許永中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
許 永中
허영중
生誕 1947年2月24日(69歳)
日本の旗 日本 大阪府
職業 実業家、元大淀建設社長

許 永中(ホ・ヨンジュン、きょ えいちゅう、허영중1947年2月24日 - )は、「日本財界のフィクサー」といわれた在日韓国人である。日本では、戦後最大の経済事件と称されるイトマン事件で逮捕・起訴され、実刑判決を受けている。通名野村永中(のむら えいちゅう)あるいは藤田永中

来歴[編集]

生い立ち[編集]

大阪市大淀区(現・北区中津在日韓国人地区に生まれる。1965年3月に大阪府立東淀川高等学校卒業。1965年4月に大阪府立大学の入学試験に失敗し、大阪工業大学に入学。大阪工業大学では柔道部で活躍するも、麻雀パチンコに熱中し3年で中退した。

大阪工業大学中退後は、不動産広告業者の秘書運転手として働く傍ら、経営について学んだ。同じ頃に日本人女性と結婚する。なお、「藤田」とはこの時の結婚相手の姓である。

「フィクサー」[編集]

部落解放同盟の幹部と昵懇になり、大阪府同和対策事業に食い込む。ベンジャミン・フルフォード著『ヤクザ・リセッション』によれば、許自身は在日韓国人であったものの、許の生まれ育った中津では被差別部落民が強大な権力を握っていたので、彼らと懇意になることによって許は裏社会での出世を実現したという。

また、第二次世界大戦後最大のフィクサーの1人といわれた大谷貴義ボディーガード兼運転手として仕え、フィクサー業の修行をした。1975年休眠会社だった大淀建設を買収し社長に就任した。その後、暴力団山口組宅見勝などとも関係を結ぶ。

1984年、日本レース株買い占め事件で注目を浴びる。また全斗煥韓国大統領の実弟とも交友関係を持ち、韓国政界にも人脈を持つ。

「イトマン事件」[編集]

平成期初期のバブル景気時に発覚した日本の戦後最大規模の経済不正経理事件と言われる「イトマン事件」で、イトマンを利用して絵画ゴルフ場開発などの不正経理を行い、1991年7月23日商法特別背任、並びに法人税法違反の罪で逮捕された。起訴された後、6億円の保釈金を支払い保釈を受けた(許自身が3億円を負担し、残り3億円は弁護士団が負担した)。

逃亡[編集]

1997年に妻の実家の法要を理由に裁判所の旅行許可を得て、9月27日から10月1日までの予定で韓国に出国。宿泊先のソウル新羅ホテルで倒れ、同市内の延世大付属セブランス病院心臓内科に入院した後に逃亡[1]。保釈を取り消されて6億円の保釈金は没取された。2年後の1999年11月5日東京都港区ホテル・グランパシフィック・メリディアンで身柄を拘束されるまで国内外で潜伏を続けていた。なお、逃亡中に韓国に渡っていたとの証言もある。

なお潜伏中にも、日本国内で亀井静香田中森一松井章圭と会っていたと言われ、亀井はそれを否定しているものの、田中は自書で、松井は週刊誌で会っていたことを認めている(田中はイトマン元常務である伊藤寿永光の弁護人だが、許永中の弁護人ではない)。

現在[編集]

2001年に、上記イトマン事件により地裁で懲役7年6か月・罰金5億円の実刑判決を言い渡されたが、その後控訴上告した。しかし、2005年10月最高裁で上告棄却決定がされて実刑判決が確定した。

また、石橋産業から合計約179億円の約束手形をだまし取ったとされる詐欺事件(石橋産業事件)で懲役6年の実刑判決を言い渡され、上告していたが、平成20年(2008年)2月12日に上告棄却決定がされ、こちらの刑期が加算された。

2012年12月、母国韓国での服役を希望し、国際条約に基づき移送されていることが判明[2]。これにより日本における特別永住者の立場を喪失した[3]。刑期満了日は2014年9月だが[4]、その1年前の2013年9月30日にソウル南部矯導所より仮釈放された。

人物[編集]

  • 多くの政治家暴力団、大企業と関係を持っていたとされており、株買い占めや会社乗っ取りなど大型経済事件が起こるたびに背後にその存在が取り沙汰されてきた[1]。また亀井静香とはお互いに「兄弟」と呼び合う程親密な関係であった。これらの関係を結ぶことで「闇世界のフィクサー」「地下金脈の大物」と呼ばれた[1]
  • 「百万なら人は断るが、一千万なら受け取ってしまう」という、つまり相手の予想を超える金額を示し人を動かす手法で暗躍した。一説には、10億円をその場で差し出し迫ったこともあると言われた。
  • トレードマークの眼鏡は、元々からではなく、若い頃、敵対していた暴力団組織との抗争に巻き込まれ失明寸前の大怪我を負わされた事が原因で視力が低下してしまった為である。

書籍[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c グループK21・一ノ宮美成 「第三章 許永中被告はなぜ消えたのか―その真相を追う」『関西に蠢く懲りない面々 暴力とカネの地下水脈』講談社+α文庫、2004年、87-102頁 ISBN 978-4062568227
  2. ^ 許永中受刑者、母国で服役希望…韓国に移送”. 読売新聞 (2012年12月15日). 2012年12月15日閲覧。
  3. ^ イトマン事件の主役・許永中受刑者が日本を脱出! 人に弱みを見せない「闇の帝王」が韓国での服役を望んだ背景とは 週刊現代 2012年12月20日
  4. ^ 週刊新潮 2012年11月15日号

関連項目[編集]