グンゼタウンセンター つかしん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グンゼタウンセンター つかしん
TSUKASHIN
北東側から ひがしまち を望む
北東側から ひがしまち を望む
店舗概要
所在地 661-0001
兵庫県尼崎市塚口本町4丁目8-1
北緯34度45分42.7秒 東経135度25分4.9秒 / 北緯34.761861度 東経135.418028度 / 34.761861; 135.418028座標: 北緯34度45分42.7秒 東経135度25分4.9秒 / 北緯34.761861度 東経135.418028度 / 34.761861; 135.418028
開業日 2006年(平成18年)4月29日
施設所有者 グンゼ開発株式会社
施設管理者 株式会社つかしんタウンクリエイト
敷地面積 73,000m2
商業施設面積 68,000m2
延床面積 196,000m2
中核店舗 平和堂 アル・プラザつかしん
店舗数 181
営業時間 10時00分 - 22時00分
(エリアにより前後あり)
駐車台数 2,000
前身 西武百貨店 塚新店(つかしん店)
商圏人口 75万人(32万世帯)
最寄駅 #交通アクセスを参照
外部リンク http://www.tsukashin.com/
テンプレートを表示

グンゼタウンセンター つかしんは、日本兵庫県尼崎市塚口本町にあるショッピングセンター。一般に「つかしん」と呼ばれており、この名はかつての正式名称である。開業前の計画名「塚口新町開発発展都市」の略称でもある。

また、天然温泉施設の「湯の華廊」も当センター内に併設している。

概要[編集]

1985年セゾングループの創業者・堤清二が提唱した街づくりの理念を体現した都市郊外型施設「つかしん」として、グンゼ塚口工場の跡地にオープン。名称はコピーライター糸井重里により命名された。

現在はパティオを中心に、主に東西に別れて建つ南欧風のビルで構成されており、館内も尼崎市の姉妹都市・ドイツアウクスブルクの町並みをモチーフにした景観が特徴となっている。

なお、敷地の一部が伊丹市稲野町2丁目に属する市境という立地条件のため、同市の住民の利用も多い。

つかしん西武[編集]

つかしん西武
TSUKASHIN SEIBU
店舗概要
開業日 1985年
閉店日 2004年5月9日
施設所有者 グンゼ
商業施設面積 52,298m2
後身 グンゼタウンセンター つかしん
最寄駅 #交通アクセスを参照
SE_I_BU
テンプレートを表示
ひがしまち ロマンチック広場入口(夜景)
カリヨンガーデン(2012年のリニューアル前、冬季のツリー設置時)

オープン当初は西武百貨店つかしん(塚新)店(以下「西武」)を核店舗に、地元や阪神間の小売店によるショッピングモール・レストラン街・映画館「シネマつかしん」[1]などで構成される複合商業施設であった。

敷地の中央付近には、開業当時としては珍しかった斜行式のエレベーターが2基設置されており、市街地や北方に広がる山々を眺望できることもあって、1時間待ちの行列ができることもあった。[2]

また、敷地内の北東部(現在平和堂の立地する場所)には西武グループプリンスホテルを建設する構想もあり、建設場所を示す看板が設置されていた(西武の撤退まで設置)。

しかし、関西地区の西武を運営する「西武百貨店関西」は許永中などの「闇の紳士」との関わりが取りざたされ、イメージに大きな傷が付くこととなる(後のイトマン事件へと発展)[3]。さらには市中南部の再開発の完成や、隣接する伊丹市に競合店の「ダイヤモンドシティ・テラス」(現在のイオンモール伊丹)がオープンしたこともあり、経営が軌道に乗ることはなかった。結果、西武百貨店関西の解散の原因にもなった。

2002年9月、西武は売り場面積を大幅に縮小し、ビルのテナントとして出店する形態に変更し、ビルは「リボン館」としてリニューアル。これにあわせて、コープこうべザ・ダイソーユニクロミドリ電化などが新たに入居した。[4]

その後、施設の西側で温泉が発掘されたこともあり(後述)、土地の所有者のグンゼによる施設全体の大幅改装を機に、2004年5月9日をもって西武は完全撤退した。

第1のリニューアル[編集]

西武の撤退に前後して発掘された温泉は、関西では最大級となる源泉掛け流しの大浴場『湯の華廊』として、2004年7月6日から営業を開始。グンゼスポーツやコープこうべといった従来の一部の施設や店舗も、引き続き営業を継続している。

しかし、建物の老朽化やテナントの撤退に伴う来客数の減少は改善されず、2005年5月にはリニューアル工事を開始。当時東側にあった地上2階・地下1階建ての「東駐車場」(23,000平方メートル)を解体し、地上5階・地下1階建ての新館「ひがしまち北館」を建設し、県内初出店となる平和堂アル・プラザ)が開業。従来のリボン館は「ひがしまち南館」と改称、マツモトキヨシなど100件を超える新規のテナントを迎えてスタイルを一新。2006年4月29日「グンゼタウンセンター つかしん」としてリニューアルオープンした。

また、永らくナムコ直営の遊園地「ナムコランド 西武つかしん店」であったリボン館の屋上にフットサルコート「SALUつかしん」がオープンした。[5]

なお、営業総面積はリニューアル工事前の約1.5倍(68,000平方メートル)となり、競合店のイオンモール伊丹より15,000平方メートルあまり上回っている。

第2のリニューアル[編集]

イオンモール伊丹とはコンセプトを差別化(外部リンクを参照)した結果、売上高は順調に推移し、2008年度には約251億円を計上した[6]。その傍ら、近隣には競合するショッピングセンターが立て続けにオープンし続けており、顧客の獲得競争が激化している。

これらに対応するため、前述のリニューアルで整備が行き届かなかった「にしまち」の居酒屋街「味の小路」を更地にし、2階建ての新たなビルを建設。「にしまち」の一部として、2012年10月20日に開業した。[7][8]

施設[編集]

営業時間

10時 - 22時

  • 物販・サービス 10時 - 21時
  • フードコート 10時 - 21時
  • レストラン 11時 - 22時
定休日

なし(臨時休業あり)

主な店舗[編集]

全ての店舗の一覧は、公式サイトを参照せよ。
ひがしまち・北館
フードコートA・I
にしまち
ひがしまち・南館

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般の映画館では既に上映期間が終了している作品を扱っていた。また、開業当初は美術展などを行う多目的ホールであった。
  2. ^ ただし、末期には利用者が減り、電気代の節約などを理由に平日の運行を原則的に休止していた。
  3. ^ つかしんの店外商課長は、許との絵画取引を巡りイトマン事件で名前が挙がる。
  4. ^ ミドリ電化は、つかしんの北側に隣接するビルで塚口店(現在の「エディオン 塚口店」)として営業しているが、同ビルを改修のため一旦閉鎖し、リボン館の1テナントとして入居していた。元のビルでの営業再開後、つかしんには上新電機が入居した。
  5. ^ ナムコランドは、リボン館となった後に3階へ移動。屋上は空床になり、一時期閉鎖されていた。これにより、斜行式エレベーターも運転休止状態となった。なお、ナムコランドはつかしんのリニューアルを機に撤退した。「SALUつかしん」のオープン後、斜行式エレベーターも1階・屋上間の直通で運転を再開した。
  6. ^ 兵庫・尼崎の「つかしん」、24年にリニューアル ホームセンターなど誘致 産経新聞 2011年7月4日
  7. ^ “つかしん「にしまち」 2階建ての新館にリニューアルオープン”. MSN産経ニュース. (2012年10月21日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/121021/hyg12102102020000-n1.htm 2012年10月21日閲覧。 
  8. ^ 「つかしん」10月20日リニューアルオープン MSN産経ニュース 2012年9月24日

関連項目[編集]

競合する施設[編集]

外部リンク[編集]