヤルルーム
  • 6階 - こども用品(こども服、ベビー用品など)、催事場、ベビー休憩室、こどもの広場
  • 5階 - 紳士服、紳士洋品、紳士雑貨、紳士靴
  • 4階 - プレステージブティック、宝飾、時計、コンシェルジュデスク
  • 3階 - 婦人服、インナーウエア、カラダステーション、スポーツ、ビューティー&ケア
  • 2階 - 婦人服、婦人靴、ハンドバッグ、ビューティー&ケア、パルパティオ、シューズステーション
  • 1階 - 婦人雑貨(アクセサリー、ハンドバッグ、洋品小物)、化粧品、ルイ・ヴィトン、ソゴウキレイステーション、メイクアップステーション
  • 地下1階 - 食品館フードコートミレニアムカードカウンター、商品券売場、免税カウンター、日本郵便

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本来、モノレールは法律上、道路構造物であり、建物の中に道路を造ることは違反であるため、実現不可能であったが、千葉市が国会建設省(現・国土交通省)に働きかけ、再開発地域では特例で建物内に道路を通過出来るように法改正させることに成功した[16]
  2. ^ のち撤退。
  3. ^ それ以前は心斎橋本店(1919年百貨店事業を開始)が最古だった。なお、同店は現在大丸心斎橋店北館を経て、心斎橋パルコとなっている[21][22]

出典[編集]

  1. ^ a b c アクセス・駐車場 そごう千葉店
  2. ^ a b 『株式会社そごう小史 創業百五拾年』そごう、1979年12月。
  3. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年6月末】 - 経済産業省 2012年8月10日閲覧
  4. ^ http://www.sencity.co.jp/company.html
  5. ^ 2020年2月期 決算補足資料P13(2020年4月9日 セブン&アイ・ホールディングス
  6. ^ 33年間「ありがとう」 消える街のシンボル 千葉三越閉店”. 千葉日報 (2017年3月21日). 2020年7月17日閲覧。
  7. ^ “ミレニアムリテイリング、「千葉そごう」3月に第2期改装オープンへ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年2月17日)
  8. ^ 千葉新町第二地区第一種市街地再開発事業・千葉新町地区第一種市街地再開発事業|実績詳細 株式会社タカハ都市科学研究所”. www.udit.co.jp. 2019年8月26日閲覧。
  9. ^ 千葉市. “市街地再開発事業 施設建築物の概要” (日本語). 千葉市. 2019年8月26日閲覧。
  10. ^ a b そごう さらに壮大なる未来へ. ストアーズ社. (1992年3月19日) 
  11. ^ a b c 佐藤正忠『「そごう」に新しい神話がはじまった』経済界、1994年5月。ISBN 978-4766702514
  12. ^ 株式会社そごう第105期有価証券報告書”. 株式会社そごう. p. 4 (1997年5月26日). 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月9日閲覧。
  13. ^ 山森俊彦『そごう怒涛の大航海―「水島そごう」日本一への出帆』デパートニューズ社、1988年1月。ISBN 978-4915293009
  14. ^ a b c 東京商工リサーチ情報部『なぜ、あの会社は潰れたのか 倒産企業21社に見る「失敗の本質」』エイチアンドアイ、2000年11月。ISBN 978-4901032315
  15. ^ a b c d e f g h 大いなる房総 きのう・きょう・あす いま、感謝をこめて 千葉そごう20年の軌跡. 株式会社千葉そごう. (1986年3月21日) 
  16. ^ 千葉の歴史検証シリーズ44 千葉都市モノレール物語 3”. 稲毛新聞 (2006年4月6日). 2020年6月7日閲覧。
  17. ^ a b 「そごうグループは千葉そごうをJR千葉駅前に新装開店」日本食糧新聞(日本食糧新聞社)、1993年5月3日
  18. ^ そごう 経営破たん NHKニュース(動画・静止画)NHKアーカイブス
  19. ^ 週刊現代 2000年9月23日号「衝撃スクープ公開 自民党のために『潰れてくれ!』と懇願 亀井静香政調会長がそごう社長にかけた「倒産要請電話」全会話をスッパ抜く」小学館、2000年9月23日
  20. ^ 10F レストラン街「ダイニングパーク」 そごう千葉店公式サイト
  21. ^ 創業の地から消えるそごう 関西唯一の「西神店」が31日閉店”. 産経新聞. p. 2 (2020年8月26日). 2020年9月1日閲覧。
  22. ^ 大阪で9年ぶりパルコ復活 ミナミの新たな目玉に”. 共同通信 (2020年11月20日). 2020年11月21日閲覧。
  23. ^ 阪急百貨店、いよいよ開業 神戸の顔、そごうから衣替え”. 朝日新聞(2019年10月4日作成). 2020年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]